有栖川宮事件のその後と坂本晴美の現在は?

皇室見聞録管理人の咲耶です!

本日のテーマは「有栖川宮事件のその後と坂本晴美の現在は?」です。

ずいぶん昔に有栖川宮という皇族の名前を語った事件が話題になったことを覚えていますか?

「あー、そういえばそんなことがあったような気がするな・・・」

となんとなく記憶にある人も多いでしょう。


当時、かなり話題になりましたが、あの犯人の坂本晴美は現在はどうなっているのかその後を探ってみたいと思います。

有栖川宮事件とは?その後は?

そもそも有栖川宮事件って何?と思った方も多いでしょう。

ちなみに私もその一人です。ずいぶん昔にこんなことがあったのは記憶の片隅にあるような気がしますが、当時はそんなことには全く興味がなかったため詳しいことは何も知りません。

なので詳しく見ていくと、2003年有栖川宮という宮家の名前を語って多くの人からお金をだまし取った詐欺事件です。

宮家ということは皇族になるんですが、皇室のことは現在でも色々とわからないことがたくさんあるのでそう言われると信じてしまいますよね。

事件の詳細は、有栖川家の継承者として有栖川識仁と名乗るニセ皇族が妻の坂本晴美と結婚披露宴を行い、ここに約400人もの人を招き祝儀をだまし取ったというものでした。

この時に送った招待状は驚きの2000通!

あまり良く知らない人でも一度会っただけの人でもとにかく誰にでも送ったという感じなのかもしれませんが、皇族の名を語っていれば信じてしまうし出席する人も多くて当たり前ですよねー。

有栖川識仁を名乗る新郎を「宮さま」と呼んでいたのは妃殿下と言われていた坂本晴美。

式場には「謁見の間」というのが用意されていて、ここにご挨拶に訪れると衣冠束帯の新郎と十二単を身を包んだ妃殿下役の坂本晴美が。そして挨拶を済ませてその後に殿下と妃殿下・坂本晴美とともに記念写真を撮るんだそう。しかも一回一万円という費用を取って撮影していたんだそうですよ!

ですが新婦が着ていた十二単はド派手なピンクでいかにもピラッピラのナイロンっぽい素材だったとか。

皇室の結婚式では皇太子妃雅子様や秋篠宮妃紀子様の時のように新婦が十二単を着る習慣がありますが、本物の十二単は衣を何重にも重ねて着用するためものすごく重たいそう。本物の高級な着物を重ねれば重くて当たり前ですが皇族が着用するのにナイロンでピラッピラなんてあり得ないですよね。

怪し過ぎるとは思っても、やはり有栖川宮と宮家を名乗っているだけあってたくさんの人がこれに騙されてしまったというわけなんですね。

有栖川を名乗った二人はこのニセ結婚披露宴で総額1350万円もの大金を騙し取ったということです。

ここでは写真撮影のほかにもグッズが売られていたり、皇族の結婚披露宴にしてはかなり胡散臭さが滲み出ていたようです。

ですが怪しすぎる男女なのにこんなに多くの人が騙されてしまったのは皇室という謎が多い世界の人物だったからなのかもしれません。

そもそも、現在の日本に宮家というものがどのくらい存在していてかつてはどんな皇族がいたのかということをしっかり認識している人は少なく、皇族を名乗って詐欺を働くなどという畏れ多いことをしでかす人間がいるとは思わないでしょうから、有栖川宮だと言われればそういう宮家があるのかと思ってしまいますよね。

こんなことから被害にあった人数が多くなった理由でしょう。

有栖川宮家は昔、実際に存在していて江戸時代から大正時代まで続いた宮家です。

ですが大正2年に最後の当主の威仁親王の薨去により系統が断絶。その後は未亡人が宮家を守っていましたが、大正12年に未亡人も薨去したためその一年祭をもって断絶。

現在でも東京都港区に御用地だった場所に造られた有栖川宮記念公園があります。

全く存在すらしていない架空の名前をでっち上げたとしたら信じる人はいなかったはずですが、有栖川宮というのは実在していたことで胡散臭さを漂わせながらも宮さまのご招待だからなー・・・と出席した人もいるでしょうね。

本当の有栖川宮はその後断絶しているということは知っている人も少ないでしょうから騙されるのもわかる気がします。

ニセ皇族を装った男は自分のことを高松宮さまのご落胤、つまり隠し子で有栖川家の祭祀を継いでいくように言われたと話していたそう。

こんな大それた嘘を語ってバレないはずがないと思いますが、この披露宴をテレビで見た人が警察に通報して事件は発覚します。

宮さまになりきった犯人は北野康行、妃殿下になりきった坂本晴美は逮捕されてからその後の2006年に懲役2年2ヶ月の実刑判決が下りました。

宮家というのはどんな意味なのかというと皇位継承権を持っている人が当主になっている皇族の家庭のことです。

男性皇族が結婚などのため独立する際に天皇から賜るのが宮号で、近年では礼宮親王殿下が結婚されて秋篠宮という宮号を賜ったことがこれにあたります。

現在、存続しているのは秋篠宮、常陸宮、三笠宮、高円宮の4つですが戦前には11もの宮家が存続していました。戦争に負けたことでGHQの強制で皇籍を離脱することになったそう。

