2018年ウォルトディズニーアーカイブス展の日程と開催地は?

皇室見聞録管理人の咲耶です!

今回のテーマは「2018年ウォルトディズニーアーカイブス展の日程と開催地は?」でお伝えします。

ディズニー好きにはたまらないイベントの開催が決定しましたよ!


ウォルトディズニーアーカイブス展の日程や開催地など具体的な発表があったということでさっそく詳しく見ていきたいと思います。

ウォルトディズニーアーカイブスとは?

2018年に開催が決定したディズニー好きには嬉しいイベント。

今回のイベントのウォルトディズニーアーカイブスとは、ウォルトディズニーとカンパニーの史料の収集や保存、調査部門として1970年に米カリフォルニア州バーバンクに設立され、ディズニーに関する歴史やコレクションの保管のほかにフィルムメーカーや研究者たちのサポートもしています。

アーカイブスのコレクションは膨大でディズニーの歴史を全般にカバーしているとされ、文書やグッズは一万点にも登り!写真においては400万点、1万2000冊の本や数千点にも及ぶ衣装や小道具などミッキーファンなら一度は見てみたいであろうレアな品々を保管しているとか。

キャストや社員、製作者などディズニーに携わる人たちがここを訪れ学ぶそう。

今回、イベントが行われる開催地や日程について次から詳しくお伝えします。


2018年ウォルトディズニーアーカイブス展の概要は?

ミッキーやその仲間たちに関する宝物をたくさん保管しているウォルトディズニーアーカイブスがこの度日本で初めて貴重なこれらの品々を展示するという企画の日程や開催地が発表されました。

2018年にミッキーのスクリーンデビュー90周年、カンパニー設立95周年を迎える記念の年ということもあり、数千点ものコスチュームや小道具、400万点にも及ぶ写真などのコレクションから厳選した約420点が公開されるのです。

この公開される品々の中には日本では初公開のアイテムも登場するということですので一見の価値ありのイベントですね!

この展覧会では貴重なコレクションの写真撮影ができるコーナーも用意されているということですのでインスタ映えも狙えそう。

ウォルトディズニーアーカイブスにはディズニーの夢と創造の宝庫ということですが、ここに立ち入ることは簡単ではありません。

ですが今回のイベントではアーカイブスを直に体験した気になれそうな企画です。

日程と開催地と見所は?

今回、2018年2月10日から2月13日の日程で東京ディズニーリゾートではこの展覧会で展示される品々を先駆けて公開していました。

そしてこの度全国巡回が決定し、その皮切りとして最初の開催地としてまずは大阪で開催されることが発表されました。

詳しい日程は2018年4月11日(水)〜5月14日(月)の34日間、大阪・大丸梅田店15階 大丸ミュージアム梅田で年中無休で行われます!

入場時間はAM10:00〜PM7:30で閉館は午後8時。

入場料は大人が1500円、高大生は1200円、中学生から3歳800円、2歳以下は無料。

これを始まりとして全国巡回するということですが、現在ではそれ以降の開催地や日程に関しては後日発表ということです。

そして今回の展示会では見逃すことができない貴重な見所が盛りだくさん。

ウォルトディズニーアーカイブスのディレクターが一番のおすすめの見所として紹介しているのは、世界初公開となるウォルトが初めて制作した番組「ディズニーランド」で本人がミッキーを指差し「全ては一匹のネズミから始まった」と話すシーンで実際に使われた歴史的にも貴重なスクラップブックだそう。

番組が始まった当時はモノクロでしたが、そこで使われた実物を見られるということでイチオシのアイテムです。

このスクラップは個人のディズニーコレクターのもとからアーカイブスが買い戻した貴重品。

世界初公開、ウォルト自身が実際に手に持っていたスクラップブックは一見の価値ありですよね!

