埼玉のマタニティママにおすすめの安産のパワースポット

皇室見聞録管理人の咲耶です!

埼玉在住のマタニティママに、埼玉で安産に強いご利益がいただけるパワースポットのご紹介です!

お腹に新しい命が宿っていることがわかったら、何よりも懇願するのはこれから生まれてくる愛しいベビーが健康で元気に生まれてくること…。そして、出産が安産であってほしい…。

スポンサードリンク



その願いは大昔からたくさんのマタニティママたちの願いです。そんなマタニティママやパパに参考にしていただければ嬉しいです!

関東屈指のパワースポットで安産祈願

image

大宮氷川神社

大宮氷川神社は約2400年前に創建された大変歴史の古い古社中の古社。日本武尊が東夷平定の祈願に参拝したとされています。全国に約280社ある氷川神社の総本宮になります。

ご祭神

●須佐之男命(すさのおのみこと・夫神)

大宮氷川神社の主祭神。荒魂(あらみたま)を象徴する男神。開拓の勢い・活力・チャレンジ精神・知恵と創造性の発展・失敗から立ち直る力をもたらしてくれる。何度も参拝したりご縁が深くなるとさらに強力なパワーをもたらしてくれるそうです。

●稲田姫命(いなだひめのみこと・妻神)

氷川女体神社の主祭神。稲田を象徴する女神。ヤマタノオロチを須佐之男命が退治して稲田姫命を救い、須佐之男命が穀物の種を持って地上に降りて稲田の女神と結婚した。地上に稲作をもたらし豊かな農業国を創った神。この2神は日本神話で最も仲睦まじい夫婦神。結婚運・家庭運・縁結び・夫婦円満など家庭に幸せをもたらしてくれるご利益がたくさんいただける神様。

●大己貴命(おおなむちのみこと・子孫神)

中山神社の主祭神。大地を象徴する国造りの男神。須佐之男命の6世の子孫で須佐之男命から与えられた試練を乗り越え強さを手に入れ大国主命となる。男女の縁だけでなく、あらゆるご縁を結ぶ縁結びの神。

ご祭神はこの三柱で境内には数十社の摂末社が祀られています。国譲りによりこの地に移り住んだ出雲系の氏族が武蔵国造となり、出雲の夫婦・子孫の神様で武蔵国の土地神様でもあるので縁結び・愛情運・仕事運など人とのご縁に関するご利益に強いパワースポットです。

氷川神社の摂社の一つに「門客人神社(もんきゃくじんじんじゃ)」がありますがこの神社はもともとは「荒脛巾神社(あらはばきじんじゃ)」と呼ばれアラハバキ神が隠れ神として祀られています。

このアラハバキ神は縄文の神で氷川神社の地主神です。門客人神社は稲田姫命の両親神を祀る摂社ですが、江戸時代までは櫛岩窓神(くしいわまどのかみ)・豊岩窓神(とよいわまどのかみ)が祀られていました。その後、出雲系の氏族がこの地に乗り込んできて出雲の神を祀り、もともとの地主神を隠れ神として祀ったそうです。

開運のためには地主神をちゃんと参拝することも大切です。原始的な強いパワーを持つパワースポットですのでおすすめです!

この氷川神社はもともとは江戸時代中期まで存在した「見沼」という広大な沼の水神として祀られていて、境内にある「神沼」はその名残といわれ現在も神聖な湧水が豊富に注がれています。当時の見沼は芦ノ湖の2倍もある広大な沼地でした。

見沼には、古来より神聖なる龍神が住む池と伝承され、龍神伝説の源とも言えるパワースポット。ここには宗像神社が鎮座しています。ご祭神は多起理比売命・市寸島比売命・田寸津比売命(宗像三女神・須佐之男命の子神)。

そして、当時の見沼の沼岸に浅間山と冬至の日の出を結んだ線上に一直線に並んで大宮の氷川神社・中川の中山神社・三室の氷川女体神社が鎮座しています。この三社が男体社・女体社・簸王子社として一ノ宮氷川神社を形成したという説があります。

氷川神社は歴史も古く、いろんな伝説も残る埼玉でも指折りの強力パワースポットになります。安産祈願としても有名で、大安や戌の日、休日などは多くの参拝者で賑わっていて混雑するかもしれないので体調が心配はマタニティママさんは体調の良い日に参拝されることをおすすめします。

スポンサードリンク



こちらもおすすめ!埼玉で安産のパワースポット

川越氷川神社

川越の総鎮守になる川越氷川神社。こちらは安産祈願だけでなく縁結びのパワースポットとしても有名ですね。

創建は今から約1500年前。古墳時代の欽明天皇二年と伝えられています。主祭神を素戔嗚尊(すさのおのみこと)とし、ほかに脚摩乳命(あしなづちのみこと)と手摩乳命(てなづちのみこと)の夫婦神。さらにその娘で素戔鳴尊の妃神の奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)。そして素戔鳴尊と奇稲田姫命のお子神の大己貴命の5柱をご祭神とし、これらの神様がご家族であることから川越氷川神社は「家庭円満」のパワースポットとされ、またご祭神に二組のご夫婦神が含まれていることから「夫婦円満・縁結び」のパワースポットとして人気があります。

