2016年7月・8月にある関東東京の夏祭り&穴場スポットは?

皇室見聞録管理人の咲耶です!

7月8月は全国的に夏祭り全盛期の季節ですね。これから夏休みも訪れるためお祭りもあっちこっち行きたいですよね!

今回は「2016年7月8月にある関東東京の夏祭り&穴場スポットは?」というテーマでお届けしたいと思います!

スポンサードリンク



7月8月は毎週末大きいものから小さいものまでどこかしらで夏祭りをやっているというくらいお祭りの多い季節ですよね。お祭り大好き人間にとってはウキウキの季節です!

そこで東京、関東地方でおすすめの夏祭りと、お祭りは好きでも人混みはイヤ!という人のために穴場スポットの情報も盛り込んでみたいと思います。

2016年7月・8月の東京の夏祭りの日程は?

夏祭り1

東京在住の方も、夏休みで東京観光に訪れる予定の方も、2016年7月8月に東京で開催される夏祭りがどこで開催されるのか、いくつか挙げますのでぜひ足を運んでみてはいかがですか♪

・東京大神宮七夕祈願祭

7月といえば織姫と彦星が年に一度逢うことができる七夕。この日に縁結びで有名な東京大神宮で祈願祭が行われます。
東京大神宮はお参りすると恋が叶うとして良く知られている神社ですよね!叶えたい恋がある方や素敵な出会いを求める方、東京大神宮の七夕祈願祭で祈願すれば、その願いが叶うかも?!

東京大神宮では「織姫短冊」と「彦星短冊」が用意され、願い事が書かれた短冊は神職と巫女さんによって一枚一枚笹竹に結びつけて拝殿前に飾ってくれるそうですよ!

開催日時 2016年7月7日 (木)

開催場所 東京大神宮

受付時間 午後2時30分〜午後4時30分。時間内でも申込書がなくなり次第受付終了。

受付時に祭典初穂料として2000円以上奉納。

参列者には「七夕守り」と記念品が授与されます!

・ほおずき市

毎年、7月10日のに浅草寺にお参りすると4,6000日分(約126年分)お参りしたのと同じご利益があると言われている「四万六千日」と呼ばれるありがたい日。

7月10日に一番乗りでお参りしたいという人たちが前日から訪れ、前日の9日と10日が「四万六千日」の縁日とされるようになったんだそうです。

この両日の縁日にちなんで「ほおずき市」が行われます。境内周辺に約120軒ものほおずき屋さんのお店が立ち並ぶとのこと。一年に一度の功徳日に夏祭り気分でお参りしてみてください!

開催日時 2016年7月9・10日

開催場所 浅草寺本堂

朝8時頃から夜21時頃まで賑わっているそうですのでいつでもお出かけください♪
この期間限定の「雷除札」や「黄札」は7月9・10日しか授かれないのでお忘れなく!

・みたままつり

靖国神社で行われる夏祭りとして、東京都内の夏祭りの中でも規模が大きく、見どころは境内の大小3万を超える提灯が圧巻です。

人出も毎年30万人の参拝者で賑わう夏祭りですが、本来は日本古来のお盆の行事として昭和22年に始まりました。靖国神社は数々の戦争で亡くなった戦没者を「英霊」としてお祀りしている神社で、この「みたままつり」は靖国神社に祀られている英霊たちの盆供養のお祭りです。

夏祭りで掲げられる提灯は誰でも申し込めば掲げることができるようです。詳細は社務所で確認してくださいね!

また、みたままつりの魅力のひとつだった200を超える数の屋台ですが2015年には出店を中止しました。理由としては若者のケンカやナンパ、遅い時間まで騒いでいる人による近隣住民とのトラブルなどのようです。

夏祭りには屋台が付き物で、屋台で食べるイカ焼きや焼きそば、わたがし、リンゴ飴がないのはちょっと寂しい感じもしますが、2016年の夏祭りは屋台の出店は復活してほしい・・・と思いましたが、2016年も昨年同様、残念ながら屋台の出店は中止と発表されてしまいました・・・。

開催日時  2016年7月13〜16日

開催場所  靖国神社

開始時間  18時〜

・隅田川花火大会

「東京三大花火大会」のひとつに数えられる隅田川花火大会は東京を代表する夏祭りで全国的にも有名ですよね!

