隅田川花火大会2016の日程と穴場スポットは?

皇室見聞録管理人の咲耶です!

花火好きにはたまらないこの季節、いよいよ近づいてきました!圧倒的な迫力を誇り全国的にも超有名な「隅田川花火大会」!!

今回は「隅田川花火大会2016の日程と穴場スポットは?」というテーマで日程や有料席情報ほかさまざまな情報をお伝えしていきたいと思います。

スポンサードリンク



この大会は日本で開催される大会の中で一番の歴史を持つものになり、毎年の観客動員数も打ち上げ玉数も驚くほど多い大会になります。

隅田川花火大会2016の日程は?雨天は中止?

隅田川花火大会2016

「東京湾大華火祭、通称東京湾花火大会」「神宮外苑花火大会」と共に東京三大花火大会と呼ばれ、東京の夏の風物詩の代表格のひとつとして毎年95万人という驚きの観覧者が訪れる大会です。

まずは2016年の隅田川花火大会の日程の詳細をお伝えしましょう!

開催日程・・・2016年(平成28年)7月30日(土)  午後7時5分〜午後8時30分

開催場所・・・隅田川近辺

この大会の日程は毎年7月の最終土曜日に開催され、例年ですとその年(2016年)の開催当日に台風や雷、雨天などの荒天になった場合は翌日に順延・延期され、中止になることは少なかったんです。そのため、翌日に予備日が設けるという日程が組まれていましたが今年2016年は当初、予定していた日程が変更され予備日を設けずに当日が荒天になった場合は順延・延期はせず中止になると隅田川花火大会実行委員会から発表されたんです・・・。

雨天中止となってしまった理由はあの連日話題になっていた舛添要一前都知事の辞職による東京都知事選の投票日に決まってしまったからなんです。

これは、投票所が会場内にあるため90万人以上の人が押し寄せる大会の開催を日程通り行うと安全が確保できないためと投票への影響を考慮したための決定だったようです。

なので、2016年の隅田川花火大会を見るチャンスはたった一日しかないんです。小雨程度なら決行すると思われますがせっかく楽しみにしていた催しを簡単にあきらめるわけにはいきませんよね!なので是が非でも日程通り2016年7月30日に開催してもらいたいです!

歴史古い隅田川花火大会ですが、長い歴史の中で実際に選挙の投票日と重なって順延日を設けずに当日のみで行った回が2001年と2007年にあったようですが、この回は二回とも当日に開催でき中止になることはなかったようです。

また、大会が実際に中止になったのはとても長い歴史の中でも意外に少なく、2013年に開始30分ほどの時に激しい雷雨に見舞われて中止になったのが初めてなんだそうです。この時には途中で打ち切りとなり、日程が組まれていたコンクールも競技不成立になり順延もされなかったそうです。そして延期になった回も意外に少なく、1997年の回に雨天により延期されましたが、この時には中止にはならずに翌日に日程通り開催されました。なので、完全に中止になってしまったのは2013年のみということになりますね。

このことからも、今年2016年も日程通りに当日開催されることを心から願ってしまいます!!

なお、日程通りに実施されるかどうかの可否は当日午前10時までに決定されるということですので当日、お天気が怪しい場合には実行委員会に問い合わせるか公式ホームページで確認してみるといいと思います。

スポンサードリンク



隅田川花火大会2016のスカイツリー有料席情報

隅田川花火大会 スカイツリー

隅田川花火大会はスカイツリーと花火を一緒に観覧できることも楽しみのひとつですが、スカイツリーの展望台からも楽しむこともでき人気となっています。

スカイツリーでの観覧は有料となり、入場できる人数も1007名と限られているそうですのでなかなかの高倍率ではないかと思います。

そして、有料と言っても入場するための予約ですので席が設けられるわけではないようです。展望台に入場して立ち見をするという形になるかと思いますが普通に隅田川周辺から見上げるのとは違い眼下で開いているというちょっと違った見え方がするようです。

スカイツリーの展望台から第一会場と第二会場の両方から打ち上げられるものが楽しめるということで人気ですが、なんと、スカイツリーの有料席は予約を取るのがめちゃめちゃ大変なんだそうです。

予約方法はインターネットのようですが、予約申し込みをしても抽選で入場者が決まるそうなので申し込んだからといって全員が有料席をゲットできるということではないようです。

絶対にスカイツリーの有料席で見たいという人はツアーを申し込むことをおすすめします。ですが、こちらも定員がありますのでかなり倍率高そうですよ!

また、有料席が設けられるというわけではないですが、花火大会に寄付をすると特別観覧席にご招待してもらえるというシステムもあるようで、こちらは有料席ではないけれど有料席と同じように認知されているようです。

これは、大会に協賛金を寄付するという形で、そのお礼に特設観覧席の入場券が配布されるというものです。

隅田川花火大会では有料席のチケットは一切販売されていないということで、この市民協賛は実質的には寄付という形になるためもしも中止になった場合でも払い戻しなどはされないものと認識してください。

以上のことから隅田川花火大会での有料席は販売されていない!スカイツリーの入場券をゲットするのにはめちゃめちゃ難しい!ということで一番無難なツアーを申し込むのがいいかもしれません。

隅田川花火大会が見えるホテルやレストランは?

