魅惑の伊豆!源頼朝・北条政子が愛を結んだ恋愛パワースポットなど

皇室見聞録管理人の咲耶です!

静岡でも人気の観光地・伊豆。カップルのデートコースにもおすすめなロマンティックなスポットがたくさんありますが、ここにも恋愛にものすごく効果が高いパワースポットがあるって知ってましたか?もしかしてこれから恋愛に発展しそうな予感がする人と、あるいは密かに心ときめく人と、ドライブしながらこっそり恋の成就を祈願する…なんていかがでしょう(≧∇≦)

スポンサードリンク



ムード満点のデートスポットで、たくさんのカップルのラブオーラに便乗してあなたの恋も叶っちゃうかもしれないですよ!

【東伊豆】熱海・河津で恋愛パワースポットここ!

image

伊豆山神社(いずさんじんじゃ)

鎌倉幕府の初代将軍・源頼朝と、妻・北条政子が愛を育み結ばれた場所として有名な伊豆・熱海にある「伊豆山神社」。創建は定かではないそうですが、県内では一番古く、第16代仁徳天皇、第22代清寧天皇、第30代敏達天皇、第33代推古天皇、第36代孝徳天皇、第105代後奈良天皇の六朝の天皇の勅願所となっていました。

ご祭神

●天忍穂耳尊(あめのおしほみみのみこと)

●拷幡千千姫尊(たくはたちぢひめのみこと)

●瓊々杵尊(ににぎのみこと)

伊豆国に配流になった源頼朝は源氏復興を伊豆山神社に祈願し、心願成就し鎌倉幕府を開いた後は箱根神社とともに幕府最高の崇敬社とし、関八州総鎮護としました。

明治維新以前の神仏習合時代には修験道の始祖とされる役小角や空海(弘法大師)など多くの仏教者や修験者が修行を積んだ東海第一の霊場として有名でした。

伊豆山神社のシンボル「赤白ニ龍(せきびゃくにりゅう)」は地下にニ龍が潜んでいるという伝説から赤は火、白は水を現し、火と水の力で伊豆山の温泉を作り出している温泉の守護神とされています。また、赤が母親、白が父親を現し恋愛、縁結びや夫婦和合、家内安全の象徴とされ「結び龍」ともよぶんだそうです。このニ龍がデザインされたお守りが恋愛成就にご利益があると人気なんだそう。

伊豆山神社が恋愛パワースポットとして知られるのは、源頼朝が平治の乱で伊豆に配流されていた時に、伊豆の豪族(お金持ち)北条氏の娘の北条政子と出会い、伊豆山神社で逢瀬を重ね結ばれた場所で、恋愛や縁結びに強力なパワーがあると現在も大変人気のあるスポットです。

豪族の娘が父親に配流されてきた頼朝との恋を大反対されながらも反対をはねのけ、全てを捨てて駆け落ちしてまで愛を育み実らせ、その頼朝が鎌倉幕府を開き、のちに北条氏の栄華につながったのですから北条政子は男性を見る目があったんでしょうね!

境内にある梛(なぎ)の木の葉は、北条政子が鏡の下に敷き源頼朝との愛を祈ったと伝えられていて、この梛の葉を鏡の下やコンパクトに入れておくと大好きな人と結ばれると言い伝えられています。また、社殿には頼朝と政子が腰を掛けたという「腰掛石」があります。この石に頼朝と政子は腰掛け、来る日も来る日も語り合い愛を確かめ合ったんでしょうね。北条政子の愛する人を想う強い想いが時を超えて今、恋愛パワースポットとして恋に悩む人たちにパワーを与えてくれているのかもしれません。ちなみに、この神社の朱塗りの鳥居は女優の小泉今日子さんが寄贈したものなんだそうです。

来宮神社(きのみやじんじゃ)

静岡の伊豆方面で強力なパワースポットとして有名な「来宮神社」は山の気と水の気の両方を持つ日本屈指のパワースポットの一つと言われています。

近年のパワースポットブームで、よくテレビや雑誌などに紹介され有名になってご利益を求めて休日などは多くの人が訪れています。来宮神社は「来宮大明神」と呼ばれ来福・縁起の神様として昔から人々に信仰されています。

ご祭神

●大己貴命(おおなむちのみこと)

●五十猛命(いたけるのみこと)

●日本武尊(やまとたけるのみこと)

創建は定かではないようですが、710年に漁師が3度も網にかかった木の根を不思議に思い引き揚げると神像のようだったので近くの松の木の下にお祀りしたところ、夢に五十猛命が現れご神託があったので現在地に遷祀し、木の根をご神体としたところから「木の宮」と称されたという。

ご祭神である大己貴命は恋愛・縁結びの神様として有名で、特に恋愛成就・縁結びに強いご利益があると伝えられています。

また、酒絶ちの神様や商売繁盛の神様もお祀りされ、これらのご利益を授かろうと多くの参拝者が訪れるそう。

この来宮神社で一番有名なパワースポットは天然記念物にもなっている樹齢2000年のご神木・大楠。この大楠は樹齢が長いだけじゃないんです。その大きさと言ったら圧巻で、周径24メートルもあり、日本で二番目に大きな木なんです。

この大楠には神が宿っていると伝えられ『大楠の周りを一周すると寿命が一年延びる』とか『願い事を誰にも言わず、願いが叶うことを願いながら大楠を一周すると願いが叶う』などと言われています。恋愛成就をお願いしたら、この大楠のパワーと恋愛の神様のパワーできっと叶えてもらえるんじゃないでしょうか!

