お賽銭の意味と平均金額は?

皇室見聞録管理人の咲耶です!

今回は「お賽銭の意味と平均金額は?」というテーマでお届けしようと思います♪

スポンサードリンク



みなさんは神社にお参りに行った時に自分の願い事を神様にお願いしながらお賽銭を入れてきますよね。最近のパワースポットブームで神社にお参りに行くという感覚ではなく、単に「パワースポット」に惹かれて訪れる人も少なくないので果たしてみんながみんなお参りに行ったからといってお賽銭を入れてくるかというのはナゾですが、入れてくる人の方が多いはず。

では、そのお賽銭はどんな意味があるんでしょう?また、他の人が入れるお賽銭の平均金額っていくらくらいなんでしょう?

 

お賽銭の意味は?

賽銭箱

神社に行くと置いてあるお賽銭箱。

特に深く考えることもなくお賽銭を入れてお参りしていましたが、そもそもこの「お賽銭」ってどんな意味があるんでしょうか?

恋愛成就や商売繁盛など人それぞれ願い事があって神社にお参りに訪れると思いますが、拝殿でお賽銭を入れて神様に「こうして下さい!」「願いを叶えて下さい!」とついつい自分の願い事をしてしまいますよね。

でもお賽銭は神様に願い事を叶えてもらうために払うお金ではないんです。お賽銭というのは、神様にお供えするものでかつてはお米や野菜、お酒、あるいは地域でとれるもの、例えば漁業が盛んな地域でしたら新鮮な海の幸などをお供えしていたものが貨幣が普及するとともにお金を供えるようになったものだったんです。

ですのでお賽銭の意味は神様に願い事をするためではなく、日頃の自分の周りにあるあらゆる富や幸せに感謝の意味を込めてお供えするものということになります。

また、神社ならお賽銭という呼び方でいいんですけど、お寺にもお賽銭箱が置いてあることがありますね。お寺の場合はどうなんでしょうか?

この場合も、神様でも仏様でも日頃授けていただいている福徳に感謝の意味でお供えするもので神社でもお寺でもお賽銭は違いはないんだそうです。

また、お賽銭で入れる金額もいろいろな語呂合わせによって意味があるようなんです。私も今まで神社に行くとお賽銭を入れてきましたが、お財布に入っている小銭を入れていただけなのでそんなに深い意味を考えながらお賽銭箱にお金を入れたことがありませんでした。

お賽銭の意味と、お賽銭箱に入れる金額の語呂合わせの意味を知ると、これから神社やお寺でお参りするときに今までのようにただ何となく入れているより少しは心の持ちようが変わってくるんじゃないでしょうか。

スポンサードリンク



お参りのお賽銭の平均金額はいくら?

お参りに行った時、お賽銭箱に入れるお金はだいたいみなさん縁起をかついで5円玉などにしているんではないでしょうか?

でも正直、他の人がお供えするお賽銭の平均金額ってわからないですよね?お賽銭というものは、その人その人の心の持ち方ですので平均金額がいくらですよ!ということは言えないのかもしれないのですが、日本人は昔から縁起をかついだり語呂合わせが好きです。なので、「ご縁がありますように」という願いを込めて5円玉を選ぶ人が多いようですね。

そして、この5円玉を数枚組み合わせることで、さらに語呂合わせの意味がいろいろと変わってくるんだそうです。

●5円×1枚⇒ご縁がありますように

●5円×2枚⇒二重に、または重ね重ねご縁がありますように

●5円×3枚⇒十分にご縁がありますように(15円)

●5円×4枚⇒良いご縁がありますように

●5円×5枚⇒二重にご縁がありますように(25円)

●5円×6枚⇒調和の取れたご縁がありますように

●5円×7枚⇒再三ご縁がありますように(35円)

●5円×9枚⇒始終ご縁がありますように(45円)

こうして見ていくと5円玉がいくらあっても足りない感じですね〜(笑)

また、50円玉も5円玉同様、穴があいているお金ですので見通しがいいということで縁起がいいとされていますので、50円玉も使って縁起のいい語呂合わせを作っていく場合もあります。

●50円玉+5円玉⇒いつでもご縁がありますように。午後に投げるとご縁がある

●50円玉2枚+5円玉⇒十分にご縁がありますように

●50円玉2枚+5円玉3枚⇒いいご縁がありますように(115円)

●50円玉2枚+5円玉5枚⇒十二分にご縁がありますように(125円)

また、100円玉もお賽銭で使うのはいいと言われていますので、100円玉も混ぜながら平均金額はあまり気にせずに自分の状況に合わせたお賽銭をお供えするといいと思います。

5円玉には縁起がいいという考えと、逆に「穴からご縁が抜けてしまう」という意味から縁起が悪いと考える場合もあるようですが、お賽銭には避けた方がいいのは10円玉なんだそうです。

理由は10円⇒遠縁(とおえん)という語呂合わせから「縁から遠ざかってしまう」ということで避けた方がいいそう。せっかく神社にお参りに来ているのにご縁から遠ざかったら意味がなくなってしまいますよね(笑)

一言で「ご縁」といってもそれは何も男女の恋愛に関するご縁だけではないですよね。例えば家族や友人も大切なご縁。仕事にしろお金にしろ、ご縁がなければ何も願いが叶うはずがないわけです。世の中の全てのことがご縁で結ばれているのですからご縁が遠ざかるということはとても怖いことです。なので、お賽銭に使う場合は10円玉は避けましょうね!

