関西に行くなら自然のエネルギーに溢れるパワースポットがおすすめ!

皇室見聞録管理人の咲耶です!

今回は関西にある自然のエネルギー溢れるパワースポットをご紹介します!パワースポット好きな方でも、神社仏閣のパワースポットよりももっと大自然を感じられるパワースポットの方が好きという方もいると思います。

私も以前はどちらかというと神社仏閣よりも山や川、湖や滝などその場所に行くだけで何かしらのパワーを感じられるパワースポットへ行く事の方が多かったです。

スポンサードリンク



ちょっとドライブで立ち寄ってみたり、お弁当持ってピクニックに行ったりするにもおすすめです!マイナスイオンもたっぷりですよ!

そもそもパワースポットって?

image

パワースポットっていろんな所で耳にしたり、全国にパワースポットと呼ばれる場所が存在していますが、そもそもパワースポットってどういう所なのかをちょっと調べてみました。

世の中にはちょっと特別な能力がある人や、普通の人にはわからない物を見たり感じたりする人もいますけど、私はそういう能力は全くないですしいわゆる「心霊スポット」と言われる場所に行っても何も感じることなく帰ってくるといういたって普通、もしくは鈍感な体質ですのでただのパワースポット好きなだけです。

そんな私でも、パワースポットと呼ばれる場所に行くと空気の違いや神聖な雰囲気を感じ取れることができるのでやっぱり何かあるという事ですよね!

一口にパワースポットと言っても、種類は色々あると思います。江戸時代にはパワースポットはイヤシロチと呼ばれ神聖な場所、清浄な場所、神や仏がやどる場所、草木が育つ元気の出る場所がそれに当たりました。

山や洞窟、滝や森林、湧き水など自然が創り上げ、大自然の恩恵を惜しみなく人々に恵んでくれている場所。そして、古代から人々はその大自然からの恵みを崇拝して、ご神体として崇めている場所も数々あります。有名なところですと富士山は山そのものをご神体として祀られています。関西では鞍馬山などは不思議な伝説がたくさん残る山で、いずれも山岳信仰と深い関わりのある場所。

なので、神社などのパワースポットと直結している場所も多いと思います。

そして、電磁場のあるところ。富士山は磁場がおかしいので方位磁石が使えないということは有名です。富士山の周りを囲んでいる青木ヶ原樹海は方位磁石が使えないとか、入ったら出てこられないとか言われていますね。また、長野にある分杭峠はゼロ磁場で有名になりました。

そして人の手で創り上げた、神社や仏閣など…という感じになっていました。

種類は違っても、どこもみんな足を踏み入れると他とは空気が違っている感覚やなんとなく癒されるような感覚になれる場所がほとんどです。パワースポットという目には見えない世界ですが人間の感覚として、心が疲れて折れそうな時や精神面でゆとりが持てない時、人生の岐路に立たされている時など人それぞれに必要とする時があるのかもしれないですね。

神社や仏閣、あるいは昔から修行に使われるような霊山や霊場というパワースポットはお祓いや叶えたい願いをご祈祷してもらうとか、お参りするなどの目的で行く場合が多いかもしれません。

一方で、都会の喧騒から離れて心静かに自分を見つめ直したり、大自然からのエネルギーを身体中にチャージしたい場合もあるはずですね。そんな時はやっぱりマイナスイオンたっぷりの自然が創り出したパワースポットがおすすめです。

また、パワースポットは良い気を持つ場所ですがそのパワーを持ち帰りたいとそこにあった石を拾って持ち帰ったり、そこに生えている植物を折って持ち帰ったりするのはやめた方がいいです。

以前、私が某有名パワーストーン屋さんのオーナーから聞いたお話ですが、石には何らかの波動が宿る(魂が宿るという人もいる)ので、元あった場所から持ち帰ると波動が乱れて気の流れ(?)みたいなものが悪くなるから動かさない方がいいんだそうです。

これは、パワーストーンに限らずどんな石でも良くないらしいです。なので、パワーの強い場所ならなおさらそこにあった石は持ち帰らない方がいいですよ。もしもパワーを充電して帰りたいのなら、皆さんが持っているパワーストーンを持って行って、そのパワーストーンにパワーを充電して持ち帰ることをおすすめします!そして、そこに生えている植物の枝を折って持ち帰るのは自然保護の観点からも良くないのでやめましょうね!

