父の日の変わったプレゼントと定番は?

皇室見聞録管理人の咲耶です!

5月の母の日が終わったら次に訪れるのは6月の「父の日」ですね♪♪そこで今回は「父の日の変わったプレゼントと定番は?」でお届けしたいと思います(^o^)/

皆さんはもう父の日のプレゼントは決まっていますか?母の日は世の中に知れ渡っていてメジャーな感じがありますが父の日は母の日に比べると知名度が低く忘れられがちじゃないかと思うのは私だけでしょうか?

スポンサードリンク



毎年、お父さんにプレゼントを贈っている人も、いつもいつも同じような定番のプレゼントになってしまいませんか?
今年はいつもとは違う変わったプレゼントを贈ってみませんか?

そこで今回は迷った時には失敗がない定番のプレゼントの情報や、今年こそは一風変わったプレゼントを贈りたい!という方のために、また、せっかくなので知っておきたい父の日にまつわる由来など色々調べてみましたのでどうぞご覧ください!

父の日ができたのはいつ?

そもそも父の日っていつなんでしょう?

母の日は毎年5月の第二日曜日。これは世の中が「母の日」モード一色になるので知らない人はいないと思いますね。母の日には毎年大切なお母さんに感謝の気持ちを込めて素敵なプレゼントを贈る人が多いと思います。

では父の日っていったいいつ?なんて思っている人も多いはず。

父の日は毎年6月の第三日曜日なんです。なので今年(2016年)の父の日は6月19日(日)になるんです。

母の日で世の中が盛り上がった翌月に訪れる父の日はイマイチ盛り上がりに欠ける印象がありつい忘れがち。気がついたら通り過ぎてた!!なんてことがないようにカレンダーにチェックを入れておいてくださいね。

そして、そもそも父の日っていつ頃にできたんでしょうか?私の記憶ではそれほど昔からあった気はしないんですが、調べてみるとかなり昔から存在していたようなんです。きっと母の日の影に隠れてしまっていたんでしょうね。

そんな父の日はアメリカからやってきました。1909年にアメリカのワシントン州に住むジョン・ブルース・ドット夫人(ソノラ・スマート・ドット)が母の日があるのなら父親に感謝する日も設けてほしいと牧師協会にお願いしたことが始まりです。

ソノラが父親にも感謝の日を設けてほしいとお願いした理由はソノラの父親に対する強い想いが反映されているようです。

ソノラの父・ウィリアムは南北戦争に召集された軍人でした。父が召集されている間は母が女手一つで6人もの子供を育てていたんだそう。

そして母は過労が原因になり父・ウィリアムが復員したあと間もなく亡くなってしまったのです。

残された父は戦争のあとの混乱した中、仕事と家事を必死でこなし、再婚することもなく男手一つで6人の子供たちを立派に育て上げました。

子供たちが立派に成人したことを見届けた父・ウィリアムはその後この世を去ってしまいました。

そんな父の姿を小さい頃から見続けて育ってきた6人の子供の末っ子だったソノラが、母に感謝する日があるのならば父に感謝する日も設けたいと1909年に嘆願したんだとか。

翌年1910年6月19日、父の日の祝典がアメリカ・ワシントン州のスポケーンで行われました。そしてソノラの父・ウィリアムの誕生月である6月に父の日ができたのでした。

その後、1916年にスポケーンで開催された父の日の祝典で、アメリカの大統領・ウッドロー・ウィルソンが演説を行い、それがきっかけとなり父の日がアメリカ全土に知られるようになりました。

最初の祝典から6年の歳月をかけ、やっと一般に広く知られるようになったということですね。

1966年にはアメリカ合衆国第36代大統領リンドン・ジョンソンが父の日を賞賛する大統領告示を発し、この時に6月の第3日曜日を父の日と定め、その後1972年にアメリカで正式に国の記念日になったのでした。

アメリカでは1972年に祝日になった父の日ですが、日本で知られるようになったのはそれよりももっと後の1950年(昭和25年)頃のことになります。

ですが、日本では父の日の知名度は低くあまり知られることもなかったようですね。

日本で一般的に父の日が広まったのは1980年代になってからなんだそうです。それでもやはり母の日に比べると認知度は薄く、デパートの販売戦略の一つとしてイベント化されそこから世の中に知れ渡るようになりました。

こうして見ていくと母の日に比べると父の日の世間の思い入れの違いに驚いてしまいますね!

