宝塚に入るにはどんな条件が必要?実は紗栄子も・・・!?

皇室宝塚見聞録管理人の咲耶です!

本日は「宝塚に入るにはどんな条件が必要?実は紗栄子も・・・!?」です。

「タカラジェンヌになりたい!」

・・・と憧れている女性は世の中にたくさんいるんじゃないでしょうか。


でもどうしたらなれるのか?

どんな条件が必要なのか?

など知りたいことは盛りだくさん。

そこで宝塚に入るにはどうしたらいいのか・・・条件など色々とみていきたいと思います。

宝塚に入るにはどうしたらいい?

宝塚に入るためには音楽学校に入る必要があります。

歌劇団にはここを卒業した人じゃないと入団することはできません。

普通にタレントや女優、モデルになりたいといった場合には入口はたくさん用意されている上に街でスカウトされるといったラッキーに遭遇して芸能界に入れる人もいますよね。

ですがタカラジェンヌの場合にはそれは絶対にあり得ません。

なので元ジェンヌも現役のスターさんたちも例外なく音楽学校の卒業生です。

では入学するためには何か厳しい条件などあるのか、知りたいところですね。

宝塚に憧れる人の中にはかなり小さい頃からジェンヌになることを目指してさまざまなお稽古事をして受験に臨む人もいるようです。

また、ジェンヌ希望で受験するために色々なことを教えてくれるスクールもいくつかあるということです。

これは元宝塚出身のOGが講師をしている場合もあるので合格するための近道といえばそうなるかもしれませんね。

では、身長や容姿などの条件を詳しくみていきましょう。


音楽学校受験に必要な条件は?容姿や身長も関係する?

まず、タカラジェンヌになるためなやステップとして必ず踏まなければいけない音楽学校の受験。

資格が誰にでも与えられるのかというとそうではありません。

そもそも年齢の条件が設けられているんです。

具体的には、中学校卒業年から高校卒業年まで。

なので中学3年生で受けたとすると高校を卒業する年まで最大4回しか受けられるチャンスがないということになります。

そうなると、いくらジェンヌになりたくても高校卒業の年までに合格が勝ち取れなかった場合には諦めるしかないということになります。

宝塚ではスターさんたちの年齢はすみれコードにより非公開になっていますが、この受験年齢の幅で例え同期であっても年はいくつかの差が出てくるわけです。

そして、上下関係が超厳しいことでも知られていますが、下級生なのに年は上とか、自分よりも年下なのに上級生といった逆転現象も生じてきます。

でも年齢の上下に関わらず、宝塚では入った年で上下関係が決まるのでいくら年上でも下級生は下級生なんだそうです。

そして受験の条件で容姿についても記載があります。

「容姿端麗」と。

なので現役やOGの方を見てもみなさんとてもキレイ、あるいは可愛い方ばかりですね。

ただ、この容姿に関する記載は非常に幅があるように思うので超美人じゃないとダメかというとそうではないんじゃないかと思います。

そもそもまだ中学校卒業や高校生ですので将来どんな女性に成長するかは未知数ですし、試験官は百戦錬磨で何百人という女の子たちを見てきている人ばかりなので美しいジェンヌになる可能性を秘めた子を見つけるのは得意でしょうから受験時で容姿がどう関係するかはわかりません。

宝塚に入りたいと思っている人はチャレンジしてみてもいいと思います。

そして身長については特に明記されていませんが、タカラジェンヌのみなさんを見ていくと娘役でも160㎝以上はありますし、男役ですと170㎝を超える人もたくさんいます。

現在、各組のトップスターの身長を見ていくと、まず花組の明日海りおは169㎝、月組の珠城りょうは172㎝、雪組の望海風斗は169㎝、星組の紅ゆずるは173㎝、宙組の真風涼帆は175㎝とかなりの高身長。

OGではレジェンドと呼ばれた柚希礼音は172㎝、早霧せいなは168㎝、バラエティーで活躍中の紫吹淳は170㎝、女優として活躍している真矢みきは166㎝、大地真央は166㎝、天海祐希は171㎝とやはり男役ですと最低でも165㎝は必要といった感じです。

娘役では仙名彩世162㎝、愛希れいか167㎝、真彩希帆164㎝、綺咲愛里163㎝、星風まどか162㎝。

OGでは黒木瞳163㎝、夢咲ねね165㎝、咲妃みゆ160㎝など160㎝は欲しい感じですね。

これを見ても、劇団の募集要項の条件に身長の制限は記載されていませんがあまり小さいと良くないのかもしれませんね。

そして気になる倍率ですが、毎年かなりの難関で狭き門となっている様子。

例えば2016年では1079人が受験するも合格者は40人で倍率27倍。

2017年は1042人が受験し40人が合格で26.1倍。

これを見るだけで実際に合格してジェンヌになっている方たちがどれほど狭き門を通ってきたかわかりますね。

続いて受験に必要な費用について。

宝塚の試験は一次試験と二次三次試験があり、まず一次試験を受けるためには試験料10000円が、一次が受かって次に進む場合には20000円が必要になります。

こうして見るとそれほど高い感じはしませんが、受験のための習い事をする人が多く、お稽古代にかなり費用がかかるということでお金持ちの子が集まっているという噂が出回るのかもしれませんね。

試験の内容は面接と歌唱、舞踊となり、面接では容姿や口跡、立ち居振る舞いなど舞台に立つための適正が審査され、歌唱では課題曲を歌い声量や声質、音程を、舞踊では運動能力やリズム感などを審査されます。

そのため、習い事も普通の受験生とは異なりバレエや声楽などを習う人が多いようです。

また、こういった場に慣れるために音楽学校受験前にオーディションを受けているという子も多くいるということです。

タカラジェンヌOGが講師を務めるバレエ教室があったり宝塚を受験するためのスクールがあり、ここに通って試験に臨む子もいるということです。

実は紗栄子も目指していた!?

