温泉で癒され恋愛も叶えられるパワースポット

皇室見聞録管理人の咲耶です!

全国には恋愛に高いご利益があるパワースポットはたくさんありますが、その中には温泉地に存在する恋愛パワースポットがいくつかあるんです。温泉につかって日頃の疲れをとりながら恋の願いも叶っちゃうなんて、これほどお得感たっぷりなことってないと思いませんか?!

スポンサードリンク



さらに、温泉の美肌効果でお肌つるっつる!!女子力までアップできちゃうんですよ!温泉好きの人にはたまらなく魅力的な情報じゃないですか!

今はまだ恋が叶っていない人は恋愛運アップのために。

素敵なパートナーと巡りあえた人は大切な人との愛がより深まるように。

温泉旅行を兼ねた恋愛パワースポット巡りをしてみてくださいね!

温泉地にたくさんの恋愛成就のパワースポット

image

古刹が集まる信州最古の温泉地、長野の別所温泉には数多くの恋愛に関係するパワースポットが点在しているんです。

信州の鎌倉とも呼ばれ1400年前に開湯したと伝わる歴史ある温泉地には重要文化財に指定されている古刹が数多く残ります。伝説では日本武尊の東征折りに発見され、7か所に温泉を開き「七苦難の温泉」と名付けたことから「七久里の湯」とも呼ばれるそう。ゆっくり時間をかけて、たくさんのパワースポットをまわって恋愛運をアップさせましょう♪

北向観音堂

平安時代初期、天長2年(825年)に比叡山延暦寺座主慈覚大師円仁により開創された霊場。本堂が北向になっているのは大変珍しいそうです。この北向観音堂の境内に恋愛のパワースポットが存在しています。

愛染明王(愛染堂)

北向観音堂の境内にある愛染堂には「愛染明王」が安置されている恋愛パワースポット。愛染明王は煩悩を悟りに変えて菩提心に導いてくれるといわれている仏様です。梵名は「ラーガ・ラージャ」といい、その顔はとても怖い形相をされています。それは、衆生済度のため、諸々の悪者を追い返すためであり、本当はとても優しい仏様です。

愛敬(あいきょう)開運を授けていただけるご利益があり、「愛染」=「藍に染める」という言葉から染物、アパレル関係者の信仰が篤い。また、愛敬をアップさせて人気を祈願する芸能人、商売繁盛を願う商人、企業家、出世を望むサラリーマン、健康を祈る人、受験の成就とあらゆる方々から信仰されています。

愛染明王の霊験は無病息災・増益・敬愛・幸福・延命ですが、特に恋愛成就や結婚成就、夫婦円満には仏教神の中では最強で最高の仏様といわれています。

手に持った弓と矢で愛のキューピットのように人と人、心と心を結びつけてくれる仏様です。

縁結びの木・愛染カツラ

さらに北向観音堂の境内にある樹齢1200年の愛染カツラは縁結びの霊木として恋愛成就にご利益があるとして若い人たちに人気があります。昭和14年に長野県の天然記念物に指定されています。

夫婦円満の木・夫婦杉

北向観音堂境内にある、根元から二股に分かれた杉の木が仲良く並んでたっています。この夫婦杉は夫婦円満のご利益があります。

別所神社

古くから「熊野社」といわれていた。紀州の熊野本宮大社から分祀されたといわれています。それ以来、ずっと熊野社でしたが明治11年(1878年)に別所神社に改められました。

別所神社の祠には男石、女石、子種石が祀られていることから古くから恋愛・縁結びのパワースポットとなっています。

愛染橋(あいそめばし)

昔、湯治客が病気の快癒を祈願し、待ち人がくるのを願ったといわれる橋です。この橋をカップルで出を繋いで渡ると結ばれるという言い伝えがあります。ですが、途中で手を離すのはダメなんだそう。

夫婦道祖神

自然石を円形に削り、その中に男神と女神が刻まれているとても珍しい道祖神。

男神は衣冠束帯、女神は十二単衣の服装をし、互いに肩を抱き、女神が男神の手を握るという微笑ましい姿の道祖神は家庭円満・子宝の神として信仰され、また、恋愛・縁結びの神としても人気があり、遠方から多くの人が訪れるパワースポットです。

湯かけ地蔵

お地蔵さまにお湯をかけて恋愛祈願してみましょう(^^)

この地に住む春蔵という者が日蓮大聖人の流刑の地・佐渡の沼地を通りかかると「泥の中に長くまみれているので信濃の湯につかりたい。きれいに身を清められたらあなたの願いを叶えてあげます。」というお告げにより沼の泥の中から一体の地蔵尊を取り出し、信濃に帰り別所の湯にいれました。それから春蔵は美しい女性と結ばれて子宝にも恵まれ幸せになったという言い伝えがあるんだそうです。

これにあやかって、湯かけ地蔵は恋愛・縁結びのご利益があるパワースポットとされています。

スポンサードリンク



温泉にも恋愛のパワースポットとなる由来が!

