宝塚96期のいじめ事件の主犯は?裁判も!?

皇室宝塚見聞録管理人の咲耶です!

今回のテーマは「宝塚96期のいじめ事件の主犯は?裁判も!?」です!

宝塚の96期生がいじめを行なっていたという話題をご存知でしたか?

タカラジェンヌというと美しい印象が強いので世間一般にありがちな女同士のいざこざとは無縁の印象を受けますが96期生には黒い歴史が残されているということなんです・・・。



そこで主犯と言われているジェンヌさんや裁判についてお伝えします。

宝塚96期いじめ事件とは?

「清く、正しく、美しく」

がモットーで知られる宝塚に悪質ないじめが行われていた時期があったそう。

当時は女性の憧れの的になるタカラジェンヌがいじめを!?ということでかなり話題になりました。

実際に行われていたと噂されるこの事件の詳細をお伝えします。

この事件が行われたのは2008年に音楽学校に入学し2010年に歌劇団に入団した96期。

この期のジェンヌたちが音楽学校予科生だった時代に遡るわけですが、まず発端となったのは女にありがちな僻み、妬みからくるものでした。

まず第一の不運は生徒たちのほとんどが生活するすみれ寮で同じ部屋になった相手が悪かったかも・・・と思える点。

同室になった人は同期の中でも中心的存在であまり相性が良くなかったそう。

女の世界でまずこれは最悪ですよね。

同室の相手は一番委員で他の委員や彼女と仲良しの生徒が泊まり込むことから自分は他の生徒の部屋で寝ることになるなどといったトラブルを抱えていました。

そんな中、「この期の中で一番キレイ」とファンがサイトに書き込みをしたことが発端となりひどいいじめが始まりました。

実際に行われていたと噂されている内容を挙げてみると

・同期全員から無視をされる。

・「存在を消して!」「死ねばいいのに!」「視界に入るな」「実家から戻るな」などの悪口を日々浴びせられる。

・私物をゴミ箱に捨てられる。

・洗濯機、コインランドリーの使用を禁止される。早朝5時起きで洗面所での手洗いをさせられる。

・お風呂に入ることができず銭湯を使う。(理由は汚いから)

・買い物を禁止され監視される。

・本人不在の時に部屋を捜索され失くなったもののいくつかが発見され窃盗が疑われる。

・メーリングリストから外され情報を与えられない。

・盗癖を疑われ一人だけ別部屋に隔離。

・携帯を取り上げられ通話やメールなどを見られる。

・顔面を平手打ちされる。

・授業でペアを組んでもらえない。

・修学旅行の部屋割りで一緒になった生徒たちがイヤがる。

これらが実際に96期の同期から行われたと言われているいじめの内容の一部です。

ただし、ここに挙げた事柄の全てが本当に行われた行為なのかというのは本人が発言しているわけではないので定かではありません。

ですがこれが事実だとしたらかなりひどい状況ですよね。

しかも、生徒たちがこの女子一人を標的にしただけじゃなく、劇団側もこの女性に対してひどい対応をしていたことがさらに衝撃的。

一部の生徒がこの女性のコンビニでの万引きを学校に報告。

「防犯カメラを見て欲しい」とでっち上げを訴える彼女に対して学校職員は「見ているとイライラする」「やってなかったら言えるんじゃないか」「劇団、学校、警察を巻き込んで自分の名誉を守りたいのか 」などと責めた。

さらにひどいのは職員から「学校指定の精神科に行け」と言われたそう。

このようなひどいいじめを受け続けた彼女は泣きながら親に電話をかけ、両親は学校と掛け合い面談が重ねられていたということです。


96期生一覧

特定の人を標的にしていじめを行ない裁判にまで発展したと言われる96期生は2008年4月に音楽学校に入学して2010年宝塚歌劇団に入団した38人を指します。

どんな生徒がいるのか、主な人物を一覧で見ていきたいと思います。

・花乃まりあ・・・元花組トップ娘役、1992年10月12日生まれ25歳。東京都多摩市出身、身長164cm、2014年蘭乃はなの後任として花組の明日海りおの相手役に就任。2017年退団。

