天皇陛下の食事メニューは質素!?

皇室見聞録管理人の咲耶です!

今回のテーマは「天皇陛下の食事メニューは質素!?」です。

天皇陛下の食生活について、毎日どんな食事メニューか知りたいですよね。



皇族の方々はさぞかし豪華なごはんを食べているんだろうな〜。なんて考える人も多くいると思いますが、実際には意外と質素で一般人の私たちが驚いてしまうなんていうこともあるかもしれません。

天皇陛下の食事メニューは意外と質素!?

私たちのような一般人とは住む世界が違う皇室の方々。

私生活のことはあまり知られることがありませんが国民の一人として気になるのは普段どんなお食事を召し上がっているのかということです。

これは多分私だけじゃなく、日本中の多くの人が興味あることじゃないかと思います。

その証拠に以前放送されたドラマ「天皇の料理番」は大人気でしたよね。

しかもこのドラマ、佐藤健さんが主演を演じた2015年のシリーズを含めて3回もドラマ化されているというのですからやっぱり天皇家の台所事情ってみんな興味あることなんでしょうね。

「天皇陛下は何でも思いのままのはずだからきっと毎日豪華なフルコースなんてメニューなんじゃないの!?」

なんて思ってしまう気持ちもわかります。

日本の象徴として世界中から一目置かれる存在ですから。

そこで普段天皇家の方々が召し上がっている食事メニューを見ていきたいと思います。

まずは朝食。驚くことに朝ごはんは必ず洋食なんだそう。

これは昭和天皇の時代から続いているそうで、具体的に見ていくとオートミールやシリアル、トーストと野菜サラダ。そして果物と湯冷まし、牛乳を召し上がっています。

これを見て思うことは、何だか普通の人と同じ感じ・・・。むしろ質素かも。

それにしてもこの時代に洋食ということも驚きますよね。

そして昼食は和食か洋食。昼食が和食なら夕食を洋食にと交互に召し上がっているんだとか。

昼食や夕食が豪華版の食事メニューかというと実はこちらも質素なもの。

フランス料理のフルコースなどを召し上がっているのは国賓を招いて行われる宮中晩餐会の時だけだということですが、実際に私たちが目にするのはそういう時のお姿ばかりなので贅沢三昧の生活を連想する人も多いかもしれませんね。

でも皇室での普段の食事メニューは質素で普通の家庭でも出てくるようなものが多いということ。

例えば魚料理にしてもアジ、サバ、イワシ、サンマなど一般家庭で日常的に食卓に上る質素な大衆魚が多く、マグロやヒラメといった高級魚ばかり食べているわけではないそう。

もともとはこのような大衆魚が天皇家の食事メニューに入ることはなかったそうですが、戦時中にヤミで物資を調達することを禁じたためこれらの大衆魚が献立になるようになったそう。

しかも昭和天皇はヒラメのムニエルよりもこられの質素な大衆魚を好んだということです。

この習慣は現在も続いているということですのでもしかしたら皇族よりも一般人のお金持ちの方がずっと贅沢な生活をしているのかもしれませんね。

大衆魚を好んだ陛下ですが、ご公務で忙しいため生物を食してもしものことがあったら困るということで刺身などの生魚を召し上がることはしないそう。

質素な食生活をされている中でチャーハンや餃子らシューマイといった中華料理が食卓に上ることもあるんだとか。

こうして見ていくと意外と私たちが一般人と変わらない質素な食生活で親近感がわきますね。


天皇陛下の料理人とはどんな人?

皇室では皇族方の毎日の料理を作っている人がいるわけですが、この方々は縁の下の力持ちのような存在で表に出ることはほとんどありません。

以前放送されたドラマ「天皇の料理番」では陛下の食生活を支える料理人のお話ということで少しだけ天皇家の方々の台所事情を垣間見ることができるので私自身も毎回楽しみにしていましたが、このドラマで初めて皇室に皇族方の料理を担当する部署があるということを知りました。

それは「大膳課」という部署でここで皇族方の食事を作っているのです。

ここに所属している料理人は宮内庁の職員で国家公務員。この方たちを厨司といいその数は約50名。5つの係に分かれそれぞれに皇族の方々の食事メニューを担っているのです。

5つの係というのは、第一係が和食、第二係が洋食、第三係が和菓子、第四係がパンと洋菓子、第五係が東宮御所担当となり、第五係は皇太子専門の係だそう。

佐藤健さんが演じた料理番・秋山徳蔵氏はこの大膳課で主厨長を務めた方でしたが、この部署では天皇陛下や他の皇族の方々の食事を作るだけではなく園遊会や晩餐会、午餐会、茶会などの宮中行事の料理も一手に引き受けているということです。

毎日の両陛下の食事メニューは秋山徳蔵氏が務めた主厨長と副厨長が二週間分の献立を考えるというのが習わしとなっているそう。

秋山徳蔵氏と一緒に大膳課で料理をして、昭和天皇の料理番として最後まで仕えた谷部金次郎氏は現在、テレビ出演をしたり大学などで料理を教えておられるそうですが講演会などで必ず「どんな豪華な食事をしているのか?」という質問を受けるそうですが、普段は焼き魚やほうれん草のおひたし、お粥やオムレツなど一般的で質素なメニューだと言うと多くの人が驚くと話しています。

