金運アップしたい方に!茨城のおすすめ金運パワースポット

皇室見聞録管理人の咲耶です!

茨城で金運アップのご利益が強いパワースポットに興味ある方にお伝えします。お金は人が生きていくためには無くてはならないものですよね。でも金銭的に十分満たされている生活をしてる人の数はそんなに多くないと思います。あまり人には言わないですけど、お金はできればたくさんあって欲しいですよね。

スポンサードリンク



そんな人におすすめのパワースポットをお伝えしますので、密かに自分の心の中だけで思っているお願い事をお金の神様のおられる金運パワースポットで祈願してみませんか?茨城で人気の金運パワースポットをご紹介します!

茨城に在住の人は絶対行って欲しい金運パワースポット!

image

鹿島神宮(かしまじんぐう)

住所:茨城県鹿嶋市宮中2306‐1

電話:0299‐82‐1209 FAX:0299‐82‐1625

常陸国(茨城県)の一宮(常陸国で最も格式が高い神社)である「鹿島神宮」は神様の中でも特に霊験あらたかな神様をお祀りしている神社。全国約600社ある鹿島神宮の総本社で関東最古という歴史古い神社です。千葉県にある「香取神宮」とともに関東の東を護る地域の守護神です。

鹿島神宮

創建は神代の時代、初代神武天皇が即位した皇紀元年、今から約2600年前という古社中の古社です。今では「神宮」と名のつく神社はいくつか存在しますが、平安時代から三重県の伊勢神宮の他に「神宮」と名乗れたのは鹿島神宮と千葉県の香取神宮だけということでもわかるように別格の格式を持つ神社です。

ご祭神

●武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)

日本神話で最強の武神、勝利の神。雷神、航海を司る神。神代の昔、天照大御神の命を受けて香取神宮のご祭神・経津主大神とともに大国主命と話し合い国譲りの交渉を成功させ日本の建国に挺身された神様です。また、日本神話で何度も国難を救うために登場します。その圧倒的な強さと決断交渉力から「勝利の神様」として信仰されました。

かつては朝廷や武将から篤く崇敬され、現在の社殿は徳川二代将軍秀忠に、奥宮は徳川家康、楼門は水戸初代藩主徳川頼房より奉納されたもので日本三大楼門の一つです。いずれも重要文化財となっています。

鹿島神宮は、皇居⇒明治神宮⇒富士山⇒伊勢神宮⇒吉野山⇒高野山⇒剣山⇒高千穂に続くレイラインの東端に位置します。鹿島神宮の一の鳥居は「神々の通り道の東門」にあたり、非常に重要な位置となっていて、こちらは鹿島神宮に数多く存在するパワースポットの一つとなっています。

また、この鹿島神宮のご利益として、仕事や人生に開運力があり、茨城だけでなく関東屈指の最強クラスの金運・仕事運のパワースポットで「意を決したものが行くべきパワースポット」ですので独立起業家、会社経営者、会社などの組織のリーダーとなる人、また、人生の転換期を迎えている人や自分の道を突き進む時に参拝して欲しい神社です。

本殿から奥宮に向かう奥参道は、本殿・武甕槌神の「和魂(にぎたま、穏やかな魂)から奥宮・武甕槌神の「荒魂(あらみたま、荒ぶる魂)」に向かう道で、目標に向かう気持ちを後押しして勝負に勝つ決断力や行動力をつけてくれるパワースポットとなっていますので、武甕槌神のパワーを堪能しながら進むといいと思います。

奥宮もかなり強力なパワースポットとなっています。勝利の神様である武甕槌神の荒々しいパワーで新しい物事を生み出すエネルギーを受けられます。

この鹿島神宮で一番強いパワースポットは鎮守の森に鎮座する地震封じの「要石(かなめいし)」で、この場所は太古から信仰の対象とされてきた場所です。この「要石」は地上に出ている部分は小さいのですが、地中にある部分は巨大で決して抜くことができないといわれています。

