大統領と総理大臣(首相)の違いは?韓国やフランスはなぜ両方いる?

皇室見聞録管理人の咲耶です。

今回のテーマは「大統領と総理大臣(首相)の違いは?韓国やフランスにはなぜ両方いる?」です。

ニュースで世界の話題をやっている時に気になるのが大統領とか首相とかその国のトップの呼び方が違っていることに気がつきますがその違いはよくわからないっていう人は私だけじゃなく世の中にはけっこう多いんじゃないでしょうか。


そのへんのところを今回は詳しく見ていきたいと思います。

大統領と総理大臣(首相)の違いは?

まずそれぞれがどういう存在なのかということを個別で見ていきましょう。

大統領とは

王政ではない国の元首のことを指します。(共和制国家)

王政ではないということは、その国には国王が存在しないということになります。

国王だけじゃなく、そのほかの国家元首も存在しません。

総理大臣(首相)とは

各国の首脳会談など度々耳にする言葉ですがここでもさらに疑問が。

日本では総理大臣と言う時と首相と言う時がありますね。

でも両方とも同じ人のことを指していますが、どういうこと?と不思議じゃありません?

総理大臣というのは日本独自のもので、国会議員の中から選ばれ内閣と国会をまとめる役割を担っています。

また、首相とは日本でいう総理大臣と同じ役割を持つ人で、選出方法も同じく議会によって選ばれます。

両者の違い

なんとなく同じような役割を持つ感じがしてしまいますが、それぞれの役割は大きく異なっています。

大統領というのは国のトップという立場で、持っている権限はその国によって違ってきますが国の中で一番偉い人を指しているのです。

わかりやすいところで言うとアメリカですが、アメリカはこの立場の人が大きい権限を持っています。

そして国王や元首という存在がいないので国のトップとして君臨し、絶大な権限を持っています。

アメリカは大統領制を採用しているためこのような強い権力を持つことになりますが、他に象徴的な役割を持つ場合や半大統領制を採用している国などそれぞれ持つ権限の強さは違ってきます。

そして選出方法は国民によって選ばれます。

アメリカの選挙の時にはかなり話題になるのでわかりますがかなり盛り上がってエキサイトしている光景が報道されていますよね。

アメリカはだだっ広いので選挙期間もめちゃめちゃ長くていっこうに決着がつかないイメージで、日本で見ている私なんかは忘れた頃に決まってるな〜といった感じ。

ただ、アメリカではプレジデントって呼ばれているその人の絶大な権限は海外ドラマにハマっていた時、特に「24-TWENTY FOUR」を見て知っていました。

あのドラマでのプレジデントの立場が実際と当てはまるかというのはわかりませんが、ドラマ内ではものすごい権力を持つ人物でした。

では総理大臣は?ということですが、行政、政治のトップであり国のトップではないという点。

ですので首相のいる国には国王や元首の存在があり、権限も限られたものになります。

日本を例に挙げると、日本には天皇という国のトップがいて安倍さんが政府のトップとして政治をまとめる役割を果たしています。

このように両者の違いは

・王制があるかないか

・持つ権力の大きさ

・選ばれる方法

・国を率いるのか政治を率いるのか

こんな感じじゃないかと私は認識しています。

ただ、これらの制度もそれぞれの国によって両者の立ち位置の違いがあるので、とりあえずこんな感じかな〜くらいにゆるく分けてまとめてみました。


韓国やフランスはなぜ両方いる?

アメリカには大統領だけ。

日本には総理大臣(首相)だけ。

こういう場合ですと役割や立場の違いがわかりやすくていいんですが、そういえば韓国って女性のトップがいましたね。

セウォル号の沈没事故で多数の被害者を出した時の対応の不備などの不祥事で失職したことでかなり話題になった女性ですが、あの国には首相もいたような気がしますね。

韓国では国のトップを補佐する形で国務総理という立場の人が存在しています。

その人のことを巷では首相と報道されて立場的にもそれに相当し、これを選ぶ方法は朴槿恵さんや歴代のトップが任命するんだとか。

ほかにもフランスやロシア、ドイツなど両方がいる国がいくつかあるわけですが、その理由を知りたくないですか?

