現在の北朝鮮の状況と実態は?

皇室見聞録管理人の咲耶です。

本日のテーマは「現在の北朝鮮の状況と実態は?」です。

北朝鮮は近年ミサイル問題が注目されていますがイマイチよくわからない国だなという印象です。



現在の状況や実態がどうなっているのか、ミサイルばっかり撃つ理由な何なのか、ニュースやワイドショー番組で度々話題になっている北朝鮮についてお伝えしていきましょう。

現在の北朝鮮の状況は?

北朝鮮という国が現在どういう状況なのか、どんな国なのか、私は詳しいことをあまり知らないのですがミサイルをよく発射する国だなーくらいは知っています。

北朝鮮のトップが金正恩だというのはよくテレビでやっているので聞いたことはありますが、報道されている現在の状況の場面を見ていつも感じるのはまるで日本の昭和初期の時代みたい・・・とか、戦時中みたい・・・ということです。

最近、耳にしたニュースでは北朝鮮の下級兵士が韓国に亡命したというものですが、逃げる途中で銃撃されて大怪我を負ったとかなり話題になったもの。

これ以外にも兵士の亡命が相次いでいる状況を見ると現在の実態は劣悪な生活環境なんじゃないかと思えてしまいますよね。

大怪我を負った兵士の体内からは寄生虫が発見されたというのもかなり騒がれていましたが、この寄生虫というのは回虫といい腸の中に寄生するもので日本では戦時中などによく見られました。

これを見ても現在の状況は決して良いとは思えませんよね。

最近では日本にも北朝鮮から来たとされる木製の船が漂着していますがこれも逃げてきた人だったのでしょうか。

とにかく最近はワイドショーやニュースで北朝鮮の話題が出ることがものすごく多いという印象ですが、ミサイルを繰り返し発射したり側近を次々に処刑してしまったり、兄弟を暗殺したりと日本では考えられない話題が盛りだくさんの国ですよね。

そもそも金正恩という人はどんな人なのか、あまり興味がないので実態は良く知らないのですが、実はお母さんは日本の大阪生まれなんだそう。

さらに驚きなのが祖父はかつて日本で活躍したプロレスラーなんだとか。こうして見ると意外と日本に縁がある人物だったんですねー。

父親は言わずと知れた先代の金正日総書記。

兄弟には異母兄の金正男、実兄の金正哲と妹の金与正がいますが、異母兄を弟の金正恩は暗殺しました。

一般的に考えても父親の後を継ぐのは長男なのですが、金正恩は三男として生まれたにもかかわらず二人の兄を退けて父の後継者となったのかといと、他の兄弟と比べて性格的に強いところがあり父親の正日に気に入られていたようです。

目的達成のためにはがむしゃらに食いつく性格だったということですが、父親の金正日よりも残虐な性格だという噂も囁かれています。

この残虐な性格が現在の状況を作り上げているということになるのでしょうか。

そうでなければ側近を次々に処刑したり兄を暗殺するなどとてもできるはずがありませんからね。

さらに、よく話題になるのがあの独特のヘアスタイルですよね。

私はイソギンチャクが頭に乗っているように見えるのですが、巷では黒電話の受話器みたいだと言われているようですね。いずれにしてもかなり個性的で変わったヘアスタイルです。

見た目はどうであれ、現在は特にミサイル発射や核開発などの実態が話題になり世界中から非難を浴びても決してそれらを止めようとしないという強固な姿勢から頑固な性格がわかるような気がしますよね。

北朝鮮が頻繁にミサイルを発射するようになったことで日本ではいつ何時ミサイルが飛んでくるのかという恐怖を味わうことになっていますが、現在の状況を見てもミサイル実験を行う姿勢や核開発を進めるということを止めようとする気持ちはなさそうです。

むしろアメリカ大統領がオバマさんからトランプさんに代わったことで激化した感が強いです。

それもそのはず。オバマさんが大統領だった時には金正恩が挑発してもひたすら無視を決め込んでいましたがトランプさんは応戦して過激な発言が飛び出したりしていますからね。

そんなことから現在の両国の状況はさらに悪化していくように思えてしまいます。


北朝鮮の国民生活の実態は?富裕層の生活は?

北朝鮮の一般の庶民が現在どんな生活をしているのか、実態が表面に出ることがあまりありませんが、実は富裕層と貧困層の生活レベルの格差がひどいという話が浮上しているのです。

この国での富裕層というのは党幹部や軍の幹部の人たちで、この人たちは首都である平壌に立ち並ぶ高層マンションに住んでいるのです。

そこで彼らは百貨店やスーパーマーケットで買い物をしたり海外ブランドや電化製品を買うなど何不自由のない生活を送っているように見えるのです。

ここに住む富裕層の子供達は一般の国民が稼ぐ年収の2倍もするようなゲームやパソコンで遊んだり家庭教師を雇ったりとかなり裕福な日常です。

ところが実態を探ってみると、高層マンションなのになぜか彼らから人気があるのは低層階。

理由は電気の供給が不安定でエレベーターが動く時間は朝と夕方のほんの数時間。高層階に住むとエレベーターが動かない時間は階段での移動になるので低層階が人気なんだとか。

日本でも富裕層のステータスとして高層マンションに住むというのが定着している感じがありますが、この場合、高層階に住みたいというのが常識なのですが、電気の供給がない時間帯に20階まで階段で・・・となると不人気になるのは当然ですね。

さらに、テレビや冷蔵庫など、日本では普通にどの家庭にもあるようや電化製品もエリートの富裕層しか手に入らない高級品ですが、これらも電気の供給が不安定で停電がたびたび起こり故障することが多いという実態があるということです。