さらにこれまでのディズニーの歴史に触れることができるリサーチルームでは実際に数多くのクリエイターたちが訪れアイデアを得ると言われているリサーチルームが再現され、こちらでは創業から95年という長い歴史を知ることができる貴重な資料が展示されているということ。

このリサーチルームはディズニーの社員と特別なゲストしか入ることができないという場所。

それを今回は忠実に再現し、ここでは見るだけではなく実際に触れることができる展示品もあり、さらに見所はウォルトの直筆のレターなど貴重な資料を実際に見ることができるという点。

それだけじゃなく、一番新しい作品「美女と野獣」はじめこれまで制作され大ヒットを飛ばした人気映画で実際に使用されたコスチュームや小道具の数々。

「パイレーツオブカリビアン」でジョニー・デップが使用したコスチュームや小道具、「ホーンテッド・マンション」の3人のゴーストなどなど、これまでの人気作品の実際の小物を見るのもまたとない機会です!

続いての見所は映画「ウォルト・ディズニーの約束」で使われた、細部にまで忠実に再現されたウォルトの仕事部屋。

再現とはいえ、彼が毎日こういう場所であの夢溢れる作品の多くを生み出したと思うとこれも貴重な体験になること間違いなし!といった感じですね!

大阪が皮切りとなり全国巡回の日程や開催地などはこれから発表ということですが普段は映画作品を見たりディズニーランドで楽しんでいるだけですが、このイベントではアトラクションなどを楽しむのとはまた違った楽しみがあると思います。

ウォルトディズニーと言えば多くの名言を残した偉人でも知られていますよね。

先ほどもお伝えしましたが、かつてディズニーランドがテレビ番組として放送されていた時、ウォルトがスクラップブックを手に「いつだって忘れないで欲しい。すべては1匹のねずみからはじまったということを」という、あの名言をはじめそれは多くの名言を残した人物です。

ウォルト自身、ミッキーマウスが誕生するまでに数々の挫折を繰り返しながらも夢を諦めずに何度も立ち上がってきた人物です。

そして大昔に語られた彼の言葉は現在でも多くの人に夢と勇気と希望を与えているのです。

ディズニーの夢は親と子供が一緒に楽しめる場所を造ること、そして彼が考えていた夢を実現するまでには15年もの月日を費やしたそう。

そして今もなお完成することなく進化し続けるんだとか。

私の知人にも夢を叶えて成功を手にしている人がいるのですが、彼らのような成功者の多くが口を揃えて言っているのが「諦めないこと」。

私の知人はいつも私に自分がやろうと決めたことは絶対に諦めないでやり続けることが成功する秘訣だよ!って教えてくれるんです。

ディズニーも同じように、夢は諦めずにやり続ければ実現できると残していますが「やり続ける」という一見簡単に思えることが多くの人にとってものすごく難しいことのような気がしてしまいますよね。

そういえば、今回の展示品にはアンティークの腕時計があるということですが、昭和天皇がかつてアメリカを訪れた時にカリフォルニア州にあるディズニーランドにも訪問しているんですよ。

そしてその時にミッキーマウスの腕時計をプレゼントされたんだそう。

昭和天皇はそれ以降、そのミッキーの腕時計がお気に入りになり長い間愛用されていたと聞きました。

壊れても部品を取り寄せて修理してまで愛用していたということでよほど気に入っておられたんですね♪

ディズニーと日本は私たちが思っている以上に深いつながりがあり、皇室の方々も好んで足を運ばれているわけです。

1匹のねずみからはじまったディズニーランドはもはや世界中の人たちを癒し勇気づける偉大な存在にまでなっているということでしょうね!

この展示会ではファッションや雑貨、文具などオリジナルの限定グッズも販売されるということです。

ここでしか手に入らないレアなアイテムもぜひゲットしたいですね!

今回のウォルトディズニーアーカイブス展はディズニー好きの人はもちろん大興奮のイベントですが、それほど好きではない人でも楽しめるんじゃないでしょうか!

ということで今回は「2018年ウォルトディズニーアーカイブス展の日程と開催地は?」でお伝えしましたー!


管理人プロフィール

image

初めまして!咲耶です。

いつの頃からか宝塚とスピリチュアルに興味を持ち、どこかに出かけた時にはパワースポットと言われている所に立ち寄ったり、

続きはこちらから・・・

人気ブログランキング

アンケート

ページ上部へ戻る