海からのパワーを満喫できる関西のパワースポット

皇室見聞録管理人の咲耶です!

みなさんはパワースポットと聞くとどんな場所を連想しますか?例えば神社やお寺だったり、霊山や滝だったりしますよね。関西のパワースポットは自然とのつながりが深い場合がとても多いですが海もかなり強いパワーを放つパワースポットになっている場所があります。

スポンサードリンク



関西の海には神話の世界に深い関わりのある場所があり、海は人の力ではできないような不思議な創作物も創り上げてくれます。

海に因んだ神話から始まるミステリアスなパワースポット

image

神代の昔、天にいた伊邪那岐命(いざなぎのみこと)が地上の真名井の盤座に祀られていた伊邪那美命(いざなみのみこと)のもとに会いに通うために天から大きなハシゴを地にかけて行き来していましたが、伊邪那岐命が寝ている間にハシゴが倒れて海に落ちてしまい、龍神が一夜にして土を盛って作り上げ海を渡る砂州になったという神話が残るのが「天橋立」です。

陸奥の「松島」・安芸の「宮島」とともに日本三景のとして知られている特別名勝の一つの「天橋立」はもともとは籠神社の参道として発祥したもので、古来より天と地、神と人を結ぶ架け橋として信じられていました。伊邪那美命と伊邪那美命が降り立った天浮橋(あめのうきはし)はこの天橋立だと言われています。幅約20〜170メートル・全長約3.6キロメールの砂浜で大小約8000本の松が茂っているとても珍しい地形になっています。

この天橋立には「飛龍観」と「昇龍観」という展望台があり、飛龍観から見た天橋立は天に昇った龍が如意宝珠を授かり降臨する姿に似ているとされ、つかんだ運気、今の幸せを逃したくないという人におすすめの縁起のいいパワースポット。

また、昇龍観から見た天橋立は龍が右上りに天に昇る姿に似た絶景で、一説によると龍脈が通る場所と言われています。運気上昇の祈願をするにはおすすめの場所ですよ!そして、股の間から天橋立を見る「股のぞき」というものがあります。「股のぞき」で見た天橋立は海と空が逆さになり、神話のように天に架かる橋のように見ることができます。

スポンサードリンク



青龍の巡る道にある関西屈指の神秘のパワースポット

天橋立周辺一帯がパワースポットになっていますが、その天橋立には3つのパワースポットがあります。

「天橋立神社」

「元伊勢籠神社」

「真名井神社」

この3つの神社を参拝することを「三社参り」と呼び、天橋立神社→元伊勢籠神社→真名井神社の順で参拝すると人生を変えるチャンスが訪れると言われているそうで、お守りも「自己実現のお守り」というのがあるそうです。志を持って何かに挑戦しようとしている人や、前向きに将来に向かって突き進みたい人にはぜひ参拝してほしいパワースポットですね!

天橋立神社

俗世間の色んな欲望や誘惑に惑わされない、揺るぎない自分を守る意思を強くしてくれるという特徴があります。

また恋愛成就のパワースポットとしても有名です。「八大竜王」「豊受大神」「大川大明神」をご神体とし、その歴史は平安末期から鎌倉時代にかけて、対岸にある文殊堂の鎮守社として建てられたと伝えられる。

この神社のミステリアスな所は、海に囲まれた場所であるにもかかわらず少しも塩分を含まない不思議な真水が湧き出す日本名水100選の一つ「磯清水」があること。

本来の自分の強さや純粋さを取り戻せるパワーがあるとされているので、三社参りの起点としてまずはここでお清めして弱った自分の心にパワーをチャージし、浄化して三社参りに出かけましょう!

ちなみに磯清水は日本名水100選の一つでも飲むことはできないそうですのでご注意くださいね!

そして、伊邪那岐命と伊邪那美命の神話が伝えられる場所のため「天と地」「男と女を結ぶ聖地」として恋愛成就のパワースポットとして人気があり、カップルが砂浜で拾った石を鳥居の上に置いていくんだそうです。

元伊勢籠神社

天照大神(あまてらすおおみかみ)が伊勢に祀られる前にこの地に祀られていたりことから「元伊勢」と呼ばれ元伊勢籠神社と呼ばれています。(お伊勢さんのふるさとですね♪)

その昔の大昔、崇峻天皇の時代に笠縫邑(かさぬいのむら)から出発した天照大神が初めて巡行された地が真名井原の地(現在の籠神社の奥宮真名井神社)。この真名井原の地に昔から祀られていた豊受大神とともに4年間祀られていました。

その後、天照大神は垂仁天皇の時代に、豊受大神は雄略天皇の時代に伊勢に移って行かれました。伊勢に鎮まるまで一時的に天照大神を祀った土地を元伊勢と呼び、中でも籠神社は伊勢神宮の神々がここから移られたことから元伊勢の中でも格式が高いとされています。

また、本殿正面には伊勢神宮と籠神社しか許されていない五色の座玉(ごしきのすえたま)が据えられ神秘的な光を放っていて、これは建築史上でも特に貴重なものとされているそうです。

元伊勢籠神社の中でも最も強いパワースポットは神門の手前の階段と拝殿前。あらゆる過去の因縁を祓える。過去のわだかまりや自分や先祖が犯した過ちを浄化し流して運を変えることができる。解決策を授けてくれる。自分が必要とする幸せを与えてくれる。などなど…あらゆるご利益があります。

天橋立は海に因んで青龍が住む地とされ、元伊勢籠神社は青龍が巡るルートに建てられているという事ですのでそのパワーの強さも納得できるようなパワースポットですね。

真名井神社

籠神社の奥宮にあたる真名井神社。この神社は観光客にはあまり知られていない、関西では知る人ぞ知る強力パワースポットなんです。別名を久志濱宮(くしはまのみや)といい、くしが不思議なパワーの源という意味だそうです。