・咲妃みゆ・・・元雪組トップ娘役、1991年3月16日生まれの27歳。宮崎県児湯郡出身、身長160cm、2014年愛加あゆの後任として雪組の早霧せいなの相手役に就任。2017年退団。

・夢華あみ・・・元雪組娘役。主席で入団し雪組に配属。一年目にして新人公演ヒロインに抜擢、音月桂大劇場お披露目公演では舞羽美海とWキャストでヒロインを務めるなどの実力の持ち主。2014年退団。

・綺咲愛理・・・現在の星組トップ娘役、10月30日生まれ、兵庫県川西市出身、身長163cm、2016年星組の紅ゆずるの相手役に就任。

・優波慧・・・花組の男役。6月7日生まれ、東京都大田区出身。身長171cm。

・夢奈瑠音・・・月組の男役。2月25日生まれ、東京都世田谷区出身、身長168cm。

・紫藤りゅう・・・星組の男役。5月5日生まれ、東京都文京区出身、身長174cm。

・和希そら・・・宙組の男役。10月5日生まれ、岡山県岡山市出身、身長168cm。

・叶羽時・・・月組の娘役。9月25日生まれ、兵庫県芦屋市出身、身長162cm。

・朝月希和・・・雪組の娘役。1がつ6日生まれ、東京世田谷区出身、身長163cm。

上記の生徒は新人公演主演(ヒロイン)、バウホール主演(ヒロイン)経験者。

それ以外には空波輝、乙羽映美、音咲いつき、秋音光、瀬戸花まり、春海ゆう、蘭舞ゆう、更紗那知、橘幸、蒼井美樹、妃華ゆきの、茜小夏、真地佑果、桜奈あい、美桜エリナ、華蓮エミリ、白鳥ゆりや、桜舞しおん、蒼矢朋季、千幸あき、五条まりな、颯希有翔、夢月せら、拓斗れい、里咲しぐれ、凰いぶき、貴姿りょう、朝水りょうがいます。

事件の主犯は?裁判も!?

宝塚96期による同期への悪質ないじめ事件についてお伝えしてきましたが、こういった問題には音楽学校だけではなく一般でも必ず主犯と言われる人物が存在します。

学校でも部活でも職場でも、女性が多くなればなるほどひがみや嫉妬が引き金になっていじめに発展することは多々あることです。

そうした中には必ずボス的な人物が存在し、その人が中心となって周りの取り巻きに命令したり指示を出したりして特定の人をターゲットにして執拗に陰湿な行為を繰り返すというのがよく見られます。

この音楽学校で起きた事件も主犯と言われている生徒がかなり力を持つ人物でボス的存在だったため同期の子たちは逆らうことができなかったんじゃないかと想像します。

被害に遭った女性はコンビニで万引きという濡れ衣を着せられ劇団から自主退学を言い渡され退学させられてしまいます。

ですが納得いかない被害女性はこれらの処分を不当として裁判に申し立てをして訴えたのです。

これらがマスコミで報道されたことで「清く、正しく、美しく」の宝塚でこのような悪質ないじめが行われていたことが世間に知られることになりました。

ここでは主犯とされている生徒を始め同期が何人か証言に立ちますが、元々被害女性と仲良くしていた仲間が裏切る形で敵に回ったり、最初は優しくしていたにも関わらず途中からいじめに手を貸してしまうなど、被害女性にしてみたら地獄のような生活を強いられてきたことがわかります。

その後、裁判ではコンビニでの万引きは証拠がなく、ひろった財布を届かなかったことで退学処分は酷だとして退学処分の取り消しが決定。

音楽学校の卒業資格を得ることができましたが劇団には入団していません。

実質的には音楽学校が裁判に敗訴したということになりますが、被害女性は同期の中でも美人だったことがこんなことになってしまったわけです。

加害者の現在は?