こうして見ていくと一般的にはお賽銭の平均金額は数十円から100円ほどのように思いますが、中には張り切って500円玉を奮発する人がいるかもしれません。

ですがここでご注意いただきたいのが、奮発した500円玉…実はこれも「これ以上効果(硬貨)がない」という意味でお賽銭には避けたいお金なんです。

そして、お賽銭は高ければ高いほどご利益をいただけるというウワサも耳にすることがありますが、先ほども言いましたがお賽銭は願いを叶えてもらうために神様に支払うものではありませんので高い金額をお供えした方がいいというのは少し意味合いが違っているように思います。

お参りに訪れる神社によっては摂社・末社がたくさんあり、それぞれにお賽銭箱が備えられているところも数多くあります。そんな時、あそこもここもとお賽銭を入れると小銭がなくなってしまいますよね。そこで良く見かけるのが一緒に行っている人にお賽銭を借りる場面。まぁ、金額も小さいですしあとで返せばいいのかもしれないんですが、人から借りたお金をお賽銭にするのはちょっと考えものですね(^_^;)なので、お参りに訪れる時には小銭を多めに用意して訪れることをおすすめします。

神社のお参りの作法と時間は?

巫女

神社にお参りに訪れたら、必ず守るべき作法とお参りに適した時間があることはご存知ですか?

まずは一般的な神社のお参りの作法をお伝えしたいと思います。

神社に着いたらまずは鳥居の前で一礼(小揖)をします。神社によっては鳥居がたくさんあるところもありますが、一番外側にある「一の鳥居」から順番にくぐり参道へ入ってください。

参道を進むときには参道の端を歩きます。中央は神様が通る道「正中」ですので私たちが通る道ではないんです。

そして手水舎で身を清めます。これから神社にお祀りされている神様の前に出るのですから手水舎の水で穢れを落とします。

●柄杓(ひしゃく)で水をすくい 左手を洗う。

●柄杓(ひしゃく)を持ち替えて右手を洗う。

●左手のひらで柄杓(ひしゃく)の水を受けて口をすすぐ。

●左手を洗う。

●柄杓(ひしゃく)を立てて柄杓の柄を洗う。

この時、直接柄杓(ひしゃく)に口をつけないようにしましょう。また、手水舎のお水を飲むのもNGです。

お清めが済んだら神様の前に進みます。神前の中央に立つことは良くないです。

一礼して神様にお参りさせていただくご挨拶をし、鈴が吊るされている場合は力強く鈴を鳴らします。鈴には魔除けの意味やお清めの意味があるため、鈴を鳴らすことにより穢れを祓うといわれています。

そしてお賽銭をお賽銭箱に投入します。この時はお賽銭を投げつけるように入れるのは良くないです。

そして二礼二拍手一礼(二拝二拍手一礼)を行ないます。

二回、深くお辞儀をします。腰が直角になるくらい深く曲げるように。(二礼)

二回、拍手をします。この時、両手が完全に重ならないように。左手を少し出して拍手をします。そしてはっきりと大きな音を出すのがいいそうです。(二拍手)

一回、深くお辞儀をします。(一礼)

ここまで済んだら神様に住所と名前をお伝えし自己紹介をし、続いて日頃の感謝の気持ちをお伝えします。

それから自分の願い事をお伝えしてください。そして鳥居を出てから一礼をして帰ります。

このお参りの作法は一般的な神社の作法です。神社によってそれぞれ作法がちがう場合がありますのでご注意くださいね!

有名なところで一例を挙げますと、出雲大社では「二拝二拍手一礼」ではなく「二拝四拍手一拝」などです。それぞれの神社のお参りの作法に従ってくださいね。

願い事をする場合には、他にもお参りされる方がいっしゃるので長い時間、拝殿を占領することのないようにしてください。

神社にお参りに訪れるのに最適な時間というのもあるようです。神社に人が多く訪れていない時間で、早朝の時間帯が人のマイナスな気を受けていないので良いといわれています。

ですが、そんな早朝には無理な場合が多いですよね。そんな時にはできれば午前中の時間が最適です。遅くても14時頃までの時間に訪れるのが望ましいですね。

ちなみに、これは作法ということではないのかもしれないですが、以前、私が富士山の麓にある金運神社にお参りに行った時のことです。

この金運神社にはストーンサークルがありお参りすることができるのですが、私たちがストーンサークルのお参りの作法に従ってサークルを回っていたら、後からきた若いお兄さんたちがなぜか私たちが回っているあとをゾロゾロとついて参拝を始めてしまったんです!

私たちのお参りが済むのを待たずに何を思ったのか一緒に回りはじめちゃったんですね(笑)

後ろを見てびっくりでした。お願い事をしたくてお参りしていたのに気が付いたら後ろにゾロゾロと若いお兄さんたちがついて歩いてんですから!

願い事もろくにできずに超特急でお参りしてお兄さんたちにストーンサークルを譲りましたよ(笑)

こんなびっくりな経験から、どなたか先にお参りしている方がおられたら少し離れた場所でお参りが済むまでお待ちいただくのが望ましいなと思いました(笑)

そして、近年のパワースポットブームでテレビなどで神社にあるパワースポットが紹介されることが多くなっています。

パワースポット目当てで神社に訪れる方も多いかと思いますが、神社に訪れるわけですからぜひお参りの最低限の作法だけは守っていただきたいと思います。

神様がお祀りされている神社に訪れているにも関わらず、本殿にお参りをせずにテレビで紹介された場所に写真を撮りに行ってしまうとか、神様にとても無礼だと思いますのでちゃんと本殿で神様にご挨拶をしてくださいね。

今回は「お賽銭の意味と平均金額は?」でお届けしました!

スポンサードリンク



ページ上部へ戻る