月組の美弥るりかと宇月颯の関係は?退団の時期はいつ?

皇室宝塚見聞録管理人の咲耶です!

本日は「月組の美弥るりかと宇月颯の関係は?退団時期はいつ?」でお届けします。

現在、月組で二番手ながらもかなりの人気を誇るのが美弥るりか。



退団の時期を心配する声も多いジェンヌさんですが実家はどこで何をしているのか、宇月颯とはどんな関係?など気になることを色々と探ってみたいと思います。

月組・美弥るりかの実家や本名、性格は?

月組でトップの珠城りょうをしっかり支える美弥るりか。

実家についての情報や本名など詳細情報をお伝えしましょう。

出身は茨城県古河市、出身校は桜丘女子高校。

生年月日はすみれコードでガードされていますが憶測すると1984年の9月12日生まれじゃないかと思います。

身長は168cmということで男役としてはそれほど大きくないですね。

血液型はO型。

そして気になる本名は「藤井麻衣」さんと言うのだそう!

愛称は「みやちゃん」「るりか」「るりちゃん」ですが、「まいまい」というのもあるそうです。

このニックネームは本名から来ているものなのかもしれませんね。

噂が出回っている実家についての情報ですが、どうやらかなり由緒ある家柄のようで、お寺のお嬢様だという噂がチラホラ。

宗派が何か、どこに存在するのかなど詳しいことはナゾですがもしもお寺というのが事実なんだとしたらお嬢育ちは確実ですし厳しく躾けられて育ったんじゃないかと想像します。

そもそも宝塚に入る子女たちはみなさんそれなりに裕福な家庭の子が多いと聞きますが美弥るりかさんの実家もやはり!といったところでしょうか。

性格は小さい頃を見ていくと現在に繋がる部分もあるかと思いますので宝塚を目指すようになるまでのことを色々と見ていきましょう。

幼少期には神奈川県の藤沢市で過ごしますがお父さんの仕事の都合で現在の実家がある古河市に引っ越します。

4歳上のお姉さんがいるそう。

4歳の頃からピアノを習うもジッとしていることが苦手なやんちゃ娘。

落ち着きがなかったためお母さんにジャズダンスを勧められ習い始める。

現在の美弥るりかさんのダンスの腕前はこの時から形成されているわけですねー!

学校では学級委員長や生徒会の役員を自ら買って出るような積極的な性格の女子だったそう。

宝塚との出会いは小学校3年生の時。

テレビで月組の「川霧の橋/ル・ポアゾン 愛の媚薬」を観て涼風真世に魅了されて男役になりたいと思った。

その後、初めて観劇した公演で涼風さんのファンになり入り出待ちをするほどに!

宝塚に入るために小学校4年生からクラッシックバレエを習い熱中し始める。

中学校の時にはコンクールで入賞したりフランスに短期留学するなどかなり力を入れていたんだとか。

その後、都内の高校に進学しますが雪組の公演を観劇したことで改めて宝塚を目指し音楽学校を受験するためのスタジオに通うようになる。

高校一年生で受験するも自分としては落ちたと思い発表を見に行ったところ合格していたそう。

こうして実家で過ごしていた小さい頃からの生い立ちを見ていくと責任感が強い、積極的、努力家、ひとつのことに熱中するといった性格じゃないかと想像できますね。


退団の時期はいつ?

月組で二番手として活躍する美弥るりかさんですがトップに引けを取らないくらいの人気ぶりでトップスター就任を期待する声も多く上がっているジェンヌさんです。

ですが2016年、龍真咲の後任として新たに就任した珠城りょうは美弥さんよりも5期も下。

その後は自分よりも下級生のトップを支えて月組の重要な役割を果たしてきましたがファンの間では退団が近いのではないか?という噂が広がっているようです。

美弥さんは2001年に音楽学校に入学し、その2年後の2003年に89期生として入団。 成績はなんと4番ということで、この期は粒揃いのはずですがそんな中での好成績はすごいですね!

初舞台は2003年、月組公演の「花の宝塚風土記-春の踊り/シニョール・ドンファン」でした。

その後星組に配属されたみやちゃんはここでスター性を発揮して大活躍!

2010年には「ハプスブルクの宝剣で新人公演を初主演しました。

そしてこの年にPOND’Sの広告キャラクターに選ばれCMに出演します。

また、星組に所属している時には同組の男役ホープ5人で結成されたユニット「紅5(くれないファイブ)」のメンバーとして活躍。

歌劇団公認ではなかったがコンサートも行う人気グループでメンバーはリーダーとして紅ゆずるさんがKURENAI RED(赤)、壱城あずさがKURENAI BLUE(青)、美弥るりかがKURENAI BLACK(黒)、如月蓮がKURENAI YELLOW(黄)、天寿光希がKURENAI GREEN(緑)で構成されていました。

このグループができた経緯は同じく歌劇団の男役で結成されたユニット「AQUA5」のポスターを紅ゆずるが見て「紅5って良くない?」と言ったのが始まり。

立ち位置はAQUA5同様、成績順になっているとか。

その後2012年に現在の月組に組替えが行われ、それ以降は月組で大活躍。

その努力が報われ2016年と2018年の2回、「宝塚歌劇団年度賞」努力賞を獲得しました。

同期にはトップとして活躍する明日海りお、望海風斗や男役として大人気の七海ひろき、凪七瑠海、さらにあのレジェンド柚希礼音の女房として活躍した夢咲ねねなどがいますがそろそろ年齢的にも退団を考えるくらいに差し掛かっているのです。

ただ、彼女の場合には多くのファンがトップ就任を熱望しているにもかかわらず二番手で止まっている点でもう少し続けてほしい!