裁判まで発展したこのいじめ事件。

被害に遭った女性は劇団に入団せずに別の道を歩むことになりましたが、主犯と言われている生徒や手を貸してしまった子は現在どうしているのか?という疑問。

96期というと先にもお伝えした通り、現在はタカラジェンヌとして活躍している人もたくさんいます。

中でも主犯となり被害女性のいじめを行なっていたと言われて世間から非難を受けた優波慧は現在も花組に所属して男役として活動しています。

さらにブログにいじめの事実があることを書き込んでいた若麻積咲良という女性はブログで情報を発信したことで学校から自主退学させられました。

彼女は善光寺の娘ということで善光寺のHPに謝罪文が掲載されたことでも話題になっていました。

この女性は一度は退学しますがのちに音楽学校に復学し卒業したそう。

当初はこの女性が主犯だと疑われていましたが、裁判が進むうちに実は優波慧が中心だという噂が広がりました。

また、雪組で娘役として活躍していた夢華あみも加害者の一人として知られています。

裁判の時に彼女が被害者の女性に渡したというメモが物議を呼びました。

その内容は、外で喋ってはいけない、店に入ってはいけない、コンビニも同じく、外食はダメ、新幹線や飛行機で寝てはダメ、出された飲み物を飲んではダメ、音楽を聞くのはダメ、ブランケットの使用は禁止、雑誌、本もNG、携帯の使用はいけない、帽子は建物内では取る、外では被る、取材を受けてはいけない、寮に荷物を送るのは30日指定で、制服で帰ってきて。

といった感じでした。

これは被害者女性が実家に帰省する時に夢華あみが手渡したということで、裁判の時には「あなた自身はこれを守っているのか」と問いただされる場面もあったそう。

事件後、劇団に入団するとヒロインに大抜擢されるほどの実力の持ち主でしたがこのいじめ事件を快く思わないヅカファンたちから激しくバッシングされていました。

そして夢華あみは2014年に退団。現在はどうしているんでしょうか。

また、96期には咲妃みゆや花乃まりあなど、トップ娘役を務めたジェンヌさんもいますがあの黒い歴史がついて周り叩かれてしまうこともしばしば。

花乃まりあもトップに就任した時にはかなりバッシングされていましたね。

理由は被害女性をビンタしている光景を写真に撮り、その画像がSNSで流出してしまった当事者です。

これらが理由なのかは定かではありませんが、花乃まりあは比較的早い段階で退団して現在は芸能活動しています。

これ以外にも現在男役で活躍している人たちもいるわけですが、時が経ってあのいじめ事件を知らない人も増える中、96期のジェンヌさんたちが舞台で重要な役を演じたり抜擢されるとあの悪質な事件を起こした世代ということで気持ちよく応援することができずにいるファンも多いということです。

男役は二番手三番手に上がってくるまでに時間がかかるため96期が目立って活躍し始めるのはこれからじゃないかと思いますが、彼女たちが前面に出てくるたびにあの事件を起こした生徒というイメージがついて周るのです。

いじめというのは宝塚だけじゃなくどこの世界でも行われるわけですが、元々そんなことをするような人ではなくてもグループに主犯となるボス的存在がいると自分も仲間外れにされてしまうという恐怖感から一緒に悪口を言ったり、救済の手を差し伸べることができずにどんどんエスカレートしてしまうんじゃないでしょうか。

ということで本日は「宝塚96期のいじめ事件の主犯は?裁判も?!」でお伝えしました!


関連記事

管理人プロフィール

image

初めまして!咲耶です。

いつの頃からか宝塚とスピリチュアルに興味を持ち、どこかに出かけた時にはパワースポットと言われている所に立ち寄ったり、

続きはこちらから・・・

人気ブログランキング

アンケート

ページ上部へ戻る