2016年、お盆休みはいつ?穴場スポットは?

皇室見聞録管理人の咲耶です!

今回のテーマは「2016年、お盆休みはいつ?穴場スポットは?」です。

お正月、ゴールデンウィーク、お盆休みと毎年恒例の大型連休のひとつがもうすぐやってきます。

子供たちは夏休み中ということで、学校が休みになるという嬉しさはありませんがお父さんやお母さんがお休みになるためおじいちゃんやおばあちゃんのおうちにお泊りに行ったり、家族旅行に行ったりできる年に数回の楽しみな時期ですね!

スポンサードリンク



お盆休みは各企業によって期間が少しずつずれている場合も多いので、一般的にはお盆休みっていつ?と疑問をお持ちの方に連休の期間の情報や、お出かけする時にイヤーな渋滞を回避して快適に過ごせる穴場スポットの情報などお伝えしていきたいと思います。

そもそもお盆とは?

お盆 供養

お盆とは、日本ならではの文化でカレンダーを見ると2016年までは8月は祝日がない月でしたが「お盆」という日本独自の文化があるおかげで長いお休みが取れるラッキーな月ですよね。

そして今年2016年からは新たな祝日「山の日」が設けられたことで8月はめでたく祝日のない月から脱却しましたね(笑)

この山の日という祝日は今年(2016年)から施行されるわけですが、学校や幼稚園などは夏休み中なのではっきり言って子供たちにとってはあんまり恩恵は感じられない、嬉しくない祝日ですよね。もともと休みなんですから。

恩恵があるのはカレンダー通りのお休みのサラリーマンのパパやママたち。おじいちゃん、おばあちゃんたち。この人たちは「今年のお盆休みはいつ?」と楽しみなわけですね。

そもそも「山の日」が国民の休日に制定されたのは日本山岳会や全国の山の日協議会加盟諸団体やその他もろもろの団体等からの「山の日」制定を求める声から始まり2014年に制定され今年(2016年)に施行されることになったんだそうです。

そして「山の日」という命名は「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」という趣旨があるそうですが、特別「山」に関する由来があるものではないそう。

「山の日を設けてー!」

という活動を日本山岳会やさまざまな団体が行っていたから「山の日」になったということなんですね。そもそもこのプロジェクトはいつ始まったのかというと2010年からだそう。制定されるまでに4年もの月日がかかったんですね。

ちなみに当初の「山の日」の候補の日をいつにするかということで、各地の山開きが多い6月にするという案もあったそうですが、6月に山の日を制定してもそれほどメリットがないということからなのか反対意見が多かったようで8月に制定されました。

そして「山の日」はハッピーマンデー制度の対象の祝日になっていないので今のところは8月11日からズレることがないんですが、将来的にはハッピーマンデー制度の対象になる予定になっているようですがいつということは発表されていません。

これにより、2016年からは祝日がない月は6月だけになりました。まあ、祝日が増えるということは会社員にとっては大歓迎ですのでできれば6月も何かしらの祝日ができたらいいな〜と思いますが(笑)

そして本題に戻りますが、本来のお盆の意味は「先祖供養」の儀式で正式名称は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と言います。これは日本古来からのしきたりで、ご先祖様があちらの世界からこちらの世界に帰ってきてから、またあちらの世界に戻っていく期間のことをお盆というんです。ちなみに、あちらの世界とはあの世のことです。

こうして、一年に一度、あちらの世界から帰ってきたご先祖様や親族の御霊を、日頃、つつがなく平和に過ごせていることに対しての感謝の気持ちを込めてご供養するのがお盆の本来の目的なんですね。

ご先祖様に感謝の気持ちをお伝えしてご供養する方法がお墓参りです。じゃあお墓参りに行くのはいつ?それは、お墓参りはお盆だけじゃなく、お彼岸にも行う習わしです。それ以外には例えば自分の人生の転機が来ている時やなんとなく色々なことがうまく行かないなーという時などにもお墓参りに行くといいと思います。

1お盆休み 

よく、スピリチュアル系の能力を持っている人が「お墓参りに行ってご先祖様を供養しなさい」とか言っているのを聞いたことがあると思いますが、つねに私たちを守護してくれている存在ですので自分のご先祖様をちゃんと供養することはとても大切なことですよね。

そして、お盆にはお墓参りの他にご先祖様の魂をこちら側にお迎えするための「迎え火」と「送り火」があります。

では「迎え火」と「送り火」を行う日はいつ?という疑問ですが、迎え火はご先祖様の魂を我が家に迷うことなく迎え入れるために8月13日の夕方(7月盆の地域では7月13日の夕方)に自宅の玄関の前で迎え火をたくという習わしです。

「我が家はこっちだよー!間違えないでねー!!ここだよー!」

と教えてあげるということですね。

そして送り火はこちらの世界に来ているご先祖様の魂をあちらの世界に見送るために行うもので8月15日か16日のどちらかの夕方、自宅の玄関の前で送り火をたくという習わしです。

家族や親類の魂が迷うことなくあちらの世界に帰れるようにちゃんと見送ってあげる必要があります。

そして、よくお盆に田舎に行くと見かけると思いますがきゅうりやナスに割り箸が刺さったものが玄関先に置かれていますよね。

お盆 お供え物

これはご先祖様の魂をお迎えするためのお供え物できゅうりに割り箸が刺さった物は馬だそうで、魂が早くおうちに帰れるようにという意味合い。ナスに割り箸が刺さった物は牛だそうで、魂がゆっくり天国に戻れるようにという意味合いのお供え物なんだそうです。

この馬や牛たちを、送り火の時に燃やすことで馬や牛がご先祖様の魂をちゃんとあちらの世界に連れて行ってくれるということでお供えするそうです。

このほかにも地域や宗派によって色々な風習があるようですが、お盆とはご先祖様を供養する日本古来の習わしということで「お盆休み=遊びに行こうぜ!!」ではなく、まずはお墓参りに行くことを前提として計画を立ててみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク



2016年のお盆休みはいつからいつまで?