スポンサードリンク



父の日・定番のプレゼントは何?

2737457be44228e5bab66f9a5204b00f_m

ここではプレゼントに困ってしまったり、あまり変わったものを好まないタイプのお父さんにおすすめの定番のプレゼントをご紹介します。

日頃、お母さんとは蜜にコミュニケーションをとっていてもお父さんとは話も続かないし好みがわからない…なんていう人も多いんじゃないでしょうか?

まぁ、お父さんは普段から自分の気持ちを家族に話すことはあまりないのかもしれないので何を考えているかわからない部分もあって、母の日よりもプレゼント選びが難しいのかもしれないですね。

ですが、家族への愛情はたっぷりのはずですから、実は愛する子供にプレゼントされたものなら何をもらってもとっても嬉しいんじゃないかと思います(^^)

定番で、なおかつお父さんが喜んでくれるプレゼントを見てみましょう♪

●お酒

お酒好きなお父さんにはとっても喜ばれるプレゼントですね。それも、普段は飲まないようなちょっと高級感のあるワインやシャンパン、ブランデーなどを奮発してみたら特別感が倍増するんじゃないでしょうか(^^)

最近は名入れのお酒や感謝のメッセージを入れたお酒もあるそうですので、一年に一度、お父さんのためのプレゼントにいかがですか?

●ネクタイ

父の日の定番といえばネクタイでしょ〜!

サラリーマンのお父さんならネクタイは何本あっても困らないですよね。しかも、大切な子供からのプレゼントとなったら自慢気に会社にしていくのが目に浮かぶようですよ〜(笑)

定番中の定番のネクタイですが、注意点は好みがあるということですね。好みに合わないネクタイだとちょっと困っちゃうかもしれないのでそこは吟味することが大切かもしれません。

ですが、ネクタイなら金額的にはそれほど高いものではないですし、ちょっと背伸びすればブランド物のネクタイがプレゼントできるのでおすすめです!

●食べ物

お父さんの好みがわからないとか、お父さんがめちゃめちゃこだわりが強い人とかで身につける物をプレゼントするのは自信がない人にうってつけなのが食べ物です。

食べ物でしたら予算3000円〜5000円くらいでそこそこ良いものが買えますよね。普段、自分では買わないステーキ用のお肉なんかも買えてしまうので食べ物のプレゼントは「こんな高いものもらっちゃった!」と思ってもらえる定番です。

また、最近では甘いものが好きな男性が多いのでちょっと高めのスイーツなどもおすすめなプレゼントですね、

●洋服

お父さんに贈るプレゼントで洋服も定番。ポロシャツなどは特に贈る側ももらう側も失敗がないアイテムだと思います。また、家でくつろぐ時に着られるスウェットや甚平なんかも喜ばれると思いますよ!

●財布や時計

男の人はお財布ってけっこう古くなってても使い続けてる人が多いですよね。お父さんのお財布をチェックしてみて!もしも古くなっているみたいならお父さんのためにちょっと高めのお財布をプレゼントしたらきっと喜んでくれるはずですよ!

そして時計は定番ではあるんですが、ちょっとお値段が張ってしまうのでそれなりの予算を考えている人や、兄弟でお金を出し合ってプレゼントしたりする場合におすすめなアイテムです。

●趣味のもの

例えばゴルフが好きなお父さんには少しグレードの高いゴルフグッズとか、野球をやっているお父さんには野球グッズなど、お父さんの趣味に使うグッズをプレゼントすると喜んでもらえます。

●手紙

普段、お父さんに感謝の気持ちを伝えることってなかなかないと思います。なので、父の日に感謝の気持ちを綴った手紙を贈るとお父さんの涙腺がヤバいことになっちゃうかもしれないですよ!ちょっとしたプレゼントに添えるのもかなり効果的!お父さんは品物が欲しいんじゃなくって子供の「気持ち」が一番嬉しいんじゃないかと思います(^^)

