大人気!七海ひろきの年齢や実家は?退団の噂も・・・!?

皇室宝塚見聞録管理人の咲耶です。

本日のテーマは「大人気!七海ひろきの年齢や実家は?退団の噂も・・・!?」です。

星組で活躍中の七海ひろきが大人気という情報を入手しました!


そこで年齢や実家など検証してみたいと思います。

さらに退団時期についてもさまざまな噂が出回っていますが実際にはどうなのか?探っていきましょう。

七海ひろきの年齢や実家、本名は?

各組のトップスターに引けを取らないくらい大人気の七海ひろきさんの実家は茨城県水戸市にあるようですね。

彼女の出身校は県立水戸第二高等学校ということですが、実際には高校を卒業してから音楽学校に入学したのではなく高2の時に二度目の受験で合格したということですのでここから年齢が割り出せますよね。

宝塚ではすみれコードがあり、年齢などの細かい情報は公表されていません。

ですがやっぱり好きなジェンヌさんたちのことは知りたいわけですよ。

まず、年齢は音楽学校に入学した年から計算できるので歌劇団としてはヒミツなんでしょうけどファンはそれとなく知っています(笑)

ですので七海ひろきさんに関してもそれとなく噂が飛び交っているといった感じで定かではないけれど34歳とか35歳といった情報が流れていますよね。

さらに実家については水戸市ということは公表されています。

お父さんとお母さん、そして2つ上のお兄さんがいて小さい頃にはヒーローごっこなどの男の子のような遊びばっかりしていたそう。

私の友人の家の子供も同じく、上が男の子で下が女の子だと妹はめっちゃ男っぽくておてんばでやんちゃなんですよね。

女の子が好きそうなセーラームーンとかプリキュアみたいなアニメは興味持たず、ヒーロー物をお兄ちゃんと一緒に見て剣や銃のおもちゃ持ってごっこ遊びが超激しいですから。

そして七海ひろきというのは芸名で、本名は「海津久美子」というそうです。

芸名に「海」が入っているのはここからきたようです。

ということは実家は海津さん。珍しい苗字ですよね。

そして昔テレビで放送されていた「七つの海のティコ」が好きだったことから「七」の字をつけて、広大なイメージから「ひろき」とつけたそう。

かいちゃんのアニメ好きはファンの間でも有名ということで、芸名も好きなアニメに因んだ名前にしたんですね。

このアニメは昔フジテレビ系列で放送されていた「世界名作劇場」の作品のひとつですね。

私もこのシリーズは大好きでいつも見ていましたよ♪

アニメが由来となって決まった芸名の他に愛称は「かい」。後輩たちからは「ひろきのお兄様」なんて呼ばれているとか。

身長は173センチと男役には最適な体格。

普通の男の人でも高身長&イケメンという好条件を満たす人は少ないのに七海ひろきさんはこの条件が揃っているなんて・・・。

世の女性陣がほっとくわけない・・・。

ちなみに実家のお父さんは娘さんの舞台やお茶会に登場するということでジェンヌさんたちの間では良く知られた方だという噂ですよ。

しかもニックネームがあって、ケビンって呼ばれているとか。

中学校時代から音楽学校に合格まで週1で茨城から東京にレッスンに通わせられるということを考えると一般ピープルではなさそうですよね・・・。

歌劇団に入れる子は比較的裕福な家庭の子が多いという噂を聞きますが、七海さんも例に漏れずお嬢様育ちということなんでしょうか。


七海ひろきの来歴やエピソード

宝塚での来歴をお伝えします。

小学校6年生の時、実家のテレビで観た天海祐希主演の「風と共に去りぬ」で彼女のファンに。

出演作品のビデオを何度もみていたとか。

そして歌劇団に興味を持ち、初めて観劇したのが天海さんの代表作と言われる舞台「ME AND MY GIRL」。

この演目で歌劇団に入ることを志します。

まだ実家で過ごしていた小学生の頃は毎年学級委員を務めるなど先生からも信頼される優等生だったそう。

また、朗読会で先生に褒められたことから演劇部に所属し、年齢が進むとさらにお芝居に夢中に。

小さい頃に大人から褒められるという経験は子供の将来に大きい影響を与えるものですが、七海さんにもこんなエピソードがあったんですねー。

中学校に入るとお父さんが音楽学校受験用のクラスがあるバレエ教室を見つけ、この教室に週1回、往復5時間もかけて通っていたというくらいですから宝塚に入りたいという気持ちが相当強かったんでしょうね!

週一回、茨城から東京に通うというのは一度や二度くらいならできるかもしれませんが音楽学校受験までずっと続けるのはかなり大変なことです。

そして、中学校卒業後、地元の高校に進学。

ここでもさらに過酷な「成績が落ちたら音楽学校は受けさせない」というミッションが実家の両親から与えられ、高校時代は学業と受験のためのレッスンの両立で相当努力されたようです。

高校時代といえば女の子にとって一番遊びたい年齢ですが、七海さんはきっとそんなことには目もくれず夢の実現に向かってひたすら努力していたわけですね!