2016年のお盆休みはいつ?ということについてですが、お盆の時期は実は地域によって7月のところと8月のところがあるんですが、一般的には8月がお盆になるところが多いためお盆休みも8月に設けられている企業が多いようです。

そのため、2016年のお盆の期間がいつかというと8月13日(土)〜8月16日(火)の4日間がお盆期間ということになります。なので、この4日間はお盆休みになる会社が多いと思いますが、ここで注目したいのが先にお話した2016年から新たに施行される「山の日」です。

「山の日」という祝日が新たに8月11日(木)にできたことで、8月12日(金)を休みにする会社もあるかと思います。そうなると8月11日(木)〜8月16(火)までの6連休になりめでたく6日間のお盆休みがもらえるということになります。

「山の日」という祝日が8月にできましたが学校は夏休み中のため子供たちにはあまり嬉しくない祝日になってしまったわけですが、会社が12日を休みにしてくれるとここで初めて「山の日」が生きてくれるということになるかもしれません。

パパやママの会社が4日間の休みだったところ2016年は山の日のおかげで6日間のお盆休みになり、その分お出かけできる日が増えたということになって子供たちも嬉しい祝日になるわけです(笑)これでおじいちゃんやおばあちゃんのおうちで遊べる期間も増えましたよね♪遠く離れて住んでいるおじいちゃんやおばあちゃんも、かわいい孫がいつくるかと楽しみにしているはずですよね!

もしも会社が12日を休みにしていなかった場合も、12日に有給を取得すると6日間のお盆休みが取れることになりますので有給がたまっている人はここで有給を使わない手はないですよ!

勤勉な日本人は有給という制度があってもなかなか取得することが少ないようです。休みたくても仕事の都合で休みを取りにくいということもあるのかもしれませんが昔と違って今は会社側でも有給休暇を積極的に取得するように促しているところも多いようですので有給という制度を効率よく利用したいですよね!ここは有給休暇をいつ取るかがとても重要になってきますよね!

ちなみにお盆休みというのはカレンダーでは祝日ではないので銀行や郵便局などのカレンダー通りのお休みのところはお盆中も通常通りやっています。

お盆休みの穴場スポットは?

お盆休みだからこそ家族と過ごす時間がたっぷり取れますよね。そんな時はどこかにお出かけしたい気分になりますけど世の中が一気にお盆休みになっているのでちょっとどこかに行くだけでも人!人!人!

人混み

できればそんな人混みは避けながら楽しめる穴場スポットに行きたいと思いますよね。

そこでここからはお盆休みに楽しめそうな穴場スポットをお伝えしていこうと思います!

・穴場スポット1・7東京スカイツリー

スカイツリー

通常、つねに混雑している東京スカイツリーもお盆となると東京の人が田舎に帰省するためかなり人口が少なくなるようで比較的訪れる人が少なくなり穴場スポットになるんです。なのでこの時を逃さずに足を運んでみてください。今まで激混みに尻込みして来れていない人はお盆がチャンスですよ!

・穴場スポット2・はとバス

はとバス

都内に住んでいる人が田舎に帰るため、はとバスもすいていいて穴場スポットです。はとバスはコースもたくさんあって好きなコースが選べて東京観光にはおすすめです。ガイドさんの説明付きですので今まで知らなかったことも教えてもらえたり、楽しく観光できます。東京在住の方などは意外と自分の住んでいる地域のことで知らないことがたくさんあるはず。なので東京在住の方でもはとバスに乗って東京観光は新しい発見があって楽しめます。

・穴場スポット3・都内のホテル

やはり東京都内は人がいなくなってガラガラです。この時期に都内のホテルで宿泊すると色々と特典があったりするそうです。なのでたまにはちょっとリッチにホテルで過ごすというのも素敵ですよね♪

このほかにも東京都内は人が減って普段混雑するところも快適に観光できるようです。皇居も普段とは違って人の波が少なくてのんびりと散策できるはず。また、浅草なども通常はたくさんの人で賑わっていますがお盆の時期に訪れると意外と穴場スポットかもしれません。

この際だから東京の観光スポットを色々回ってみたい!という人にはやっぱりはとバスがおすすめです。お盆中の穴場スポットにピンポイントで訪れることができるし移動中はのんびりバスの旅を楽しむことができます。私も以前、はとバスを利用したことがありますがとっても快適で楽しく過ごせました♪

また、ショッピングやウワサの人気店でのお食事もお盆中なら意外と快適にできるかもしれません。お盆休みになると意外にも東京都内が穴場スポットに早変わりしちゃうんですね!

これからやってくるお盆休み!本来の目的であるご先祖様供養はしっかり行ったうえで年に数回の大型連休をエンジョイしちゃいましょう!

今回は「2016年、お盆休みはいつ?穴場スポットは?」というテーマでお届けしました!

スポンサードリンク



関連記事

管理人

image

初めまして!咲耶です。

いつの頃からかスピリチュアルに興味を持ち、どこかに出かけた時にはパワースポットと言われている所に立ち寄ったり、

続きはこちらから・・・

人気ブログランキング

アンケート

ページ上部へ戻る