羽を背負ったみやちゃんが見たいと願う声が多いわけです。

そんな中、今回2019年に新たに行われる公演日程が発表となりましたがバウ公演の主演がみやちゃんなんです。

演目は「アンナ・カレーニナ」ということですが、もしかして美弥るりかさんの退団公演になるのかも?という不安がフツフツと湧いてきてしまうわけで・・・。

演技も歌も、そして日本人離れしたビジュアルも二番手で終わらせるにはもったいないくらいスター性のあるジェンヌさんということですが、この公演が最後になることなく続けてほしいと願うファンは多いはず。

みやちゃんは2008年、星組に所属していた時にこの演目でカレーニン役を演じましたが今回は主役のヴィロンスキー役。

「アンナ・カレーニン」はトルストイの名作で宝塚でも再演が繰り返されてきた演目です。

公演日程は2019年1月10日(木)〜1月24日(木)。

ざっとあらすじをお伝えすると、舞台は19世紀後半のロシア。

青年貴族将校のヴィロンスキーと社交界の華と呼ばれるアンナ・カレーニナが出会い惹かれ合うが、アンナには政府高官の妻。

貞淑な高官の妻だったアンナと青年貴族の恋の噂は社交界に広がり夫のカレーニンから咎められる。

しかし二人はお互いを失って生きることはもはや不可能となり、禁断の愛に生きることを選択する。

と、こんな感じのあらすじですが宝塚ではテッパンの禁断の恋。

女性が大好きな恋愛もの。

元々色気たっぷりの美弥るりかがさらに妖艶なお芝居を見せてくれるのは間違いないでしょうね。

宇月颯との関係は?twitterは?

一学年下の宇月颯との関係はかなりの仲良しということが知られていますね。

学年がひとつ違いということなので音楽学校時代にも接点はあったと思いますが、宇月さんは入団後に月組に配属されました。

そこに星組からみやちゃんが組み替えされてきてから意気投合して今ではプライベートでも一緒にお出かけしたりするほどの仲良しな関係なんだとか。

ちなみに宇月颯の詳細情報を見ていくと、埼玉県熊谷市出身で身長は168cm、愛称は「とし」。

2004年に90期生として入団し月組に配属されました。

2016年には全国ツアーでエトワールを務めるなどかなり実力のあるジェンヌさんでしたが2018年に退団してしまったのです。

これはみやちゃんにとってもかなりショッキングだったと思いますが、その後はジャンクション所属となって芸能活動を行なっているということです。

美弥るりかと検索するとtwitterと出てくるのでアカウントがあるのかと思って探ってみてもジェンヌさんたちはすみれコードがあるのでこういったSNSで情報発信することもないのかご本人のアカウントは残念ながら存在していません。

一説によると劇団で禁止されているとか。

ですがジェンヌのみなさんは退団されるとSNSを開始される方が多く、例えば柚希礼音や早霧せいな、咲妃みゆなど多くの元ジェンヌがブログなど初めていますよね。

宇月颯さんは退団してからtwitterではなくインスタを開始したということでファンのみなさんは喜んでいるでしょうね!

みやちゃんに関してはご本人のアカウントは存在しなくてもファンの多くの方々が記事を書いているので検索で出てくるのはその方達のアカウントということですね。

月組「エリザベート」の配役は?

いよいよ宝塚の代表作のひとつ「エリザベート」が上演されますが、今回の作品での美弥るりかさんの配役を見ていくと、フランツ・ヨーゼフとなっています。

この公演では現在の珠城りょうの相手役である愛希れいかが退団するということで、後任のトップ娘役が美園さくらという発表もされていますよね。

この作品での主な配役について少し詳しくお伝えします。

トート  珠城りょう

エリザベート  愛希れいか

フランツ・ヨーゼフ  美弥るりか

ルイジ・ルキーニ  月城かなと

ルドルフ  暁千星・風間柚乃

ゾフィー  憧花ゆりの

ツェップス  光月るう

ルドヴィカ  夏月都

となっています。

トップではないものの美弥るりかさんはそれに凌ぐほどの存在感を醸し出す男役さん。

今回のエリザベートでも妖艶なお芝居を見せてくれるのかと楽しみなところですね。

ただ、みやちゃんの退団時期が近い感じが否めないというのは少々不安。

美弥るりかさんのお茶会はトップスターにも引けを取らないくらいのたくさんのファンが詰めかけるそう。

美しいお顔だけじゃなくトークもめちゃめちゃ面白くてものすごく楽しいお茶会だと噂です。

ぜひ一度参加してみたいものですねー!

今回は「月組の美弥るりかと宇月颯の関係は?退団の時期はいつ?」でお伝えしました。


関連記事

管理人プロフィール

image

初めまして!咲耶です。

いつの頃からか宝塚とスピリチュアルに興味を持ち、どこかに出かけた時にはパワースポットと言われている所に立ち寄ったり、

続きはこちらから・・・

人気ブログランキング

アンケート

ページ上部へ戻る