創価学会と公明党の関係は?

皇室見聞録管理人の咲耶です!

今回のテーマは「創価学会と公明党の関係は?」です。

宗教に興味がない人でも一度は耳にしたことがある宗教団体の創価学会。


芸能界にも多くの会員が存在すると噂されていますが、選挙の時には公明党を押していますよね。

この両者の関係は?

そもそもこの団体のこともあまり良くわからない人が多いということで詳しい情報を見ていきたいと思います。

創価学会とは?

そもそもこの団体って何?という疑問を持つ人も多いと思いますのでまずはここから始めましょう。

この団体は日蓮大聖人の説いた法華経を信仰する仏教団体です。

もともとは日蓮正宗に所属する在家の教団のひとつでしたが1990年に日蓮正宗と対立し1991年以降は宗門から離れて独自の活動を展開しています。

この団体が設立された経緯は、1930年に教育者であり教育学者だった尋常小学校の校長・牧口常三郎と同じく教育者だった戸田城聖が日蓮仏法の精神に基づく教育者の育成を目的とし設立した「創価教育学会」から始まります。

1937年に日蓮正宗の講のひとつとして位置付けられこれが現在の創価学会の前身となるのです。

初代会長・牧口常三郎が獄死した後、二代会長・戸田城聖が組織名を「創価教育学会」から「創価学会」に改称し宗教法人の認証を受けました。

戸田城聖が会長に就任後、1958年に逝去するまでに生命論を説き人生の究極の目的は信仰による変革だと主張しご本尊への唱題の実践や折伏に尽力しました。

この折伏活動や青年の育成などの活発な布教活動により会員世帯は75万世帯になり、大きく飛躍したのです。

二代会長・戸田城聖が逝去した後は池田大作が就任し、恩師である戸田城聖の意志を継ぎ学会の発展に奔走、尽力します。

三代会長に就任した池田大作は日本国内のみならず世界弘教にも尽力し、現在では国内世帯数827万、1975年に結成された創価学会インターナショナルの会員は世界192カ国・地域に1200万人以上と爆発的に飛躍したのです。

この学会の「創価」とは価値創造を意味し、「万人の幸福」と「世界平和の実現」を根本的な目標として活動しているのです。

その後、四代・北条浩、五代・秋谷栄之助と続き現在は六代・原田稔が会長を務め、池田大作氏は名誉会長となっています。


公明党との関係は?

公明党というと創価学会が登場しますがその関係について見ていきましょう。

宗教法人として爆発的に飛躍した学会が1954年に政界に進出するために創設されたことが起源となり、1955年に行われた統一地方選挙では首都圏の自治体議会選挙で53議席を獲得。翌年には衆議院議員選挙で3議席を獲得し国政進出を獲得。

その後、三代会長就任後に政界進出が加速し政治団体の公明政治連盟に改組、1963年には自由民主党、日本社会党に次ぐ第三党に躍進。1964年に宗教団体との関係から独立し公明党となったのです。

選挙の時によく聞くのが公明党の支持母体が創価学会という関係にあることですが、1970年に学会幹部の議員兼職を廃絶し、あくまでも公明党の支持団体に徹する、選挙などの政治活動は党として行うとし学会は応援するのみの関係と決められました。

ですので選挙の時に学会が選挙活動を行うことはありませんし幹部が出馬するということもないということですね。

この団体が政界に進出した動機は、国民の生活を改善するためには政治を変えることが必要という関係で学会から人材を送り込み良い社会を作るということでした。

住民による住民のための政治を目的として活動を行なっていましたが、これは現在も受け継がれ公明党に所属する地方議員は地元の民衆の言葉に耳を傾け、一人の人のために動いてくれることでも知られています。