ここで皇籍離脱を余儀なくされたのは伏見家、閑院家、久邇家、山階家、北白川家、梨本家、賀陽家、東伏見家、朝香家、竹田家、東久邇家。

これらを総称して旧皇族と言います。

明治天皇の玄孫としてテレビによく出ている竹田恒泰はこの中の竹田家の子孫ということになります。

有栖川宮は宮家を存続させるために必要な後嗣を早くに亡くし代10代威仁親王を最後に系統が断絶してしまいました。

皇室では皇族の養子縁組は認められていないためここで完全に断絶が確定したわけですが大正天皇が第10代威仁天皇を含め父や兄の功労を称え特別にご自分の第3皇子である宜仁親王に将来、有栖川宮の祭祀を受け継がせることにしたんだそう。

宜仁親王というのは昭和天皇の弟で、後に宮号を「高松宮」となります。

高松宮様と聞けばわかる人も多いでしょうね!

有名なところでは競馬の「高松宮記念」などはよく耳にしますからね。

あの高松宮家が断絶してしまった有栖川宮の祭祀と邸宅などの財産を引き継いだ宮家になるわけです。

ちなみに宜仁親王には昭和天皇のほかにご兄弟は秩父宮様、三笠宮様がおられますが、昭和天皇と三笠宮様にはお子様に恵まれましたが秩父宮様と高松宮様にはお子様がいないということで宜仁親王で血筋は途絶えてしまいました。

こうしてみていくといかに由緒ある家柄かというのがわかると思いますが、犯人の二人は畏れ多くもご落胤を名乗るなんて失礼にもほどがありますね!



有栖川宮事件で被害にあった芸能人は?

この有栖川宮の結婚披露宴には約400人の出席者がいましたがこの中には芸能人も含まれていたそう。

一度会っただけの人やあまり知らない人でもツテをたどって招待状を送りまくっていたから芸能人・著名人も多く出席したんですねー。

情報によると新婦になりきっていた坂本晴美はビジネスウーマンで知られていたと。なので例えばパーティーなどに参加して名刺交換しただけで特別知り合いじゃなくても招待状を送っていたんじゃないでしょうか。

あまり知らない人に結婚披露宴に招待されても正直困ってしまうと思いますが、やはり皇室の名前を語っているので芸能人の皆さんも出席された人がいるんじゃないかと思います。

被害にあった方には石田純一さんやエスパー伊東さん、デーブスペクターの奥さまなどがいたそう。ダイアモンド☆ユカイさんも出席していたそうですが、彼の場合には有栖川宮の結婚披露宴で音楽担当として出席したためギャラが発生する仕事で参加したということです。この時のギャラは25万円で披露宴が終了し、その後出演料を受け取りに行くと、部屋にはお札が散乱していたそう。

この時ダイアモンド☆ユカイさんは「ヤバいことに巻き込まれた」と感じたということですが、披露宴そのものもかなり怪しげな雰囲気満載だったと他の出席者も話していました。

詐欺とは知らずに出席してしまった石田純一さんはラジオ局のプロデューサーに紹介されたことで参加するはめになったそうですが、なんと披露宴の中でスピーチまでして一人一人に挨拶回りまで。

「こんな名誉な席にお招きいただき・・・」とほんの数分のスピーチだったようですが、石田純一さんにしてみれば皇族の結婚披露宴に招待されたわけですから、これがもし本当なら超ラッキー♪♪と思ってうのも当然ですよね。

石田さんご本人はあまり知らない坂本晴美の披露宴に参加したことを軽率だったとおっしゃっていましたが、一般人の私からするとあまり知らない人の結婚式に出るということがそもそもあり得ない話ですが芸能人の皆さんはその後のつながりなども考慮してパーティーなどでちょっと挨拶した程度の人でも招待されたら出席するのかもしれませんね。

しかもこの結婚式は宮家を語っていますから、新郎新婦をあまり知らなくても出ておけばその後の自分の仕事にもプラスに働くと思ってしまうかもしれませんね。

お笑いタレントとして売り出し中のエスパー伊東も出席し、その時の様子を話していますが奇妙な感じだったそう。さらに彼自身は祝儀を3万円包んだそうですが、参加者はほとんどが3万円でしたが多い人では30万円も包んだようですよ!