境内に「天の真名井の水」というすごいご霊水が湧き出しています。「真名井」は水に付けられる名前では最高の敬称だそうです。天村雲命(あめのむらくものみこと)が高天原(神の世界)から神々の使う水を黄金の鉢に入れて持ち帰ってきて伝えているお水とされていて、「神の世界の水」ということで「天の真名井の水」なんです!これを知っている人は、この「天の真名井の水」を汲みに各地から訪れるそうです。

この「天の真名井の水」は縁結びにもご利益があるとされ有名人にはかなり知られているそうで、棋士の羽生善治さんと畠田理恵さんや、女優の檀れいさんが俳優の及川光博さんと結婚前に訪れてご利益にあやかったとか。

本殿の後ろにある大きな盤座は天照大神と、そして伊邪那岐命・伊邪那美命をお祀りし、奥の盤座には豊受大御神を祀っています。2500年前からそのままの形で祀られているという古代の祭祀場ですが、国産みの神である伊邪那岐命・伊邪那美命と伊勢神宮の主祭神をお祀りしているってかなりすごいと思いませんか?これは関西のみならず全国的にも強烈なパワースポットであることが想像できますよね!

その他にも、境内には大小の盤座が点在していて、その盤座に祀られている神々もそうそうたるメンバーが揃っていることからこの真名井神社の格式の高さを伺い知ることができますね。この真名井神社は神社の起源ともいうべき盤座信仰を伝える貴重な場所です。盤座が強いパワーを放っているという人もいるほど強い気を持つ場所で、青龍が巡るルートにある強力パワースポットだけあって「不純な気持ちでの参拝はお控えください」との注意があるほどです。

参拝に行かれる時には感謝の気持ちを忘れずに、そして神様が祀られている神聖な場所であることを忘れないようにしましょうね。

海の力を見せつけられる迫力のパワースポット

関西には、人の手では到底つくれるはずがない海の力で創り出した絶景パワースポットがいくつか存在しています。

平安時代に力を誇った熊野水軍の隠し洞窟だったと言われる白浜の古跡・三段壁洞窟は紺碧の海に屏風のように立ちはだかる三段壁の下にある波の浸食で出来上がった海蝕洞窟です。

この洞窟のある三段壁、高さ50メートルの岸壁が2キロに渡り続いているそうで洞窟内にはエレベーターで降ります。洞窟内には水の神とされている弁天様が祀られています。潮吹き岩があり、クジラが潮を吹くように数メートルの高さまで潮を吹きあげるという…なんともダイナミックな…大自然の驚異を感じることのできるスポットです。

断崖絶壁の上に立つこともでき、洞窟がぽっかりと穴を開けているのが見られます。この三段壁、海から大迫力のパワーをもらえるパワースポットですが自殺の名所でもあるそうですので(^_^;)パワースポットでも違うパワースポットだったりもするようですので、そういう能力がある方は要注意です。

そういう体質を持たない方には、海からのパワーを存分に、そして洞窟内の弁天様から幸せのご利益をいただいてしまいましょう♪

そして白浜を代表する観光地「千畳敷」。太平洋に突き出たスロープ性砂岩で、長い間打ち寄せる荒波によって浸食されてできたものとされています。こちらも大自然がパワーを分けてくれる絶景パワースポットです。

そして、海が創り上げた不思議な絶景、和歌山県の夕日100選に選ばれているのが「円月島」。国の名勝にも指定されているこの不思議な島は、南紀白浜のシンボルの一つです。

島の大きさは南北130メートル、東西35メートル、高さ25メートルで、島の真ん中に海蝕による穴が開いていることから「円月島」と呼ばれていますが、正式名は「高嶋」なんだそうです。この円月島は特に夕日が素晴らしいそうで、春分・秋分の時期には真ん中の穴から夕日が見えるという神秘的な光景が見られるそう。

「夕日が沈むまでに穴の中の太陽にお願い事をすると叶う」というロマンチックなお話もあるそうですよ!

そして、またまた不思議な伝説のある「権現島」。この島は熊野権現様が新宮に移られる時にこの島に降臨されて休憩されてから新宮に鎮座されたという神聖な島で、干潮時には島みで歩いて渡れるて神社もあるそうなんです。海の中にポツンとある島にそんな伝説があるなんて…。しかも神社があるんですよ!

そしてまだありました。海のパワー全開の絶景パワースポット「海金剛」。この名は朝鮮半島の名勝金剛山からとったそうです。ピラミッド型や獅子頭のような巨石が海面から突き出している様子から大自然の荒々しいパワーを感じとることができます。

ここ海金剛は波紋岩という火成岩で今でも荒波で削られて尖っていっているんだそうです。研磨された大小さまざまな岩石や断崖の配置が賛嘆されて「21世紀に残したい日本の自然100選」に選ばれています。

関西の海には龍神が住むという伝説あり、神代の時代という太古からの神話があり、そしての力が創り出す絶景パワースポットあり…格式高い籠神社にお参りして厳かな雰囲気を存分に味わい心身ともに癒されパワーを充電して、海風を感じながら絶景パワースポットも満喫するってとっても贅沢で魅力的ですよね!

スポンサードリンク



関連記事

管理人

image

初めまして!咲耶です。

いつの頃からかスピリチュアルに興味を持ち、どこかに出かけた時にはパワースポットと言われている所に立ち寄ったり、

続きはこちらから・・・

人気ブログランキング

アンケート

ページ上部へ戻る