鹿島神宮の要石は凹型で、香取神宮には凸型の要石があり、地中でつながっていると伝えられているそうです。また、鹿島神宮の要石は地震を起こす大ナマズの頭を、香取神宮の要石は尾を押さえているそうです。

(東日本大震災の時に、要石で地震を抑えつけている神様ですので強力なエネルギーを放出して被害を抑えたようで、鹿島神宮は放出したエネルギーの消耗が激しく一時パワーを失ってしまったそうです。)

スポンサードリンク



茨城で働くビジネスマンの神頼みにおすすめ金運パワースポット

筑波山神社(つくばさんじんじゃ)

住所:茨城県つくば市筑波1番地

電話:029‐866‐0502 FAX:029‐866‐0565

日本百名山の一つである筑波山をご神体とする「筑波山神社」は古代山岳信仰に始まる茨城屈指の古社です。

ご祭神

●筑波男大神(伊弉諾尊):男体山に祀る

●筑波女大神(伊奘冉尊):女体山に祀る

ご祭神の伊弉諾尊・伊奘冉尊は神世七代の最後に生まれた兄妹神で日本人の祖神(おやがみ)。国生み・神産みをされた最初の夫婦神。三貴子(天照大御神・月読命・須佐之男命)や海や山の神(大綿津見神・大山津見神)など、たくさんの神々を生んだ親神です。

このことから、縁結び・夫婦和合・家内安全・子授け・子育て・安産などのご利益、また、国土経営をなされたことから開拓・国家運営・社運隆昌・職場安全・工事安全・交通安全のご利益。さらに豊作・大漁・厄除・方位除・心願成就・合格祈願などたくさんのご利益がいただけます。

筑波山神社

西峯・男体山山頂の本殿に伊弉諾尊(いざなぎのみこと・夫で兄)を、東峯・女体山山頂の本殿には伊奘冉尊(いざなみのみこと・妻で妹)を祀り、筑波山中腹には筑波山神社(里宮)が鎮座します。最初に里宮の筑波山神社から参拝し、両本殿を参拝します。

男体山山頂は巨石のパワーが溢れる場所で、仕事運・活力のアップ、金運パワースポットです。

女体山山頂は柔らかい気が漂う縁結び・恋愛運のパワースポットとなっています。

ケーブルカーで登る山上にはガマ石(雄龍石)という、ガマガエルのような形をした奇岩で、この石の口の中に小石を投げ入れると金運・勝負運・出世運がアップすると言われているパワースポットです。

笠間稲荷神社(かさまいなりじんじゃ)

住所:茨城県笠間市笠間1

電話:0296‐73‐0001 FAX:0296‐73‐0002

茨城で商売する人やビジネスマンにおすすめなのが「笠間稲荷神社」です。日本三大稲荷の一つで日本全国から参拝客が訪れる茨城屈指の金運パワースポットです。正月三が日の初詣には80万人以上の参拝者が訪れ、初詣参拝者数では茨城1位を誇ります。稲荷神社の総本社は京都の伏見稲荷大社ですが、創建は伏見稲荷大社よりも古い661年とされています。

ご祭神

●字迦之御魂命(うかのみたまのみこと)

正一位という最高の位を持ち「お稲荷様」として親しまれている神様。日本に稲作を持ち込んだ須佐之男命の御子神。「稲に宿る神秘的な精霊」を表す食物神。五穀豊穣・商売繁盛・殖産興業・開運招福の守護神。

誠実に仕事をする人・商売をする人・ものづくりに取り組む人に金運・仕事運を導くパワースポットとなります。誠実に自助努力をする人だけを後押ししするという厳しさを持ち、ものを生み出す力を後押しするパワーがあります。商売繁盛の他にも家内安全・厄除け・交通安全などのご利益もいただけます。

宝くじ当選祈願なら茨城のこの金運パワースポット!