河津七滝

伊豆の天城山麓、河津川上流にある「河津七滝(かわづななだる)」。その昔、地元で滝のことを「水が垂れる」という意味で「垂水(たるみ)」と呼んでいたことから、滝のことを「だる」と言い、七滝を「ななだる」と呼んでいるそうです。

河津川上流から下流に向かって7つの滝があり、これを総称して『河津七滝』と呼ばれています。

●出合い滝(弁財天)…恋愛するならここ!

●カニ滝(布袋様)…渓流の中にたたずむ滝。

●初景滝(寿老人)…記念写真の人気スポット。

●蛇滝(福禄寿)…滝の周りの玄武岩が蛇のウロコのようなのでこの名前がつけられた。

●エビ滝(恵比寿)…滝の流れがエビのシッポに似ていることから名付けられた。

●釜滝(毘沙門天)…滝壺が釜の底のようなダイナミックな滝。迫力満点!

●大滝(大黒天)…七滝の中で最も高い。全長30メートル、幅7メートル。

7つの滝にちなんだ七福神がそれぞれの滝にお祀りされていて、上流から6番目の「出合滝」が七滝の中の恋愛パワースポットです。河津川と支流の合流点にある滝で、2つの流れが出合い一つの流れになることから恋人の聖地として人気があるそう。

ここには恋愛成就の神様とされる「出合弁財天」の像が安置され、若い女性に人気のスポット。ハートの絵馬を奉納できるそうですよ!

七滝観光協会会員のお店でスタンプ台紙を購入して七福神めぐりをしてみてはいかがでしょう。

7つの滝を全て回ってスタンプを押すと「7つの災難が去り、7つの幸福がやってくる」というありがたい色紙が完成します。ちなみに私はそもそも滝を7つ見つけることすらできませんでした(^_^;)

また、河津は寒い冬に咲く「河津桜」が有名ですね!河津桜はピンクが濃く、とても可愛らしい花が長期間咲いて観光客を喜ばせてくれるんです♪まだどこにも桜が咲いていない時期にキレイな花を堪能できるとあって、毎年、河津桜まつりの間は人が押し寄せてすごいことになっています。車でお出かけ予定の方は渋滞覚悟でお出かけくださいねー!

スポンサードリンク



【南・中伊豆】自然豊かな下田・天城の恋愛パワースポット

白浜神社

伊豆で最古の神社という由緒ある「白浜神社」は2400年以上の歴史がある恋愛・縁結びのパワースポットです。

ご祭神

●主祭神:伊古奈比咩命(いこなひめのみこと)

三島大明神の后神。愛と知恵と美の女神。

●相殿:三島大明神(みしまだいみょうじん)

三島大社(伊豆国一宮)のご祭神。別名事代主命(ことしろぬしのみこと)。勇気と繁栄発展の男神。

●相殿:見目(みめ、見目大神)

恋愛・縁結び・芸能の女神。三島大明神の随神。

●相殿:若宮(わかみや、若宮大神)

知恵の繁栄よ男神。三島大明神の随神。

●剣の御子(つるぎのみこ)

勇気と武道の男神。三島大明神の随神。

その昔(2400年前)三島大明神が見目、若宮、剣の御子の3柱の神を連れやってきて、伊古奈比咩命を后に迎え、伊豆七島など10島を作ったとされている。その島々においた后神、御子神たちの社は現在も祀られている。

はじめに1日1晩で小さな島を作り初めての島なので「初島」。次に神々が集まり会議をする「島神集島(現在の神津島)」。次に大きな島の「大島」。次に海の塩を盛って作った「新島」。次にお供の神々の家を作る「三宅島」。次に三島大明神の蔵を置く「御蔵島」。次に沖の方に「沖ノ島」。次に小さな島「小島」。次に天狗の鼻のような「王鼻島」。そして10番目の島「十島(現在の利島)」をつくりました。こんな伝説も知っていると楽しいですよね♪

白浜神社の恋愛パワースポットとして知られているのは、三島大明神の随神・見目神が祀られている「見目弁財天」です。

この女神は三島大明神にお后を見つけて夫婦になったという由緒から、恋愛の神様、縁結びと芸能の女神とされているんです。別名「縁結神社」とも呼ばれてこちらでお願いすると恋愛が叶うといわれていてかなりの効果が期待できるパワースポットです!