日本では国家に宗教が介入することを禁じる「政教分離」の原則がありますが、党と学会の関係はこれに反するのではないかという議論がよく持ち上がりますね。

これに関しては以前、池上彰さんが番組で解説した場面がありました。

この時、池上彰さんは公明党が「政党が宗教に口を出すことを禁じている」としていることや、宗教団体が特定の政党を支持することは政教分離に反していないという考え方を持っていると説明し、自民党を支持する宗教団体がいくつも存在することから両者の関係は政教一致ではなくあくまでも応援するというスタンスなんだと。

確かに、選挙が始まると会員が出馬している候補者を応援するために尽力はしていますが政治のことに関して口を出すことはしていませんし、党から会員に向けて指図するような場面もありません。

しかも、公明党の議員が全員学会員かという疑問も浮上してくると思いますが、実は必ずしもそうではないということも池上彰さんが話していましたね。

そして、「人間・人類の幸福追求を目的」とした平和の党という理念なのだということも説明していました。

創価学会は公明党に投票するって本当?

選挙では学会員は公明党に投票するということがよく言われていますが実際にはどうなんでしょうか。

そもそも選挙で誰に一票を投じるかというのは個人の自由ですので本人にしかわからないということになるでしょうね。

ですが選挙近くになると会員は自分の知り合いや友人に選挙のお願いをしに回ることはよく知られていることです。

友人や知人の¥などの関係にある人の家を訪問したり、電話をかけたりと色々な手段で回るわけですが、この行為がそもそも公職選挙法に違反しているんじゃないの?なんていう疑問も。

選挙に関しては色々と禁止行為が決められていて、公示前には政治活動はセーフで選挙運動はダメ。

公示後、選挙運動はできるがその期間は投票日の前日まで。

政治活動と選挙運動の違いは政党や政治団体が政策を宣伝するために行うことが政治活動で、選挙運動はある特定の候補者を当選させるための行為が選挙運動といいます。

なので学会員がお願いに回るのは公示後、特定の候補者を当選させるための行為で公職選挙法には違反しているわけではないのですね。

そして投票日前日までなら電話などでお願いすることもセーフですが投票日当日になったら電話でもNGとなります。

選挙前のこのような行為は創価学会ばかりがクローズアップされてまるで公明党だけがこういうやり方をしているようなイメージですが、実際にはどの政党もこういう選挙運動は行なっていることですよね。

実際に私の家にも自民党などの関係の人が候補者をお願いに来た人もいますし電話がかかってくることもしばしばありますから。

他の政党も同じように選挙運動していても学会員の活動が目立ってしまうのはその勢いがハンパないからかもしれません。

創価学会には芸能人や有名人がたくさん入会していると噂されていますよね。有名なところではお笑いタレントの久本雅美や山本リンダ、岸本加世子など。

他にもたくさん関係していると言われていますがここに挙げた方々は公表されている芸能人です。

さらに公表はされていませんが女優の石原さとみは創価高校出身と噂され卒アル写真も流出しています。

こういった有名人でも熱心な活動家の場合には知人にお願いしているかもしれませんし本人も公明党に一票を投じているかもしれません。

一般の会員も一生懸命自分の知り合いや友人に特定の候補者をお願いするわけですから自分も公明党の候補者に投票しているんじゃないかと思いますが、こればかりは他人が知る手段はありませんね。

例えば本人に入れたか確認したとしても、果たしてそれが本当なのかもわかりませんからね。

ただ、一般的には創価学会の人は公明党に投票するという関係が定着しているように思います。

もともとこの党は国民の生活をより良く改善するために政治を改革するという目的で政界進出したので、そのために一人でも多くの人材を政界に送り出す必要があるということで会員が一票でも多く得票を稼ぐべく走り回るというわけなんです。

ここまで創価学会と公明党の関係を見てきましたが、やはり両者は切っても切れない関係にあるということになりますね。

ということで今回は「創価学会と公明党の関係は?」でお伝えしました。


管理人

image

初めまして!咲耶です。

いつの頃からかスピリチュアルに興味を持ち、どこかに出かけた時にはパワースポットと言われている所に立ち寄ったり、

続きはこちらから・・・

人気ブログランキング

アンケート

ページ上部へ戻る