大宝八幡宮(だいほうはちまんぐう)

住所:茨城県下妻市大宝667

電話:0296‐44‐3756 FAX:0296‐43‐2286

テレビで宝くじの高額当選などの金運に強いご利益があると取り上げられ、茨城で有名な金運パワースポットは「大宝八幡宮」です。

大宝元年に藤原時忠公が筑紫の宇佐八幡宮を勧請したのが始まりとされ、関東では最古の歴史ある八幡宮です。平安末期には八幡信仰が盛んで、平将門公も戦勝祈願のために度々参拝し、大宝八幡宮の巫女により新皇の位を授けられたと伝えられています。

ご祭神

●誉田別命(ほんだわけのみこと):第十五代応神天皇・八幡様

●足仲彦命(たらしなかつひこのみこと):第十四代仲哀天皇

●気長足姫命(おきながたらしひめのみこと):神功皇后・仲哀天皇の皇后

八幡大神は治山治水・学問・漁猟・商工・土木建築・交通運輸・縫製・紡績他、あらゆる殖産興業や衣食住など人々の生活の根源を開発指導された文化の生みの親で、武道を司る神としても有名で一切生業の守護神です。

「大宝」の名に示されるように財運招福・厄除・交通安全・安産などあらゆるご利益に霊験あらたかとされる神様です。

大宝八幡宮の「大宝」という名前から金運・宝くじ運のパワースポットとして知られています。

701年に対馬で国産の金が産出されました。金は王や貴族の威信を示す貴重品なのですが当時日本では産出していなかったので天皇に献上したところ、対馬で金が出たことに天皇が大喜びし元号を「大宝」に改めました。その年に建てられた神社なので大宝八幡宮となったそうです。

金運と勝負運に強いご利益がある神社ということで地元の宝くじ販売業者が参拝したところ1年で4本も1億円の当選が出たんだそうです。購入した宝くじを持っていくと高額当選祈願をらしてもらえます。

宝くじで高額当選を狙っている人は参拝して金運パワーいただいてみてはいかがてすか?

酒列磯前神社(さかつらいそさきじんじゃ)

住所:茨城県ひたちなか市磯崎町4607番地2

電話:029‐265‐8220 FAX:029‐265‐9290

宝くじの高額当選が続出しているという「酒列磯前神社」。高額当選した人から奉納された海ガメの石像があるんだそうです。参拝に訪れて社殿でお参りを済ませたら、この海ガメの石像をナデナデするとその幸運にあやかってもしかして高額当選できるかも…!忘れずに立ち寄って下さい!

主祭神・少彦名命(すくなひこなのみこと)

文徳天皇の時代に大洗磯前に大己貴命と少彦名命がご降臨になり、塩焼きの一人に神かがりし「私は大奈母知、少比古命です。昔、この国を造り終えて東の海に去りました。今、民を救うために帰りました」と告げ「酒列磯前神社」が創建されました。そして、大洗町には「大洗磯前神社」が祀られました。

大洗磯前神社(おおあらいいそさきじんじゃ)

住所:茨城県茨城郡大洗町磯浜町6890

電話:029‐267‐2637 FAX:029‐267‐7557

「酒列磯前神社」と「大洗磯前神社」は2社で一つの信仰を形成する対の宮になっていますので一緒に参拝されることをおすすめします。

ご祭神・大己貴命(おおなむちのみこと)

酒列磯前神社の少彦名命と大洗磯前神社の大己貴、国造りのペア神が祀られています。

大洗磯前神社の「神磯(かみいそ)の鳥居」は大己貴命の降臨地とされ「神界のゲート」と呼ばれています。元旦には神職の方々がこの神磯に立ち海に登る初日の出を奉拝します。

大己貴命は出雲大社の大国主命と同神で、男女の縁だけでなく仕事や家族などあらゆるご縁を結んで下さる神様です。

宝くじ祈願に酒列磯前神社、仕事には不可欠な人との良縁祈願に大洗磯前神社。茨城でおすすめの金運には外せないパワースポットです。

茨城で金運パワースポットと言われて人気のある神社をご紹介しました♪茨城にはお金の神様がおられるパワースポットがたくさん存在しますので金運を引き寄せたい人はぜひ参拝してみて下さい!

こちらの記事もおすすめです!

香川県の金運パワースポットが超おすすめ!お金を引き寄せたい人必見!

スポンサードリンク



関連記事

ページ上部へ戻る