隅田川花火大会は江戸時代から続く、日本最古の歴史を持つ花火大会で毎年95万人以上の人が集まる夏祭りです。

開催日時  2016年7月30日(土)  19時5分〜20時30分

*2016年7月30日が荒天の場合の順延日として7月31日が設けられていましたが、東京都知事選挙が7月31日に実施されることが決定したためこの日の順延は中止と発表されました。7月30日が荒天の場合は隅田川花火大会が中止となるそうです。

打ち上げ玉数  約20,000発

隅田川花火大会は全国からこの花火を見る目的でたくさんの観覧客が押し寄せますよね。なので、花火を楽しむために出かけたのに人混みに飲まれて激疲れ・・・なんてことも予想できます。

夏祭り気分はだいぶ減少してしまいますが、屋台は諦めてコンビニで缶ビールとおつまみを買ってきて穴場スポットで花火を見るという選択もありですよね。

なので、後ほど隅田川花火大会の穴場スポット情報もお伝えすることにしましょう♪

・日比谷公園丸の内音頭大盆踊り大会

夏祭り2

8月には各所で盆踊り大会が行われますね!東京でも盆踊り大会が楽しめる夏祭りがこの「日比谷公園丸の内音頭大盆踊り大会」です。

オフィス街の真ん中にある日比谷公園で東京では最大規模となる盆踊り大会が行われるんです。毎年、4万人を超える人出で賑わう盆踊り大会は平成15年に日比谷公園100周年記念として開始されました。

丸の内や日比谷のビジネスマンや外国人、地域住民が公園内の大噴水を中心に円を作り盆踊りを踊るそう。踊るのは「丸の内音頭」。これは現在では盆踊りの定番となっている東京音頭の原曲になったものなんだそうです。

誰でも自由に参加できるので、純粋に盆踊りが好きな方は楽しめること間違いなしですよ♪

もちろん屋台や模擬店もあり、その他さまざまなイベントが盛り込まれていますので踊らなくても楽しめる夏祭りですよ!

夏祭り3

開催日時  2016年8月26〜2016年8月27日  18時〜21時(小雨決行)

開催場所  日比谷公園

スポンサードリンク



2016年7月・8月の関東地方の夏祭りの日程は?

夏祭りで賑わうのは東京だけじゃない!!ということでここからは、関東地方で行われる夏祭りについて日程などをお伝えしていきたいと思います。

・湘南ひらつか七夕まつり

関東三大七夕祭りのひとつで仙台の七夕祭りに匹敵する規模の七夕祭りとして全国的にも有名な夏祭りです。会場には約500本の笹飾りがひしめき合い、中には10メートルを超すような大型の飾りもあったり、キャラクターなどその年の流行を飾りにしたものなどが通りを埋め尽くします。

七夕飾りのコンクールやパレードなど、さまざまなイベントも行われるということです。

開催日時  2016年7月8日〜7月10日  夜9時まで

開催場所  平塚駅北口商店街を中心とする市内全域

・川崎大師風鈴市

夏祭り4

川崎大師といえば、関東三大厄除け大師のひとつとされます。初詣の参拝客は300万人を超えるという大人気の川崎大師の夏祭りといえば風鈴市です。

境内に全国各地から集められた約900種類30,000個もの風鈴が集められ涼しげな音色を奏でます。

夏祭りには外せない屋台もたくさん出店するのでこちらも楽しみのひとつですね!