まあ、相手が宮さまですからいくら包んだらいいか悩むところでしょうね〜。しかも知らない人ですからね。

坂本晴美の現在は?

この詐欺事件で逮捕された北野康行と坂本晴美はその後2006年に懲役2年2ヶ月の判決を言い渡されましたが、現在はすでに出所し京都に住んでいる様子。

この詐欺事件では結局、これを企画した楠信也と取り分を巡って揉めていたとも言われています。

さらに当初予定していたのは招待状を2000人に送り出席者は600人、祝儀は一人5万円と計算していたところが大幅に人数も金額も下回ったため想定外に赤字だった可能性がありますね。

そもそもこの事件は北野康行がリードしていたように思ってしまいますが実際には新婦役の坂本晴美がリードしていたということです。

彼女の性格はもともと派手好きで目立ちたがり屋。

熊本出身の坂本晴美は美人で若い頃にはミス・インターナショナル熊本地区予選大会では準ミスに選ばれたこともあるそう。

ですが自己中な上昇志向の持ち主(わがままとも言う)で結婚離婚を繰り返し「自称」アナウンサーやモデルなど数々の「自称」なんちゃらの持ち主らしい。どうやら最初の旦那さんとの間に生まれた子供も二人いるということです。

化粧品のセールスで月収500万とか言っていたようですが、銀座でホステスをしていた時もあったと。このホステス時代にその後、皇室を語った詐欺事件を起こす北野康行と知り合い現在に至るということですが、なんとこの二人は出所してからでもまたしても「有栖川」を名乗り政治団体を設立したとか。懲りない面々ですね〜。

坂本晴美は出所してからも北野康行と二人で週刊誌の取材を受けているんですが、ここで彼女は北野康行と現在もラブラブアピールしていたり、なぜかセミヌードを披露したりしていたということですが、確かに美人なのは間違いないんですがあまりにと「私って美しいでしょー!」「私を見て見てーーっ」アピールが凄すぎると逆にマイナスになる気がしますが・・・。

咲耶の感想

この皇族の名前を語った事件は先日のテレビでもやっていましたが、皇室の結婚式のわりには料理や引き出物がショボいバームクーヘンとかだったようですね。

ドレスコードがあるわりには食事は立食形式で、タレントでもなんでもない新郎新婦のブロマイドとか売っていたそう。

そもそもここからしておかしいですよね。旧皇族の方たちは自分のブロマイドなんて売らないですし・・・。

ですが、皇室に関係する宮家から招待状が届いたりしたら「おぉー!宮さまから招待状だー!行く行くーー♪」と思ってしまう気持ちもわかるような気がします(笑)

ただし、私のような一般人は知らない人から招待状が届くことじたいおかしいし、怪しいと思ってしまいますよ。結婚披露宴に出席するというのはよほど仲良しの友人や親戚、職場関係の人ですから、もしもちょっと会ったことがある程度の人から招待状が来たとしてもお断りするでしょう。

なぜかって、ちょっと知り合い程度の人なのに披露宴なんて行ったらそれなりの祝儀は包まなきゃならないし、女性は着て行く服も困りますよね。

衣装持ちの人なら問題ないかもしれませんが私のように洋服をあまり持っていないとわざわざそのために買うはめになっちゃいます。

服を買うとそれに会ったバックから小物から靴など何から何まで全て用意しなきゃならなくなるんです。

ちょっと知り合い程度にこれはめちゃめちゃめんどくさいですよね・・・。出費もすごいし。

パーティー好きな人ならわかりませんが、普通はお断り確実でしょうね。

その前に、ちょっと知り合い程度の人から招待状が来たら「なんで私??」と思ってしまいます。

そしてこの事件の犯人たちのその後がどうなっているかというとこの二人は現在も有栖川を名乗っているようです。

坂本晴美はもともと注目されたい女性のようですからほんの一瞬でもマスコミの目が自分に集まったことはこの上ない喜びだったかもしれませんね。

同じ女の私から見てもセルフプロデュースがかなりすごい人なんだなーという感じがしますよね。逮捕された後の現在でもセミヌードを披露してしまうくらいですから。

私の身近にこんな女性がいたらそばに寄らないでもらいたい、かんべんしてほしい、関わり合いになりたくないと思ってしまう感じですが変なポジティブ思考で悪びれないところはさすがだと感心してしまいますよね。

ということで今回は「有栖川宮事件のその後と坂本晴美の現在は?」でお伝えしました。


関連記事

管理人

image

初めまして!咲耶です。

いつの頃からかスピリチュアルに興味を持ち、どこかに出かけた時にはパワースポットと言われている所に立ち寄ったり、

続きはこちらから・・・

人気ブログランキング

アンケート

ページ上部へ戻る