スポンサードリンク



関西だけじゃなく全国的に有名な湖もパワースポット

湖としては日本最大の面積と貯水量を持ち、関西で有名な琵琶湖も不思議な力を持つ神秘的な自然が創り出したパワースポットになります。この琵琶湖岸から不思議な力を示す祭祀遺物が発見されたりしているそうです。

そしてこの琵琶湖は世界でも有数の古代湖の一つに入るそうなんです!古代湖とは、ふつうの湖と比べて歴史がとても古く、およそ10万年以上存続している湖の呼び名。それぞれの湖にしかいない固有の生物が多く生息しているという共通する特徴があるそうです。

琵琶湖は400万年もの歴史を持ち、世界中でも上位にあり、バイカル湖やタンガニーカ湖に次ぐ世界第三位の古代湖と認定されています。

その昔、琵琶湖西岸に天智天皇により大津宮が置かれたこともあります。

この神秘的な湖の北岸に浮かぶ「竹生島」は「神の棲む島」と言われていてパワースポットとして知られています。古くから信仰の対象とされていて、湖底遺跡もあり多数の土器が引き揚げられているそうです。竹生島には弁天様が祀られていて恋愛成就に効果があります。

島全体がパワースポットですので行くだけで大自然の、そして湖からの強力なパワーを感じることができると思いますよ!龍神を祀った都久夫須麻神社があるのでお参りすると相手の心を察知する力がアップしたり人を喜ばせる方法がひらめいたりするそうなので、リーダー的立場の人はお参りしてみてください。心が弱っていると感じる時、才能を発揮したい時などにいいそうです。

大自然の壮大なエネルギーを受けられるパワースポット

関西にはマイナスイオンをたっぷり受けられるパワースポットがあります。自然豊かな瀞峡(どろきょう)という渓谷です。

和歌山県・三重県・奈良県の三県が交わる渓谷で吉野熊野国立公園の中の渓谷です。上流から奥瀞、上瀞、下瀞と呼ばれ下瀞は瀞八丁といわれ特に有名。

人の何倍も大きい巨岩や奇石、断崖絶壁が続き荘厳な景色が見どころです。四季折々の風景が見られるのも嬉しいですが、夜になると明かりがないので綺麗な星空が見られるそうです。

和歌山には他にもたくさんの渓谷がありますが、中でもおすすめが「百間山渓谷(ひゃっけんざんけいこく)」です。深い原生林に囲まれた滝や淵、峡の宝庫です。

手付かずの自然がマイナスイオンを放出していて癒しの空間を満喫できるパワースポットです。全長3キロにわたり奇石や甌穴や滝が連なり見事な自然美を見ることができます。特別天然記念物のニホンカモシカも見ることができ、本当に現代の秘境と言える場所だと思います。

そして、もう一つ和歌山にある橋杭岩という所も紹介します。

約850メートルの列を成して40個あまりの岩柱が並んでいます。この橋杭岩には弘法大師と天邪鬼の不思議な伝説が残るそうです。

10月〜11月には恒例行事の橋杭岩ライトアップが行われ、日没とともに5色の光に当てられた奇岩群が暗闇に浮かび上がり幻想的な雰囲気をかもしだします。御来光でも有名で、日本の朝日百選に選ばれているほどです。5月から11月にかけて橋杭岩の間に朝日が昇る姿は幻想的で、その姿を撮るためにたくさんの写真家の人たちが訪れるそうです。

このように、関西には数々の自然から溢れるパワーをもらえるパワースポットがあります。私のように、普通体質で不思議な能力を持っていない人でも自然のパワーが放出されている場所に行くと心が洗われるような…身が引き締まるような…癒されているのが伝わってくるような…そんな感覚を味わえます。人混みが苦手だったり、観光地化されていない場所を好む方には大自然が創り上げた神秘的で壮大なパワースポットで思う存分パワーチャージすることをおすすめします!

スポンサードリンク



関連記事

管理人

image

初めまして!咲耶です。

いつの頃からかスピリチュアルに興味を持ち、どこかに出かけた時にはパワースポットと言われている所に立ち寄ったり、

続きはこちらから・・・

人気ブログランキング

アンケート

ページ上部へ戻る