佳子様と愛子様の育て方や身長の比較

皇室見聞録管理人の咲耶です!

今回のテーマは「佳子様と愛子様の育て方や身長の比較」です。

いつも元気で可愛らしい佳子様と国民の前にお出ましになると恥ずかしそうな笑顔でシャイな愛子様。


お二人はいとこ同士になりますがそれぞれの家庭での育て方を比較したいと思います。

また、少し前に激やせぶりが心配された愛子様の身長がぐんぐん伸びているようですので検証したいと思います。

佳子様と愛子様の育て方の違いは?

秋篠宮家の次女・佳子様は現在22歳。今年の秋から来年の6月までイギリスに留学されていますが実は紀子様の育て方が長女と比較すると次女との違いがあるという噂が浮上していますよね。

眞子様は現在、ご婚約内定というニュースで湧き上がっていますが、実際に紀子さまは長女ということで眞子様にはかなり厳しい育て方をされてきたという話が聞かれます。

紀子さまとしては天皇の初孫という重責もあり自覚を持たせるために厳しく育ててきたようで、実際にこれまで国民の前でお話される姿を拝見すると上品で優等生という感じのお嬢様に育たれているという印象をうけますね。

ですがお姉さまと比較すると佳子様は次女ということで姉には叱っていた行動を同じようにしていても叱ることがなかったりと下の子にはつい甘くなるというのは皇族の方々でも変わらないようです。

成年皇族になった際の会見でもお姉さまは優等生のコメントでしたが妹は少しラフな感じのする会見を行いました。

一般家庭でも長女と次女では育て方に大きな違いが出てくることはよくあること。

長女は両親の期待を一身に集め「お姉ちゃんだからガマンしなさい」「お姉ちゃんなんだからしっかりしなさい」など下の子が生まれた時から常に両親や周囲の大人たちから「こうあるべき」というレッテルを貼られて大きくなってくるのです。

それと比較すると妹は両親から甘やかされて育ち、姉がすると叱られる行動も「妹だから仕方ない」「まだ小さいから」と許されるという育て方が多いはず。

さらに長女は両親から言われたことは確実に守るという真面目さと不器用な部分で世渡り下手に成長し、どちらかというと自分を押し殺して優等生でいなくてはいけないという固定概念に囚われている場合が多いというイメージがありますね。

このことから自分の言いたいことは我慢する癖がついていたり、責任感が強い、周囲の期待に答えようとキャパオーバーなのにさらに頑張ってしまう、頼られるとつい面倒見てしまうけど自分は誰かに頼ることができない、人に甘えるのが下手などの特徴があり、さらにいつも姉妹と比較されながら育ち損な役回りという場面が多々出てくるわけです。

一方で佳子様のような次女に生まれてきた人を比較してみると姉の行動を見て育つせいか何をすると叱られるのか、どうすれば大人に褒められるのかということを無意識のうちに体得していることが多いため要領が良い、世渡り上手といった特徴があると思います。

さらに甘え方も熟知しているためおねだりが上手で欲しいものをあっさり手に入れる技も持ち合わせていたり小さい頃から周囲の大人たちから可愛い可愛いと愛情たっぷりの育て方をされるため自分に自信を持っている人も多く、家族の中ではマスコット的な存在として扱われます。

両親や周囲の大人たちからあれこれ指図されることも少なく、長女と比較すると行動を抑えられることも少ないため自由奔放で自分がやりたいことを思う存分謳歌しながら成長していくというのも次女によくある特徴です。

これらは一般家庭の長女と次女の育て方の違いですが、皇室の方々にも当てはまる部分が多々あるということも想像できますよね。

ただ、一般家庭の子供とは生まれ持つ立場が違うということで紀子さまの三人のお子さんの教育方針が注目を浴びることも何度かありました。

秋篠宮家の教育方針は勉強を強要することはなくそれぞれが自発的に持った興味に全面的に協力し伸ばすということ、その上でそれぞれのお立場に合わせた育て方をされてきたそう。