料理人の方々は皇居でのお務め意外にも両陛下が御用邸にご静養に訪れる際にも同行するということです。

普段は5つの係に分かれそれぞれの分野の料理を作るわけですがご静養にお出ましの時に同行する料理人は一人だけなので和洋食の全てを一人でこなすため大変なんだとか。

また、園遊会でも活躍するのはわけですが、この時には係に拘らずに協力し合い食事メニューを作るそう。

天皇家の方々の食生活を支える重要なお務めをされている料理人の皆さんですが、実は天皇陛下に直接お会いすることは少ないそう。

長年、昭和天皇の料理番としてお務めされていた谷部金次郎も一度だけしかお目にかかったことはないんだとか。

皇族の方々の健康を左右する食生活を支える大切な方々ですが表に出ることはなくまさに縁の下の力持ちといった存在です。

皇室でこだわる食生活とは?

天皇陛下の食事メニューを見てきましたが、意外と質素だと驚いた人も多いでしょう。

「皇族の方ってこんなごはん食べてるの!?私たちとあんまり変わらない・・・」

と思った人もいるかもしれません。

食事メニューは豪華ではないけれど、実は皇室では食生活にこだわることが色々とあるそう。

料理に使われる食材については一般に売られている食材を使うのではなく、栃木県にある御料牧場という皇室専用の農産物を生産する場所で作られたものを使用します。

ここでは東京ドーム54個分という広大な土地で牛、豚、鶏、羊が放し飼いにされ牛乳やヨーグルト、チーズ、ハム、ベーコン、ソーセージなどを作っています。

さらに野菜は無農薬の自然栽培されたものを使用というこだわりの食材を使用しています。

魚に関しては築地から取り寄せているそうですが、献立は質素でも使っている食材のクオリティーはかなり高いものということですよね。

一日に摂取するカロリーも1800キロカロリーと決められていて、塩分も一日10グラムまで。化学調味料は一切使用しないなどかなりこだわるところがあるようです。

献立については先ほどもお伝えしたように主厨長が二週間分を決め、侍従職に伝え、それを医師から了承を得て決定となるそう。

一汁三菜とは良く耳にしますが天皇陛下の食事メニューはこれが基本とされ、ある日のメニューはかぼちゃの煮物、サンマの塩焼き、あさりの味噌汁、漬物、麦入りごはんとかなり質素なもの。

こんな感じの献立を日々召し上がっているそうですが、これなら我が家の食卓でも毎日出せそうな感じがしますよね。

そしてさらにこだわるのは腹八分目ということ。私もどこかで聞いたことがあるこの言葉。簡単にできそうな腹八分目って意外と難しいのが実際のところですが陛下はこれを長年続けてこられたのですね。

皆さんも経験あるかと思いますが腹八分目って意外と大変で、まだもうちょっと食べたくて物足りない感じですよね。

確かに健康維持には腹八分目がいいとは聞きますが我慢するのも辛い気がします・・・。

そして皇室の台所では「一物全体食」といって食材の全てを余すことなく使い切り栄養バランスの偏りをなくすということにこだわっているそう。

野菜の葉っぱや皮もスープの具にしたり漬物に、鶏の骨もスープの出汁をとるのに使うということで、大膳課では食材を焦がさない、腐らせない、捨てないというで新鮮な食材で調理されたものを皇族方に提供しているとか。

天皇陛下は基本的に自分の食べたいものを言うことはなく、出されたものを召し上がっておられるそうですが、2週間分の献立がすでに決まっていて自分がその日に食べたい物をオーダーすることができないのも可哀想な気がしちゃいませんか。

たまには「鳥の唐揚げが食べたい!」とか「今日は焼き魚の気分じゃないなぁ」とか、誰でもその日の気分で無性に食べたい物をがあるものですが陛下はそういうこともいちいち医師の了承がないと許されないということなんですねー。

以前、テレビで宮内庁の関係者の方が話していましたが、ご公務で地方にお出かけになるとその地域の方々は喜んでいろんな食事を用意しますよね。

陛下はそうして出してもらった食事は残さず召し上がるようにしていると。ただ、ご高齢であまり量をたくさん食べることができないので事前に「少量で」とお願いしているそう。

これは陛下の思いやりの心の表れで、例えば出された食事を残してしまうと用意してくれた人が気に病むからという心遣いだということです。

確かに、お出しした料理を天皇陛下が残したとなると「お気に召さなかったのか?」とか「まずかったのか?」とか悩んでしまいそうですからね。

皇室に生まれて将来は天皇になることが決まっているお立場なら「あれはいらない、これは嫌い。しょっぱい、辛い、固い、骨がある」とどれほどわがままや文句を言っても思い通りになるはずですが、食べたい物を言うこともなく、質素に出されたものだけを召し上がるなんて一般人の方がずっとわがままかもしれないと思ってしまいます。

皇族の方々の普段の食事メニューはあまり表に出ることがないので知らない人も多いと思いますが、実際には私たちが思っている以上に質素な、でも体のことを考えて作られたクオリティーの高い食生活をされているということなんですね。

今回は「天皇陛下の食事メニューは質素!?」でお伝えしました。


関連記事

管理人

image

初めまして!咲耶です。

いつの頃からかスピリチュアルに興味を持ち、どこかに出かけた時にはパワースポットと言われている所に立ち寄ったり、

続きはこちらから・・・

人気ブログランキング

アンケート

ページ上部へ戻る