【最新】一般人と結婚した皇室・芸能人一覧のまとめ

皇室見聞録管理人の咲耶です。

本日のテーマは「【最新】一般人と結婚した皇室・芸能人一覧のまとめ」です。

近年では皇室の男子が一般人と結婚するのが当たり前の時代になってきましたが昔は絶対にあり得ないことでしたよね。

また女性の皇族の場合には一般の男性に嫁ぐことになりますが一般人と夫婦になっている人を最新の一覧にまとめて見ていきましょう。


さらに芸能人の方たちも芸能界とは関係ない人とゴールインする事がよくありますよね。そこで併せて一覧のまとめを見ていきたいと思います。

皇室で一般人と結婚した人一覧

皇室で一般人との結婚の最新一覧のまとめを見ていくと、まず最初に挙げられるのは現在の天皇皇后両陛下ですよね。

それまでは皇太子の結婚相手は皇族か五摂家という特定の華族から選出されることが習わしとなっていて、民間人の女性が嫁ぐことはあり得ないことでした。

ところが裕仁親王は皇室の古くからある習慣を破って美智子さまをお妃にすることを望まれめでたく結ばれました。

婚約が内定してからは他の皇族方から数々のいじめやバッシングに合い辛い日々を耐えてこられた美智子さまですが国民からは絶大な人気を誇りますよね。

皇后陛下ご自身が民間出身ということで、これ以降、最新で一般から嫁ぐ女性にとって心強い存在となったはずです。

美智子さまに続いて民間から嫁がれて話題になったのが紀子様でしたね。

当時の礼宮さまと紀子さまは学習院大学で出会い、まだ大学院生だった1989年に婚約が内定し昭和天皇の喪が明けた翌年にご結婚されました。

紀子さまのご実家が学習院大学教職員の社宅ということで「3LDKのプリンセス」や「一般家庭から誕生した現代のシンデレラ」と呼ばれ当時最新の皇室の話題になりました。

続いて一覧まとめを見ていくと、皇太子殿下に嫁がれた雅子さまが挙げられます。

皇室に嫁ぐ女性としては異例のキャリアウーマン経験者だった雅子さま。

ハーバード大学出身ということや外務省に務める才女ということで皇室では最新で最初ということでかなり話題になりました。

皇族の減少が懸念される昨今では皇室の男性も一般人と結婚することの方が自然な形になっていますが、かつてはあり得ないことだったんでしょうね。

続いて女性皇族の最新の一覧まとめを見ていくと、女性の場合には一般人に嫁ぐことになるわけですが今上天皇のお姉様の厚子様は旧岡崎藩主・池田家の16代当主・池田隆政さんに、妹の貴子様は旧薩摩藩主の一族である島津久永さんに、三笠宮様の長女・甯子様は日本赤十字社の社長・近衛忠煇さんに、次女・容子様は京都の裏千家の家元・千宗室にそれぞれ嫁がれています。

こうして見ていくと皇族出身の女性の嫁ぎ先は一般人と言っても家柄は素晴らしいところばかり。

そんな中、天皇陛下の娘として皇室典範が定められてから初めて皇族や華族出身者ではない人との結婚ということで話題になったのが紀宮様ですよね。

結婚相手は東京都庁に勤めるサラリーマン。これも話題になった点ですが内親王がマンション暮らしというのも今までにないことでした。

続いて一覧を見ていくと、一番最新のご結婚で記憶に新しいのが高円宮家の次女・典子様です。

出雲大社の権宮司を務める千家国麿さんに嫁がれました。千家家は代々出雲大社の宮司を務める由緒正しい家柄。

縁結びの神様にお仕えする神官が皇族の方とご結婚ということでさらに縁結びの効果がアップしたかもしれませんね。


皇族と民間人の婚姻は大変?その後の生活は?

皇族という立場から一般人に嫁いだ場合には結婚後はどんな生活をしているのか、降嫁されてからはあまりメディアの前にお出ましになることがないので最新の情報が少なくなってしまいますが、東京都庁の職員である黒田さんに嫁いだ紀宮様は嫁ぎ先での生活ぶりが報道されることがありますね。

紀宮様はご両親から絶大な信頼を寄せられて、心の拠り所とされていた方ですが美智子さまが幼少の頃からゆくゆくは皇籍を離れて一般人として生活していく身だということを考慮してお育てになったということですので、ご結婚後は普通の主婦と同じようにスーパーで安い食材を購入したりゴミ出しする姿が見られているということが最新の情報です。

紀宮様といえば内親王として初めて仕事をされ給料を受け取った方。ご結婚後は旦那様のお母様を引き取って老後を見ながら両陛下の元にも足繁く通われているそう。

伊勢神宮の式年遷宮の時には臨時斎主に就任し神事を行ったりと公務を行うこともあり、元皇族だからといってのんびり過ごしているわけではないというまとめです。

また、皇族で最新の慶事だった出雲大社の権宮司を務める千家さんに嫁いだ典子様についてはご結婚後に度々東京のご実家に里帰りしていることや東京にマンションを購入したなどという噂が浮上していましたよね。