芸能界の中にはヅカファンがたくさんいるということで知られていますが、野球選手のダルビッシュ有の元奥さんで最近注目を浴びているファッション通販ZOZOTOWNの前沢社長と交際していたことでも知られているモデルの紗栄子がかつて宝塚を目指していたということをテレビで公表していますね。

彼女はとかく何か行動を起こしたり発言したりするとネット上で叩かれることが多いわけですが、小さい頃に宝塚の男役に憧れて目指していたというのは驚きですね。

彼女のこれまでの経歴をお伝えすると、1986年11月16日生まれの31歳。

モデルとして活躍していた2007年、当時日本ハムに所属しイケメンで知られていたダルビッシュ有と結婚しかなり話題になりました。

私自身、この時に初めて紗栄子というモデルがいることを知った感じなのでダルビッシュと結婚したことで知名度がばばーん!と急上昇したことは間違いないです。

その後、二人の男児に恵まれますが、2011年に残念ながら離婚してしまいました。

ダルビッシュと結婚したこともかなり話題になり注目されていましたが、この離婚はさらに紗栄子を有名にさせましたね。

理由は二人の子供の養育費。

慰謝料はなかったということですが、養育費が驚きの月1000万円!!

年じゃなくて月ですよ!

このべらぼうな慰謝料のことがあり、紗栄子は金の亡者だということが囁かれるようになりました。

さらに、炎上を引き起こしたのはファッション通販ZOZOTOWNの前沢社長と交際し、事あるごとにセレブ感満載の写真をSNSで流したこと。

このことで世の女性たちから大バッシングされたことも。

ですが、この交際も2017年に終焉を迎えます。

その後、二人の息子を英国の寄宿学校に入学させて本人もロンドンに住む。

交際相手がことごとく金持ち男性ということで金目当てだと囁かれることもしばしば。

さらに熊本地震の際には500万という多額の寄付金を納付したことをSNSで公表して、ここで明細書をアップしたことでネット上で炎上したことも記憶に新しい。

被災地を想い寄付したにもかかわらず叩かれてしまうのもなんだか可哀想な気がしてしまいますが、そんな紗栄子はテレビで宝塚の男役を目指していた過去を暴露しました。

ところが音楽学校を受験することもなく諦めたということですが、その理由は当時通っていたバレエスクールの先生に諦めなさいときっぱり言われたからなんだとか。

紗栄子はバレエを2歳の頃から習っていて、将来の夢が宝塚の男役だったんだそう。

ですが成長するとともに、身長が伸びないことや顔立ち、声質などが男役には向かなかったようです。

確かにあの容姿なら娘役に向いている感じがありますし、声質も男役の低音が出せないんじゃないかと思います。

男役になるためには身長の制限は設けられていないということをお伝えしましたが、それでもやはり最低でも165㎝はほしいところですが彼女の現在の身長は157㎝。

娘役になるとしても小さい感が否めませんね。

身長が伸びないことがコンプレックスで学校の給食で牛乳をもらって歩いたり、残った牛乳をジャンケンで真剣に取り合ったこともあったとか。

小柄な体格と女の子っぽい容姿だとしたら娘役という選択肢もあったはずですが、小さい頃から女の子っぽいのがイヤで男の子になりたかったそう。

顔に似合わず男勝りな部分があるのかもしれませんね。

小さい頃からの夢だった宝塚の男役を諦めざるを得なかった理由はこんなところからだったんですねー。

ただ、タカラジェンヌになるためには娘役でも160㎝、男役だとしたら165㎝は必要で、容姿も一定レベルの華やかさが必要になってくると思いますが、それだけ満たしていればジェンヌになれるのかというとそうではありませんね。

タカラジェンヌには歌唱力と演技力も求められるわけです。

いくら見た目が背が高くてカッコ良くても歌が下手だと舞台を観に来たお客さんはがっかりしてしまいます。

そのために音楽学校の受験の時には歌唱の試験が設けられているわけですから。

紗栄子の歌唱力がどの程度かはわかりませんが容姿や身長だけじゃなく総合的に見てジェンヌになれる要素が備わっていなければ夢は叶わないということになってしまうわけです。

ということで、今回は「宝塚に入るにはどんな条件が必要?実は紗栄子も・・・!?」でお伝えしました。


関連記事

管理人プロフィール

image

初めまして!咲耶です。

いつの頃からか宝塚とスピリチュアルに興味を持ち、どこかに出かけた時にはパワースポットと言われている所に立ち寄ったり、

続きはこちらから・・・

人気ブログランキング

アンケート

ページ上部へ戻る