別所温泉にはいつでも気軽に入浴できる外湯が3つあります。その外湯にも恋愛のパワースポットとなる言い伝えがあるんです。

真田幸村隠しの湯「石湯」

大河小説「真田太平記」に登場する。真田幸村が女忍者のお江(こう)と出会い結ばれるのが別所の岩の間から湧き出す温泉の白い湯気の中だったそうです。

石湯の前に建つ「真田幸村公隠し湯」の票石は真田太平記の作者、池波正太郎氏の筆なんだそう。

慈覚大師ゆかりの湯「大師湯(だいしゆ)」

比叡山延暦寺の座主・円仁慈覚大師が好んで入浴したことから「大師湯」と名付けられました。

昔、矢傷を負った雉子(きじ)が湯あみして傷を癒したので「雉子湯」と呼んだこともあるそうです。

重要文化財である木像が夜な夜な入浴されるので、尊貴を恐れた村人が木像の目玉を抜き取ったという伝説もこの大師湯にまつわる伝説です。

木曽義仲ゆかりの「葵の湯」・北条氏ゆかりの湯「大湯」

木曽義仲が愛妾だった葵の御前としばしば入浴していたことから「葵の湯」と呼ばれていました。

その後、北条義政が浴室を建てたことから北条湯と呼ばれていましたが、湧き出るお湯の量の多さからのちに「大湯」と改められました。

外湯のほかにも足湯があるので歩き疲れたら足湯で疲れをほぐしてリフレッシュするのもいいですね〜♪

伊豆修善寺温泉にも恋愛成就のパワースポット

空海(弘法大師)が、桂川で病気の父親の体を洗う少年の親孝行に関心し、川の水では冷たいだろうと手に持っていた独鈷杵で川中の岩を打ち砕き、霊泉を噴出させました。そして、弘法大師が温泉が疾病に効くと説き、父子は長年の病気を時間を置かずに完治させることができ、これが修善寺温泉の始まりという伝説が残る伊豆最古の修善寺温泉の独鈷の湯(とっこのゆ)。

その独鈷の湯がある温泉場の中心部を流れる桂川。この川に架かる5つの橋には5つの恋愛の言い伝えがあり、5つ全ての橋に願いをかけながら渡ると恋が実る「恋の橋めぐり」という恋愛パワースポットがあるんです。

渡月橋(とげつばし)・・・別名:みそめ橋

虎渓橋(こけいばし)・・・別名:あこがれ橋

桂橋(かつらばし)・・・別名:結ばれ橋

楓橋(かえでばし)・・・別名:寄り添い橋

滝下橋(たきしたばし)・・・別名:安らぎ橋

この5つの橋を渡り古刹修禅寺でお参りすれば、片思いで苦しい思いをしている人は、大好きな人を想いが通じ、恋する二人で渡るとその人と固く結ばれ、恋が成就すると伝えられているそうです。

新歌舞伎「修善寺物語」で将軍源頼家と、頼家が面作りを頼んだ職人の娘、桂が愛を育んだのがこの修善寺です。

恋人と一緒に温泉旅行に訪れれば、恋愛のパワーを存分にチャージができ、二人の愛がそれまでよりもさらに深く結ばれることは間違いないですね!

そして、今はまだ恋人がいない人や未来のパートナーとの出会いを心待ちにしている人は温泉で美人になりながら、さらに恋愛パワースポットで恋愛運もアップできちゃうなんて一石二鳥!温泉はお湯に浸かってもよし!飲んでもよし!お肌つるっつる!恋愛パワースポットで心も体もほっこりしちゃってくださいね(^_-)

こちらの記事もおすすめです!

恋が叶う?!恋愛パワースポットや待ち受け画像で奇跡は起きる?

スポンサードリンク



関連記事

管理人

image

初めまして!咲耶です。

いつの頃からかスピリチュアルに興味を持ち、どこかに出かけた時にはパワースポットと言われている所に立ち寄ったり、

続きはこちらから・・・

人気ブログランキング

アンケート

ページ上部へ戻る