開催日時  2016年7月20〜24日  初日のみ10:00〜20:00・二日目以降10:00〜18:00

ちなみに、風鈴市開催期間中は「厄除け開運だるま風鈴守り」(一躰800円)が授与されます。期間限定なのでなくなり次第終了ということです。

・成田祇園祭

関東地方・千葉県の夏祭りとして恒例の「成田祇園祭」。成田山新勝寺の行事である成田山祇園会の期間に合わせて開催されるそうです。

成田山新勝寺といえば毎年、初詣の参拝客で賑わい話題になるお寺ですよね。お寺の歴史は1000年以上と大変古く、歴史のあるお寺になります。

この成田山祇園祭も、昔の記述から最低でも300年以上の歴史があるのが分かっているくらい歴史のある夏祭りです。

この夏祭りの魅力は屋台と山車で、最終日には全ての屋台と山車が集まり坂道を登る総引きが迫力満点で絶対に見逃してはいけないイベントです!ちなみにここでの「屋台」とは、通常の夏祭りで出店する露天のことではなく「山車」の仲間なんだそうです。

成田山祇園祭での屋台は、山車の上に歴史上の人物などをモチーフにした人形が乗っているものを言います。

そして、人形が乗っていないものを山車と言うんだそう。

さらにそれぞれの山車や屋台別に行われる総踊りも迫力満点で見どころです!

開催日時  2016年7月8日〜10日  夜8:00頃から総踊りが始まります

開催場所  成田山新勝寺

関東地方の夏祭り情報をお伝えしました。お祭り好きの方はぜひお出かけくださいね〜!

関東・東京の夏祭りの穴場スポットは?

花火大会

関東、特に東京の夏祭りで全国から観覧者が押し寄せ人の波で大変なことになるのが花火大会としては超有名な隅田川花火大会ですよね。花火を見にきているのに誰かの後頭部ばっかりが良く見える・・・とか、屋台で買いたいものがあってもドォワァーーという人の波に押されて買うのもままならない・・・屋台を楽しむどころじゃない・・・なんて事態も予想できますよね。

そういうの苦手なんだよね〜。でも花火は見たいし・・・という人も少なくないと思います。そんな人は、穴場スポットで楽しむのもいいですよ!

穴場スポットは屋台やイベントは見られないのでそこは妥協してもらって、純粋に花火を楽しむ目的で穴場スポットに出かけてください。

隅田川花火大会の穴場スポットをいくつか見て行きましょう。

ひとつめの穴場スポットは浅草寺の境内です。隅田川花火大会は2箇所の会場から打ち上げられますが、浅草寺の境内からはこの二会場の花火が見られます。

風情ある浅草寺を散策しながら花火もゆっくりと楽しむのには絶好の穴場スポットです。

ふたつめの穴場スポットは上野公園。人混みに悩まされることなく花火を満喫できる場所です。

三つめの穴場スポットはコモディイイダ東向島店。条件付きではありますがお店の屋上駐車場を開放してくれているんだそうです。隅田川からも近く、屋上から見るスポットなので絶景穴場スポットです。ただし、条件付きですので詳細はお店に問い合わせてみてください。

このほかにも、銅像堀公園や汐入公園内土手などは純粋に花火を楽しみたい人におすすめの穴場スポットです。

穴場スポットは夏祭りの楽しみのひとつである屋台が楽しめないというのがちょっと寂しい感じはしますが、夏祭り感は少し落ちてもゆっくり花火を観覧できるというのがメリットですね。

夏祭りの熱気や人出が大好きな人は開催会場へ!ゆっくり花火を楽しみたい人は穴場スポットへ!出かけてみてくださいね。

今回は「2016年7月・8月にある関東東京の夏祭り&穴場スポットは?」というテーマでお届けしました!

スポンサードリンク



関連記事

管理人

image

初めまして!咲耶です。

いつの頃からかスピリチュアルに興味を持ち、どこかに出かけた時にはパワースポットと言われている所に立ち寄ったり、

続きはこちらから・・・

人気ブログランキング

アンケート

ページ上部へ戻る