庶民の生活では中間層と貧困層とが存在し、中間層の給料は日本円で約15000円程度、貧困層では8000円以下と極貧生活を余儀なくされています。

このことから子供達も4人に1人は栄養失調で発育が止まってしまっているという状況。

富裕層と貧困層との格差があまりにもひどく、特に農村地区では過酷な労働が課されている上に深刻な食糧不足により飢えに苦しむ人たちが後を絶たないという実態があるのです。

北朝鮮の庶民の状況はあまり報じられることがないため謎に包まれていますが先にお伝えしたように亡命兵士を見ても劣悪な実態は明白です。

首都の平壌と農村部の生活格差もひどく、平壌では車か急速に増えている一方で農村部ではいまだに移動手段は歩きか自転車なんだとか。

しかも1990年代に金正日によって女性の自転車の使用を全面的に禁止されているため女性の移動手段は徒歩しかないそう。

さらには避妊や中絶も禁止され、これに違反すると懲役3年以上という厳しい刑罰が与えられてしまうという実態があるようです。

北朝鮮では女性の教育や雇用機会が奪われる上に職場での性的暴行の被害にあうなどが現在でも日常的に起き問題視されています。

女性も18歳から最低7年間の兵役義務が課せられ軍隊に入隊しますが入隊後の生活は過酷過ぎ。

兵役後1年くらいで栄養不足とストレスが原因で生理が止まってしまうほど。

ただ、生理用品が支給されないため、むしろ生理が止まっていてよかったという状況もあったとか。

脱北女性が語った内容では、生理に関するストレスは想像以上にひどいものだったとされています。

ナプキンというものが存在せずにガーゼや古い下着の切れ端を当てて処理しているということ、経血量が多い時には何枚も重ねる必要があったりビニールを当てて処理しているということ、これらを洗って再利用する必要があったということなど女性にとっては屈辱的な現在では考えられないような生活を余儀なくされていた内容が衝撃的です。

さらに入隊後にはほとんどの女性が強姦の被害に遭っているとか。北朝鮮軍は性的暴行を問題視すると主張していますが、実際にそれを訴える人がいないため男性たちは処罰を免れこの劣悪な状況が繰り返されているという実態があるようです。

このように、近年では実態の一部が表面化することでこの国の問題点がさらに浮き彫りになっているのです。

アメリカと戦争になる可能性は?

世界中から非難を浴び、主要国が経済制裁を行なっても一向にミサイル発射や核開発を止めようとしませんがこのままこれが続くとアメリカと戦争になる可能性も考えられることでよね。

世界平和を訴える時代ですが、この状況を見ているとまるで戦争を望んでいるような気配すら伺えるわけですがトランプ大統領は金正恩の挑発に応戦しようとする姿勢が見えることもあり一触即発といったところじゃないかと思います。

もしもこの両国間で戦争が勃発したとしたら日本への影響が不安なところですよね。

実際にアメリカに向けてミサイルを発射すると日本に落ちる可能性が懸念され、これまで何度も繰り返されたミサイル発射では「いつミサイルが落ちてくるか!!」と日本人がビクビクするハメになりました。

トランプ大統領は度重なる金正恩の挑発で北朝鮮への攻撃も示唆しているわけですが、軍事力の強化を第一として完全な独裁政治を行う金正恩には世界中の国がいい顔はしませんでした。

これまでも金正恩のこの体勢は変わらなかったわけですが、ここまで激化しなかったのは大統領がオバマさんだったからなんでしょうね。

オバマさんは挑発されても「戦略的忍耐」という方向で対応していた、つまり無視するということを続けていたので激化することがなかったということなのです。

それがトランプ大統領に代わったら「力による平和」の方向になり力でねじ伏せる対応を行うようになったので急激に両国の関係が悪化したのです。

この二国で戦争が勃発したら、日本が影響を受けることは確実です。

日本は戦争はしないと決めている国ですが、アメリカは同盟国で米軍基地が各地に点在していることでそこが攻撃の標的にされる可能性もなきにしもあらずといったところ。

むしろ必然だと考えることの方が普通ではないかと思えます。

さらに、同盟国であるアメリカが戦争しているのに見てみないふりはできないはず。

戦争には参加しないまでも支援はしないわけにはいかないでしょう。

しかも、もしも日本各地に点在する米軍基地を攻撃されたとしたら多くの犠牲者が出ることは想像ができますがこうした時に日本はどう行動するのか、かつて戦争によって大きなダメージを受けている国だからこそあの時のような悲劇は繰り返したくありません。

「日本は戦争はしない」と決めていても周りでミサイルを撃ち合っていれば隣の日本に住む人たちはいつ何時ミサイルが落下してくるかと常にビクビクしてアラートが鳴る度に右往左往することになります。

さらに核開発を進めている金正恩が常軌を逸した行動に出てしまう可能性も考えると先行き不安といったところ。

日本としてはとばっちりを受けることになりかねません。

ここまで北朝鮮の公にならない現在の実態を見てきて「平和な日本に生まれて良かった♪」と心底思いましたがよその国の戦争に巻き込まれて痛い目を見ることだけはカンベンして欲しいです。

最近日本に木造船が漂着するのは劣悪な生活環境から逃げてきた人たち?と不安な気持ちがどんどん募ってしまいます。

とにかく、もう戦争の悲劇だけはカンベンしてー!というのが日本の人たちの本音でしょう。

ということで今回は「現在の北朝鮮の状況と実態は?」でお伝えしました。


関連記事

管理人プロフィール

image

初めまして!咲耶です。

いつの頃からか宝塚とスピリチュアルに興味を持ち、どこかに出かけた時にはパワースポットと言われている所に立ち寄ったり、

続きはこちらから・・・

人気ブログランキング

アンケート

ページ上部へ戻る