そして二度目の受験でめでたく合格し、念願の音楽学校に入学されました。

この時、89期生として一緒に入学し劇団に入団したのは現在、花組でトップを務め大人気の明日海りおさん、雪組でトップを務める望海風斗さん、専科に所属する凪七瑠海さん、宝塚のレジェンドとして知られる柚希礼音の相手役を務めた夢咲ねねなどなどスターを多く排出している期ということでも知られています。

入団時の成績は49人中38番。

スターをたくさん出しているだけじゃなく、同期がめちゃめちゃ仲良しでかいちゃん(七海)とみりおくん(明日海りお)のイチャつきぶり、お互いの誉め殺しぶりは見てる方が照れるくらい。

かいちゃん曰く、明日海りおに初めて会った時にこんなに整った顔した人に会ったことない、今でも会ったことないんだそうで。みりおくんラブ全開。

みりおくん曰くかいちゃんと初めて会った時、だいもんと一緒に優しい人って言ってた、優しかったし今も優しい。男前。とべた褒め。

どうやら七海ひろき&明日海りお&望海風斗の大人気の三人は音楽学校時代からめちゃめちゃ仲良くていつも一緒にいたようです。

しかもよく見たら三人とも「海」という字が芸名に入ってます。

かいちゃんもみりおくんも芸名に「海」を入れたかったそうですが、それにしても仲良し三人組が同じ字を使っているって、どんだけ仲良いの?って思いますね(笑)

同期の絆が強いんだと感じたのは以前、夢咲ねねさんが「同期はソウルメイト」という話をされていた時です。

宝塚というと女の園。

女性が多い場所はとかく僻みや嫉妬が渦巻きイジメや対立が起きやすいわけです。

昔でいうとまるで大奥のようなドロドロした世界ですね。

実際に元タカラジェンヌで今は女優として活躍している黒木瞳は歌劇団に在団中にファンからのイジメにあったことを告白していますし、ほんのわずかの在団期間でしたが小柳ルミ子も宝塚時代に上級生からイジメられたということを告白しています。

このようにタカラジェンヌの間でも女性同士の難しい人間関係があるわけです。

この89期にはそんなことが全くなくそれぞれが仲間を認めて活躍を応援し、一緒に喜ぶという羨ましい関係を築き上げているんですね。

そして七海ひろきさんは雪組の前トップスターを務めた早霧せいなさんと同部屋だったそうで、こちらもなかなかの仲良しぶり。

舞台で見られる豪華なショー、かっこよくダンスする姿を見るのはファンにとってはたまらない瞬間ではありますが、ヅカメイクで決めている彼女たちではなく素のかいちゃんを垣間見るのもワクワクする瞬間ですね。

さらに舞台のイケメンぶりから一転、ホンワカ弟キャラが炸裂する、そのギャップもたまらずにファンが急増している理由かな。

大人気の七海ひろきに退団の噂!?今後は?

ジェンヌたちは各公演毎にそれぞれお茶会というものを開催しています。

これはファンにとっては超嬉しいイベントで、舞台でしか会うことができないはずのスターたちに極至近距離で会えるというお茶会です。

そして舞台ではみることができない素のみなさんから舞台の裏話やレアな情報が聞けるというのも魅力。

トップスターのお茶会はそれはたくさんのファンが詰めかけるということですがそれに負けないくらいの人たちが訪れるのがかいちゃんのお茶会。

公演が行われる時に劇場の入り待ちや出待ちをするファンの人数もかなり詰めかけるとか。

噂によると今の星組で一番人気があるのはトップの紅ゆずるではなくかいちゃんなんだそう。

ファンが急増している理由はルックスに加えてファンサービスの素晴らしさにあるようで。

近年、ファンクラブの会員が急増していることからも大人気ぶりがわかりますがそれほど人気があるにもかかわらずトップに就任していないというのも不思議ですし、退団の噂まで出ています。

今後、七海ひろきさんがトップに就任する可能性はどのくらいあるか。

それともそれ以前に退団してしまうのか。

現在、かいちゃんが所属する星組の状況を見ると、トップに紅ゆずるさんが君臨しています。

紅さんが就任したのは2016年。

そして二番手にはずいぶん下級生の礼真琴が就任しているので三番手というポジション。

なのでトップ就任は難しいのでは?という憶測も。

そんな噂が出回っていることもあり退団の可能性も囁かれているのかもしれませんね。

ですがかなりの人気ぶりはお茶会などを見てもわかるとおりで、集客力がある人ですので劇団としても手放すには惜しい存在なんじゃないかと。

歌劇団ではトップに就任すると退団を考えるようですが、劇団に残るとしたら専科に移動というのもアリ?

2017年にはバウホール「燃ゆる風-軍師・竹中半兵衛-」で単独主演も果たし注目を集めているため今のところは現役で頑張っていくんじゃないかと想像します。

同期の中には年齢を見てもそろそろ退団する仲間が増えています。

夢咲ねねや壱城あずさ、蓮城まことなども辞めてしまっているので「かいちゃんもそろそろ・・・」なんていう噂も出るのかもしれませんね。

ただ、同期ではまだ明日海りおや望海風斗はトップとして活躍中です。

そんなことからかいちゃんも星組の三番手として二番手の礼真琴と一緒にトップの紅ゆずるを支えていくんじゃないかと思います!

今回は「大人気!七海ひろきの年齢や実家は?退団の噂も・・・!?」でお届けしました。


関連記事

管理人プロフィール

image

初めまして!咲耶です。

いつの頃からか宝塚とスピリチュアルに興味を持ち、どこかに出かけた時にはパワースポットと言われている所に立ち寄ったり、

続きはこちらから・・・

人気ブログランキング

アンケート

ページ上部へ戻る