アメリカや日本のように両方いない国というのはトップが明確にわかりますが、両者がいる国というのはそれぞれの役割に違いがあり例え大統領がいる大統領制を採用していたとしてもアメリカでのそれとは少し異なる意味合いを持っているんだそう。

韓国ではかつては朴槿恵が、現在では文在寅がトップに君臨していて、この人が首相を任命しその支配下の元で仕事をするのです。

フランスも両者が存在する国ですが、まず大統領は国民投票によって選ばれます。

そして首相は韓国と同じくトップが任命するか、もしくは議会から選出されます。

そして大きい権力を持つのも国によってさまざまで、ドイツのようにトップが逆になっている国もあるわけです。

両方が存在している場合ではどちらが強い権限を持つかは国によりますが、それぞれが別の役割を果たしているのでひとつの国にトップが二人いるということにはならないのです。

ちなみにフランスの現在の大統領はマクロン氏なんですが

選挙に当選した当初、政治的なこととは全く関係ないことで大きく話題になりましたよね。

それは夫の当選と同時にファーストレディになった奥さまのことですが、なんと25歳も年上の姉さん女房ということ!

マクロン氏は当時39歳という若さでの当選でしたが奥さまは64歳。

アラフォー、アラフィフ女性にとっては夢のような話ですが、やはり女性がかなり年上というのはフランスだけじゃなくどこの国でも話題になるものなんですね。

まあ、確かに25歳差というのは女性の私からしてもびっくり仰天の年の差夫婦ですが、さらにびっくりなのはマクロン氏の中学校時代の恩師でわずか17歳の彼が猛アタックしてゲットした女性だということ。

そのせいか激しい年の差にもかかわらず現在もラブラブなんだそうですよ。羨ましいですよね。

でも年の夫婦といえば現在のアメリカのトランプ氏も奥さまのメラニア夫人も親子ほどの年の差夫婦ですよね。

確か24歳差とか。

男性が激しく年上というのはよく聞く話で「すごい離れてるな〜」とは思ってもそれほど違和感ないのになぜ女性が激しく年上だとこうも話題になるんでしょうかねー。その違いって何なんでしょう。

さて、話を戻すとして、フランスも韓国と同じく両方が存在する国。

韓国と同じ体制ですがこのような体制を半大統領制と言います。

この場合、大統領は軍の最高司令官などかなり大きい権限を持つことになりますが首相はトップからの指令によって行動するため強い権限は持ちません。

これを見てもわかるように両方が存在する理由はそれぞれの役割が決められているからなのですね。

大統領と総理大臣(首相)どっちが偉い?関係は?

では、大統領と総理大臣(首相)、結局どっちが偉いの?ということになりますが、それぞれ役割が違って一概にどっちが偉い!とはいえないのです。

先ほどもお伝えしましたが、世界中にはどちらか一方しか存在しない国もあれば両方が存在している国もあります。

また両方が存在する国でもどっちが偉いというのは一概にいえない部分があるんです。

なぜかというとその国の制度や各自が持つ権限でそれぞれの力関係が違ってくるからですね。

例えばドイツは大統領も存在していますが首相のメルケルさんの権限の方が絶大です。

メルケルさんは実質的な政治の権限をほぼ持っているということで、重要法案などでも彼女の宣言の方が上という位置関係。

じゃあ大統領は?というと政治に関する実権は持たず、日本の天皇のような象徴という立場ですのでどっちが偉い?となったらメルケルさんのが偉いかも。

このようにそれぞれが持つ権限によってどっちが偉いかということの違いが出てくるので何とも言えないところですね。

ただ、政治的な権限が大きいことやその国での立場の違いが偉いのかという話になると、それはまた違った意味合いが出てくるように思うので、この場合には「強い」という表現がいいのかなとも思います。

ドイツのメルケルさんのようにトップとして政治を動かす立場であったり、逆に補佐的役割を果たす立場であったりと同じ呼び方でもずいぶん違いがあるということですね。

ここまでをまとめると

・大統領と首相はそれぞれ役目が違う

・韓国やフランスには両方存在している

・大統領も首相も絶大な権限を持つ場合とそうでない場合がある

・どっちが偉いかはそれぞれの国によって違う

こんな感じですね。

今まではニュースを見ていても漠然と聞いていたこともこうして詳しく掘り下げていくとおもしろいですよね!

ということで今回は「大統領と総理大臣(首相)の違いは?韓国やフランスはなぜ両方いる?」でお伝えしました。


管理人プロフィール

image

初めまして!咲耶です。

いつの頃からか宝塚とスピリチュアルに興味を持ち、どこかに出かけた時にはパワースポットと言われている所に立ち寄ったり、

続きはこちらから・・・

人気ブログランキング

アンケート

ページ上部へ戻る