縁結びや夫婦円満のパワースポットに安産祈願の参拝者が多く訪れるのは、川越氷川神社に祀られている5柱のご祭神がご家族で、人間でいうならおじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さん、お孫さんの神様であることからです。パパやママ、おじいちゃんやおばあちゃんがこれから生まれてくる赤ちゃんが安産で生まれてきますようにとの願いから参拝されるんですね。

境内にはたくさんのパワースポットが存在しています。祓いの川という浄化のパワースポットでは人形(ひとがた)に穢れを移して川に流すという浄化方法があります。本殿奥には樹齢600年の2本のご神木があり、木の周りを8の字にはゆっくり周りパワーをいただきます。

安産祈願に訪れた際には「戌岩」という岩を撫でて安産をお願いしてみてください!

ほかにも埼玉にはこんな安産パワースポットがある!

鴻神社

明治の初め頃、氷川社・熊野社・雷電社を合祀したことに始まり、その後日枝神社・東照宮・大花稲荷社・八幡社が合祀された鴻神社は、赤ちゃんを運んできてくれるとして知られているこうのとりの伝説が残る安産のパワースポットです。ご祭神は、合祀以前の三社で祀られていた神をご祭神にしています。

氷川社・ご祭神 スサノオノミコト。古墳時代末期の創建とされている古社で、鴻神社のこうのとり伝説はこの氷川社の由来として有名。

安産・子授け・災難除け・厄除け・方位除け・縁切り・縁結び・家内安全・交通安全にご利益がある。

熊野社・ご祭神 ハヤタマノオノミコト。古くは熊野権現と称した古社。社運隆昌・成長発展・病気平癒にご利益。

雷電社・ご祭神 ワケイカヅチノミコト。平安時代、都から東国へ下る高貴な女官が雷雨に合ったので神に祈ったらここに至ってから雷雨がやんだことによりこの地に社殿を建て雷電社を祀ったという伝説がある。雷除け・鬼門除け・方位除け・災難除けにご利益。

そして、鴻神社にはこんなこうのとり伝説が…。

『その昔「木の神」が宿る大木があり人々は「神様の木」としてお供えをして大切にしていました。しかし、この木はお供えをしないと祟りを起こし人々を困らせました。

ある時、この木にこうのとりが巣を作り卵を産み育て始めましたが、大蛇がその卵を食べようと狙ってきました。親こうのとりは卵を守るため大蛇に挑み、戦って追い払いました。

するとその後、「神様の木」の祟りがなくなり平和な日々がやってきたので人々はこうのとりを称え木の下ににお宮を建てこうのとりのお宮として「鴻の宮」と名付け土地の守り神としました。』

こんな伝説から、鴻神社は埼玉でも有名な安産のパワースポットとしてたくさんの方が参拝に訪れています。

また、ご祈祷を受ける際に幅は神殿にある「木曽桧樹魂塊」に触れ、パワーをいただいてきましょう!こちらは高さ60センチ、幅1メートル、周囲2.5メートル、重さ約200キロ。数百年を経た桧の巨木の根元にできた大きなコブなんです!大木が産んだ塊として「安産・子育て・子授け」のご利益があるご神体です。たっぷりパワーをいただいて安産のお願いをしてきてください!

さらに、安産祈願だけでなく、他にも様々なご利益のパワースポットもあります。恋愛や結婚、仕事や人間関係全てに良縁を結び、悪縁を断つというご利益のある「三狐稲荷神社」。

女性は結婚しても、赤ちゃんができても永遠に美しくありたいですよね。そんな女性には嬉しい女子力向上、開運招福、金運招来、諸芸上達などにご利益がある「幸の宮弁天社」。

また、社殿の両脇には樹齢500年以上の雄木と雌木のイチョウ。このイチョウは安産・子授け・健康長寿・夫婦円満のご神木となっています。

埼玉に行ったらぜひ一度参拝してみてほしい安産パワースポットです。お守りもこうのとりにちなんだお守りが売っているようですよ!

また、埼玉には「産泰神社」という安産には強いご利益をいただけるパワースポットもあり、こちらは本来、安産の神様として知られています。また、子授けの神様としても祀られています。安産を望む場合は底の抜けた柄杓を奉納し、柄杓から水が抜けていくようにお産が軽く済むように奉納し、子宝を望む場合は底のある柄杓を奉納し祈願するというちょっと変わった安産祈願のパワースポットになっています。

今回は埼玉の安産祈願のパワースポットをいくつかご紹介しました。参考にしてみてください♪これから生まれてくる赤ちゃんが元気に生まれてくるように、それぞれの神社ではお守りも売っています。安産のご祈祷を受けたい方は金額や予約の有無など詳細は確認してから出かけてください!

こちらの記事もおすすめです!

安産祈願におすすめ!関西の安産パワースポット!京都など

スポンサードリンク



関連記事

管理人

image

初めまして!咲耶です。

いつの頃からかスピリチュアルに興味を持ち、どこかに出かけた時にはパワースポットと言われている所に立ち寄ったり、

続きはこちらから・・・

人気ブログランキング

アンケート

ページ上部へ戻る