●バラの花

母の日にはカーネーションが定番ですが、父の日に花を贈るって知らない人が多いんじゃないでしょうか。実は私も父の日に花を贈るっていまいちピンと来ない感じなんですが、先にお話しした父の日の提唱者、アメリカのジョン・ブルース・ドット夫人(ソノラ・スマート・ドット)が父の日に亡き父・ウィリアムの墓前に白いバラを供えたことから「父の日にはバラの花」というのが定番になったようです。

そしてバラの花の色も、父親が亡くなっている場合には白いバラ、存命している場合には赤いバラを贈るという習慣ができたんだそうです。

バラの花言葉⇒「愛、美、清新、幸福」

白いバラの花言葉⇒「純白、尊敬、清純、無邪気」

赤いバラの花言葉⇒「愛情、情熱、美、あなたを愛してます」

という感じで花言葉を意識してお父さんに贈ってみて下さい。花言葉、かなり女子力高いのでちょっと恥ずかしいですが一応、父の日に贈る花の定番はバラの花ということで。

バラの花はそれぞれの色が持つ花言葉があるので赤や白以外の色のバラを花言葉を見て贈るのも素敵ですね。

黄色のバラの花言葉⇒「友情、献身、可憐、美、さわやか」

ピンク色のバラの花言葉⇒「上品、気品、温かい心、満足、輝かしい」

青色のバラの花言葉⇒「奇跡、夢叶う、神の祝福」

紫色のバラの花言葉⇒「尊敬、誇り、気品、上品、王座」

オレンジ色のバラの花言葉⇒「信頼、絆、魅惑」

お父さんにバラの花はちょっと気恥ずかしくて贈れないな〜!という方に、バラの花の他にもおすすめな花をご紹介しておきましょう。

●ひまわりの花

バラの花の次に父の日のプレゼントといて人気の花です。ひまわりの花言葉は「情熱、輝き、あこがれ、熱愛、愛慕、光輝」など。夏のイメージが強いひまわりは明るい印象でお父さんにぴったりなんじゃないでしょうか。バラの花に比べたらハードルも低いと思います(^^)

●ランの花

ランの花と聞いて思い浮かぶのは胡蝶蘭やカトレア、シンビジウムなどではないでしようか。胡蝶蘭やカトレア、シンビジウムなどはポピュラーでさまざまな種類が出回っているのでプレゼントにおすすめです。何よりもランの花の魅力は長く楽しめるということです。翌年、咲かせるのが難しいという認識が一般的ですが、大切に育てて翌年キレイに咲かせるのも楽しみの一つではありますよね。

●ゆりの花

ゆりの花はゴージャスでステキなプレゼントになるのは間違いないですね。香りもかなり強いのでもしかしたら好き嫌いがあるかもしれませんがゴージャス感たっぷりです。花言葉は「無垢、純潔、威厳、子の愛」ということで父の日のプレゼントに贈るにはぴったりなんじゃないでしょうか。

定番だけどお父さんに贈ると喜んでもらえるプレゼント。いかがでしょうか。参考にしてみて下さいね!

父の日に贈りたい変わったプレゼントは?

毎年父の日に贈るプレゼントが定番でマンネリ化しちゃってるから今年は今までとは違う変わったプレゼントでお父さんをびっくりさせたい!なんて思っている人のために、ここからはサプライズな変わったプレゼントやお父さんの胸にグッと迫るような変わったプレゼントをご紹介していきたいと思います。

ただでさえ可愛い子供からプレゼントをもらうなんてウルウルしちゃうのに、そのプレゼントが絶対に自分では買わないような変わったプレゼントだったりしたらお父さんは嬉し過ぎて有頂天になっちゃいますね(笑)

●食事あるいは飲みに行く

普段、お父さんを誘って飲みに行くとか食事に行くとかあんまりしない人も多いと思います。もしも娘さんならお父さんとデート気分で少し高級なレストランに出かけてもいいかもしれませんね♪息子さんなら、お父さんを誘って居酒屋に行ってみては?世の中のお父さんは息子が生まれた時に「この子が大人になったら酒を酌み交わそう!」なんて願いを持つお父さんも多いでしょう。お父さんと水入らずのステキなひと時を過ごしたら品物をもらうよりも貴重なプレゼントになることは間違いないです。(もちろん子供たちのおごりです。)