龍宮窟(りゅうぐうくつ)

そして伊豆・下田でカップルのデートに超おすすめなラブモード全開の恋愛パワースポット「龍宮窟(りゅうぐうくつ)」は伊豆へ行ったら確実にコースに入れて欲しいスポットです!

龍宮窟は数百万年前の海底火山の噴出物が隆起し、波の浸食作用によって長い年月をかけてできた洞窟で、大型の海食洞の天井が崩れて直径50メートルほどの天窓が開いたもので、龍宮窟の天窓は伊豆各地にあるものの中で最大級になり伊豆ジオパークとして、また、静岡県「ふじのくにエンゼルパワースポット」に認定されています。

この龍宮窟を上から覗くとハート型に見えることからカップルがデートで行くとラブパワーがアップするとウワサでたくさんの人が訪れているんだそう。天窓の下から見た景色や、あらゆる角度からいろんな景色が見られ、とても神秘的な恋愛パワースポット。夜には天井から月明かりが差し込みさらにムード満点♡ぜひカップルで訪れてラブ度を上げていただきたいと思います!

【西伊豆】絶景!恋人の聖地で知られる恋愛パワースポット!

堂ヶ島・三四郎島

伊豆のデートコースにさらにおすすめしたい絶景ポイントは西伊豆・堂ヶ島!恋人たちの聖地にふさわしい観光エリアを全国から100カ所選ぶ「恋人の聖地プロジェクト」に全国で45カ所目に選ばれた恋愛パワースポット堂ヶ島。中でもおすすめなのは、遊覧船に乗って天窓洞や堂ヶ島に点在する小さな島々、奇岩を見学するコース。遊覧船で天窓洞の中に入るのでそれはそれは魅惑の世界が体験できます!

そしてさらにおすすめなスポットが「三四郎島」。伝兵衛島、中ノ島、沖ノ瀬島、高島からなる4つの島で、見る角度によって3つに見えたり4つに見えたりすることから三四郎島と呼ばれています。干潮時に幅30メートルの瀬が現れて伝兵衛島まで歩いて渡れる「トンボロ現象」という大変珍しい現象が起きるんです。

この島には「三四郎と小雪の悲恋物語」が伝えられています。

その昔、平家の追っ手から逃れこの島に隠れ住んでいた三四郎という源氏の若武者がいました。そして豪族・瀬尾行信の娘・と恋に落ち、海にできる道を渡り数時間の逢瀬を重ねていました。

源氏再興の兵を挙げると頼朝からの書状が行信のもとに届き、小雪はその書状を抱いて三四郎の元へ急ぎました。しかし海は満潮で、いつも歩いて渡っている道は現れていなかったのです。無理を承知で島へ渡ろうと海に入った小雪は容赦ない波に飲まれて亡くなってしまったのでした。

こんな悲しい伝説の残る三四郎、カップルで訪れてトンボロ現象で現れた道を二人で渡るなんて…とってもロマンティックな恋愛パワースポットですね!

ただし、干潮の時間をちゃんと調べて行かないとトンボロ現象が見られないのでご注意ください!普段は道は海の底ですので(^^)

西伊豆は、伊豆半島の中でも景色が一変するところで、私個人としては伊豆の中で一番好きなおすすめスポットです(^^)ロマンティックな絶景ポイントをドライブデートしたらラブパワーあがりまくりは間違いないです!

恋人岬

伊豆の土肥にある「恋人岬」は年間25万人が訪れるという超人気恋愛パワースポットです。恋人岬の先端に「ラブコールベル(愛の鐘)」があり、この鐘を三回鳴らすと恋が実ると言われたくさんのカップルが鳴らしています。

テラスデッキでは結婚式が行われたり、大切な人に愛を叫ぶイベントなどもおこなわれるんだそう。また、特製の恋人宣言証明書が発行されたり、予約をすれば来訪日にお花をサプライズプレゼントしてくれるそうなので大切な人に秘密のプレゼントなんていかがですか♪きっと喜んでくれるはずです!

土肥の恋人岬、西伊豆・堂ヶ島、そして松崎町にはドラマ「世界の中心で、愛を叫ぶ」のロケ地があり、恋愛パワースポットとしては最高の場所ですね!

伊豆の恋愛パワースポットはロマンティックな場所がたくさんあります。大好きな人とお出かけになるにはぴったりの場所です。伊豆半島には他にもパワースポットがたくさん点在していますので、大切な人とラブパワーを充電してみてください!

こちらの記事もおすすめです!

恋が叶う?!恋愛パワースポットや待ち受け画像で奇跡は起きる?

スポンサードリンク



関連記事

管理人

image

初めまして!咲耶です。

いつの頃からかスピリチュアルに興味を持ち、どこかに出かけた時にはパワースポットと言われている所に立ち寄ったり、

続きはこちらから・・・

人気ブログランキング

アンケート

ページ上部へ戻る