ですので眞子様や佳子様は皇族方が通う学習院大学には進学せずにICUを選択され、悠仁さまも学習院には入られませんでした。

紀子さまは特に眞子様には折に触れて「お行儀よくなさい」「ご挨拶なさい」と細かいことまで厳しくされていたようですが、佳子様には一般家庭と同じように甘くなっていたそう。

ここでもやはり普通の姉妹と同じように妹は姉が両親から叱られているところを見て育ち、立ち居振る舞いなどどうしたらいいのかということを体得していったようです。

このことから佳子様は自分の感情をストレートに表現される女性に育ち反抗期にはお父様の秋篠宮さまや紀子さまと衝突することも。

やはり普通の家庭で育った次女と同じように自由奔放な育て方をされた一面があるということですね。

一方で愛子様は一人っ子で育ち両親の愛情も関心も全てを一身に集めて蝶よ花よと甘やかされて成長してきたせいか小学校の頃には学校に通うことができずに雅子様が一緒に登校したり、不登校になっている時期もありました。

秋篠宮家の三人のお子さんの育て方と皇太子ご夫妻の子育て方針を比較してみると「叱らない子育て」を行っているそう。

以前、皇太子殿下が会見の席で愛子様の教育方針について触れた中でおっしゃっていたことですので事実なんでしょう。

皇太子ご夫妻はかねてから我が子は普通に子として育ってほしいというお気持ちがあったようですがご自身が美智子様に厳しく育て方をされてきたことで自分と同じように窮屈な幼少期を経験させたくないという気持ちの表れなのかもしれません。

秋篠宮家のお子さんたちの育児方針と愛子様の子育て方針の違いを比較しても長男と次男の考え方でずいぶん違ってくるように思います。

一般的に一人っ子で育つとどんな特徴が見られるかというと、家に自分意外の子供がいないので我慢することがなくわがままといわれることが多い、普段から争うことがないのでマイペース、常に大人に囲まれて育つので大人と接することが上手、逆に同年代や子供と接するのは苦手、両親はじめ周囲の大人をいつも独占しているので独占欲が強いなどが挙げられます。

秋篠宮家には三人のお子様がいますが愛子様は一人っ子。

そのうえにご両親の育て方の方針が叱らないということですので両家を比較するとそれぞれのお子様にかなりの差が出てきてしまうかもしれません。


お二人の身長の比較!

小学校では不登校という噂が囁かれたり中学生になったら激やせと色々な噂が浮上する愛子様ですが、同年代の女の子と比較して身長が大きいように見えますよね。

以前、痩せすぎて心配されていた時には164㎝と言われていましたが女性にしては大きい方じゃないかと思います。

ご両親と並んでも皇太子殿下とそれほど差がないように見えますし雅子さまとも変わらない大きさです。

そもそも雅子さまが大きいですし、祖母の美智子さまも天皇陛下よりも大きいので遺伝で大きく成長されているのではないかと思いますがまだ高校生ですのでこれからまだ伸びる可能性があるので雅子さまと比較してももっと身長が高くなるんじゃないかと予想できますよね。

一方の佳子様ですが眞子様や紀子さまと並んでいるお姿を拝見するとお姉さまよりも少し大きいですね。

眞子様がおよそ150㎝ほどじゃないかと言われていますのでそれより少し大きい155㎝ほどじゃないかと言われていますお二人のお母さまの紀子さまが162㎝という情報があるのでそれと比較するともう少し身長が高いような気がします。

皇太子殿下と比較すると秋篠宮様はおよそ178㎝ほどだという情報が流れていてお二人の身長の差がかなりありますが、お子様の違いは母親に似たということになるのかもしれませんね。

ちなみに皇太子殿下は雅子さまとそれほど差がなく少し低いくらいなので163㎝くらいじゃないかと思いますが同じ兄弟で背の高さも見た目もこんなに差ができるものなんですね。