プレゼントを決めかねているのなら、たまにはいつもとは違うこんな変わったプレゼントもステキですよね♪

●名入れ食器

今は名入れで色々なプレゼントができるようになっていますよね。ビールやワインを好むお父さんなら名入れのビアグラスやワイングラスなんて変わっていてオシャレじゃないでしょうか。

また、お茶碗やお皿などを手作りして贈るのもお父さんが喜ぶ変わったプレゼントですよね♪

食器はおうちで使えることもあり、周りの目を気にせずに使えるところも嬉しい贈り物ですね、しかも名入れで手作りだったりしたらお父さんのためだけの世界でひとつのプレゼントなのでおすすめです(^^)

●デジタルフォトフレーム

子供たちの小さい頃の写真など想い出が詰まった写真や、孫の写真などをフォトフレームにして贈るのも変わっていておすすめです。子供たちの小さい頃の写真なんかはわざわざアルバムを開かないと見れないのでなかなか見ることが少ないはずですよね。そんな昔の写真もフォトフレームにすればお父さんの枕元やオフィスのデスクに置いていつでも見られるのできっと喜んでくれると思いますよ。

●旅行

ちょっと奮発して近場でもいいので温泉旅行なんかに誘ってみるのもおすすめです。子供から旅行をプレゼントされるなんてお父さんは思ってもいないことだと思うのでたまにはこんな変わったサプライズも嬉しいはずです。きっと一生忘れられない思い出の父の日になると思います。

●月の土地

父の日のプレゼントに「月の土地」!

こんなの本当にびっくりな変わったプレゼントですよね。

でも本当にこんな変わったプレゼントがあるんだそうですよ!

「うそでしょ〜。」と思ってしまうかもしれませんが、実際に月の土地を購入して権利書がもらえるんだそうです。

実際に日本国内でもすでに15万人の人が月の土地を購入しているんだそうです。

父の日に他の人と同じプレゼントはしたくない!

とにかく変わったプレゼントをしてお父さんを喜ばせたい!

なんて思っている人にはおすすめのプレゼントです。

月の土地をプレゼントするって、変わったプレゼントというだけじゃなくってなんだかとってもロマンティックですよね〜。

でも土地・・・しかも月の土地なんてめっちゃ高いんじゃない?!なんて不安になってしまいますが、これもまた驚いたことに月の土地のお値段はなんと2700円(税・送料無料)から買えるんだそう!

変わったプレゼントなうえにお手頃価格、そしてロマンティックなんて贈られたお父さんもびっくりですよ!まさか自分が月の土地のオーナーになれるなんて!お父さん大喜びですよー!

いかがでしたか?みなさんのお父さんに贈るプレゼント選びの参考になったでしょうか?

父の日は母の日と比べると世間の認知度や浸透率がかなり低いように思います。家のことや家族の世話をしてくれるのはつねにお母さん、お父さんはいつも仕事で家を留守にしていてあまり目立たない存在。たぶんそんなところからどうしてもお母さんに感謝する日の方が認知度も高いですし盛り上がるんだと思いますが、やはりお父さんがいなかったら今の自分は存在しなかったわけですし、お父さんがせっせと働いて家族を養ってくれるから学校も行けるしごはんも食べられる、欲しい物も買ってもらえる・・・何よりいつも家族のことを守ってくれているんですからぜひ父の日には日頃の感謝と労いの気持ちをお父さんに伝えてあげて欲しいと思います。

最近では母の日ほどではないけれど、父の日がクローズアップされるようにもなってきましたよね。父の日に向けたプレゼントもデパートなどでたくさん売り出されるようになっています。変わったプレゼントを考えるている人には向かないかもしれませんが、それを利用するのも定番で失敗がなくていい手かもしれないですね。

お父さんに何をプレゼントしよう・・・なんてものすごく悩んでしまうかもしれませんが実はお父さんは可愛い子供にプレゼントされたものなら何でも嬉しいし感激しちゃうんじゃないでしょうか(^^)

今回は父の日に向けて、定番で喜ばれるプレゼントや変わったプレゼントについてお届けしました!

スポンサードリンク



管理人

image

初めまして!咲耶です。

いつの頃からかスピリチュアルに興味を持ち、どこかに出かけた時にはパワースポットと言われている所に立ち寄ったり、

続きはこちらから・・・

人気ブログランキング

アンケート

ページ上部へ戻る