隅田川花火大会3

この大会は毎年ものすごい混雑が予想されますよね。激混み!花火を見るどころじゃない!!という事態になることも予想できます。

それを回避したい人はレストランで食事しながらリッチな気分で見物する・・・なんていかがでしょうか。

スカイツリーの有料席の情報は先ほどお話しましたが、スカイツリーのレストランも予約すれば花火を見ながら食事ができますよ(^^)

レストランはスカイツリー展望デッキフロア345にあるレストランです。デートにはぴったりじゃないですか♪♪

でもやはりスカイツリーのレストランもかなりの倍率になり予約するのは難しいようですので、このほかに一緒に食事を楽しめるレストランをいくつかご紹介します。

ブルークレール精養軒

住所 : 東京都文京区本郷7-3-1  東京大学医学部附属病院入院棟A15F

穴場中の穴場レストラン。大学病院の入院棟にあるレストランで、病院の最上階にあるんです。そのためすごく良く見えるレストランなんです。でも病院内のレストランですのでお祭り騒ぎはNGです!

アサヒビールタワー

住所 : 東京都墨田区吾妻橋1-23-1

最上階にある展望ラウンジからは花火大会で打ち上げられるものが目の前で見えるという絶景ポイントのレストランです。ほぼ真正面というシチュエーションがデートには最適かも?!

でもかなり人気があるレストランのようですので予約を取るには至難の技かもしれません。

レストランで食事もいいけどホテルでのんびり見物したい人には、花火が見えるおすすめのホテルをいくつかご紹介しましょう!

浅草ビューホテル

住所 : 東京都台東区浅草3-17-1

「隅田川花火大会観覧宿泊プラン」が用意されているようです。第一打ち上げ会場、第二打ち上げ会場ともに見えるという贅沢なホテルです。ですが、予約は抽選ですので当選しないと予約できません!

東武ホテルレバント東京

住所 : 東京都墨田区錦糸1-2-2

部屋から見えるというのが魅力です。さらにスカイツリーも見え、レストランでも食事をしながら花火見物ができるホテルです。

ホテルサンルート浅草

住所 : 東京都台東区雷門1-8-5

駅から徒歩1分という好立地にあるホテルです。迫力満点の花火を堪能できるホテルです。

花火大会会場周辺のホテルではこの時期にはそれに関連したプランを用意しているホテルが多いようです。もしも利用したいという方は、ホテルに問い合わせてみてください。

隅田川花火大会は何発あがる?穴場スポットは?

ここからは、2016年の隅田川花火大会で打ち上げる玉数は何発あがるのかということをみてみたいと思います。

この大会では毎年約20000発という打ち上げ玉数が話題になりますが、2016年はどうでしょう。

打ち上げ会場は、第一会場が桜橋下流〜言問橋上流、第二会場が駒形橋下流〜厩橋上流となっていて、それぞれの打ち上げ玉数は第一会場が9,505発(うちコンクール玉200発含む)、第二会場が10,650発で合計20,155発となっています。

この大会中にはコンクールも行われ、参加業者は両国の花火業者7社及び全国の花火大会で優秀な成績をおさめた業者3社の合計10社が競い合うそうで、こちらも見どころのひとつですよね!

そして、花火大会の混雑を回避したい方は穴場スポットを探す方が多いですよね!ですのでこちらもいくつか挙げておきましょう!

・銅像堀公園・・・高い建物に遮られることなく楽しくのんびり見ることができる穴場スポットです。

・タワーホール船堀(江戸川総合区民ホール)展望塔・・・第一、第二会場の両方が楽しめる穴場スポットです。ただし、大きく見えるわけではないので軽く花火を見たいなぁ〜という方におすすめの穴場スポットです。

・コモディイイダ東向島店・・・一定の条件つきですが、屋上駐車場を開放してくれるそう。隅田川から違いので絶景穴場スポットですが条件つきですので問い合わせが必須です。

・浅草寺の境内・・・意外にも浅草寺の境内が穴場スポットで良く見えるんだそう!風情ある浅草寺で花火見物もオツなものですよ♪

上記のほかにも荒川の土手など穴場スポットが数多くあります。そして、穴場スポットと言えるかはわからないですが、屋形船でロマンチックに花火見物も人混みに悩まされずに済むということから考えると穴場と言えるかもしれませんね♪

隅田川花火大会の歴史は江戸時代まで遡り、当時、大飢饉やコレラの大流行により江戸でたくさんの死者が出たため時の将軍・徳川第8代将軍吉宗(暴れん坊将軍で有名ですね)が死者の霊を弔うために水神祭を実施し、その際に花火を打ち上げたのが始まりなんだとか。

そんな歴史ある花火大会を人混みに悩まされることなく堪能したいなら穴場スポットがおすすめです♪

今回は「隅田川花火大会2016の日程と穴場スポットは?」というテーマでいろいろな情報をお伝えしました!みなさんの参考になれば幸いです!

スポンサードリンク



関連記事

管理人

image

初めまして!咲耶です。

いつの頃からかスピリチュアルに興味を持ち、どこかに出かけた時にはパワースポットと言われている所に立ち寄ったり、

続きはこちらから・・・

人気ブログランキング

アンケート

ページ上部へ戻る