そもそも皇室では代々身長があまり大きい家系ではないように思います。

私自身が知っている皇族は昭和天皇も今上天皇ですが、お二方ともどちらかというと背が低い方だと思いますが当時の女性にしては高身長だった美智子さまと結婚されたことで秋篠宮さまが長身になったんでしょうか。

そう考えると皇太子殿下は自分よりも少し背が高い雅子さまとご結婚されたことで愛子様の身長がグングン伸びている理由かもしれません。

いずれにしても中学校時代から背が伸びていないチビの私には羨ましいことです。

そして私も皇太子殿下と秋篠宮さまのお二方と同じく姉妹で大きく違い、妹は身長も大きく成長し私は150㎝を下回るほど成長不良となりました・・・。

佳子様と愛子様の関係は良好?

皇室の女性の中では現在、一番年少者は愛子さまですが女の子は自分よりも上の女性に憧れることが多いです。特にまだ小さい頃は身長もお姉さんの方が大きく大人の女性に見えるのです。

これは皇室でも同様で、姉妹の場合には妹が姉に憧れたりするものです。

事実、佳子様は姉の眞子様を慕いお姉様が通う大学に進学されました。

姉の眞子様はお父様の妹・黒田清子さんを「ねえね」と慕っていたと聞きますし皇室でも一族の関係は良好でしょう。

愛子様には兄弟がおられないのでいとこにあたる佳子様を姉のように慕い良好な関係だということは違いないと思います。

私の家族もやはり姉妹というのはいくつになっても仲が良く常に連絡を取り合いお互いに何をしているかということがわかるくらい。

いとこでも女同士ですとまるで姉妹のように接することが多く、話が尽きることなく過ごすことが多いです。

事実、佳子様は愛子様のことをまるで妹のようにかわいがり、お二人で年頃の女の子のように恋話で盛り上がることもあったとか。

一人っ子で育つ子供がお姉ちゃんやお兄ちゃんの存在に憧れるのは良く聞きますが、世の中の注目を集める存在が身近にいれば思春期の女性なら憧れて当然ですよね。

大好きなお姉様のヘアスタイルやファッションを真似したり、同じようにスケートに興味を持ってみたり、美しすぎるプリンセスと大フィーバーの佳子様は愛子様にとって自慢の存在であることは間違いないですね。

私の経験ではこのような良好な関係はそれぞれが結婚して別々の家庭に収まったとしても変わることがなく折に触れて一緒に出掛けたりお互いの家を行き来したりとずっと仲良しのままでいられるものです。

実際、今上天皇の長女・黒田清子さんも一般の家庭に降嫁されてからも御所に訪れ美智子さまや紀子さま眞子様などと交流され良好な関係を持たれているという事です。

愛子様が学校に通うことができなくなり欠席や遅刻、早退が続いていた時にも佳子様のはつらつとしている姿が大きくプラスに働き学校生活を送れるようになったと言われています。

あんなに小さかったのにいつの間にかご両親の身長を抜いてしまい、すっかり美少女に成長されましたがこれからまだまだ楽しみですよね!

現在の皇室は女性皇族ばかりで男子は秋篠宮家の悠仁さまだけですが、女性同士は仲良くお互いにいい影響を与え合って成長していますが愛子様や佳子様と悠仁さまとの関係も気になるところです。

以前、紀子さまが会見の席で長男の成長の様子を話していましたがお姉様方がとても可愛がり、よく世話をしてくれて良好な関係なんだそう。

巷では同年代の男の子よりも体が小さいのではないかと噂ですがお父さまが身長が高いので思春期になれば大きくなっていくでしょうね。

愛子様と同じく悠仁さまの今後も楽しみなところですね!

ということで今回は「佳子様と愛子様の育て方や身長の比較」でお伝えしました!


関連記事

ページ上部へ戻る