旦那様の千家さんは出雲大社の権宮司ということで全国にある出雲大社に出向くため家を留守にすることが多いそう。

そんな時にはご実家で忙しいお母様の手伝いをされるということで夫婦仲が悪いということではなさそう。

まとめは現在、島根の出雲大社の近くに一戸建てを新築してお二人仲良く暮らしているという最新の情報が出回っていることで、別居説や離婚危機説はデマ情報ということになりますね。

昔と違って嫁ぎ先が島根という遠い地とはいえ今では新幹線で簡単に行き来ができる時代です。旦那様が出張で留守の間は実家のお母様と一緒に過ごしてもおかしいことではないですよね。

皇族として育ってきた女性はそれまでと一般の生活は大きく違うということですが、まとめは戸籍が作られ選挙権も与えられるます。

さらに国民年金や健康保険、税金の支払い義務も生じ普通の国民と同じ権利が与えられるのです。

降嫁される前にはSPがついて回りましたがその後は警護は続けられますが警視庁の所轄となるそう。

結婚するまでは侍従や女官が買い物をすることが多いということですが、ご自身でスーパーなどに買い物に行くようなここともなく育つはずですので一般の家庭に嫁ぐと初めてのことがたくさんあって大変そうですね。

一般人が皇族に嫁ぐということもかなり大変じゃないかと思ってしまいますが、美智子さまや紀子さま、雅子さまは民間から皇室に嫁がれた女性。

皇族や華族から嫁いだのなら小さい頃から適齢期までそれなりの教育を受けて育つので作法やしきたりなども身についているでしょうけど民間人は皇室の古くからあるしきたりや作法などわからないことばかりのはず。

美智子さまや紀子さま、雅子さまは婚約が内定するとお妃教育を受けられましたがもともと皇族として育っていない民間人には大変なことも多かったと思います。

お妃教育だけでも大変なのにそれに加えてお妃候補としてニュースが流れた時点でマスコミから追い回されて芸能人でもなんでもないのに常に最新の情報を入手したいメディアからカメラを向けられSPも付くようになり自由に行動できない存在になってしまいます。

今回、眞子さまとご婚約された小室さんも婚約の報道が流れた時点からマスコミが自宅や職場に押し寄せ大変なことになっていましたよね。

このことからも皇室に対する国民の関心の高さがわかりますがまとめとしてはそれまでの生活とは一変しているにもかかわらず嫌な顔もせずににこやかに対応するのも大変なことじゃないかと思います。

一般人と結婚した芸能人一覧

芸能人でも近年では一般人とゴールインする人が増えてきているということで最新の一覧のまとめを見ていきましょう。

まずは男性を見ていくとTOKIOのメンバー国分太一、イケメン独身俳優で知られていた西島秀俊、伊藤英明、坂口憲二、結婚できない男子の代表格だったロンブーの田村淳、最初の奥様と泥沼の離婚劇が印象に残る高嶋政伸、9年間もの交際期間を経てゴールインした藤原竜也など挙げてみるとこんなにたくさんの芸能人が一般の女性とゴールインしています。

しかも40歳過ぎても独身貴族を貫いていた人が目立ちますね。

また、女性の芸能人の最新の一覧まとめを見てみると最近ではあまりテレビに出ることがなくなってしまっていた飯島直子が一般男性と再婚していると話していました。

ドラマドクターXで大人気となった米倉涼子も同じく。その後離婚してしまったようですけどね。

続いてのまとめはサトエリこと女優の佐藤江梨子、加藤あい、田中麗奈、安田美沙子、釈由美子、マナカナの片割れ三倉佳奈、かつてはTOKIOの長瀬くんと噂になっていた相武紗季、昼ドラの悪女キャラで大ブレイクした小沢真珠、一時は芸能界から姿を消しましたが最近チラホラテレビで見かける鈴木亜美、44歳で第一子を、46歳で第二子を妊娠して話題になった加藤貴子など。

さらに女優以外の芸能人の一覧まとめを見ていくと交際中からラブラブさをテレビで惜しげもなく見せていた鈴木奈々は工場勤務の一般人の男性とゴールインされました。

さらには元モーニング娘の後藤真希や吉澤ひとみも一般の男性と結婚しました。

最近の芸能人ではお笑いタレントの横澤夏子も婚活で知り合った普通の男性と念願叶ってめでたくゴールイン。

このように女性のタレントやモデル、女優が普通の男性と結婚しているパターンが多いように思います。

それだけではありません。50代以降なってからめでたくゴールインした芸能人はお相手が一般の人ということが多々見られます。

例えば歌手の岩崎良美や女優の高橋ひとみ。

30回以上のお見合いを経験しながらも結婚できない女というイメージが強かった阿川佐和子も60歳過ぎてから芸能人ではない人と入籍を公表しました。

ですがいくら一般の人といっても一覧を見ても女性の場合は元モデルや芸能関係の仕事をしていてスタイル抜群の美人さんばかりですし、男性の場合は普通の人ではなく実業家、社長などセレブで高身長、イケメンと、そこら辺にいる一般人とはレベルが違うのが特徴ですよね。

50代以降に良縁に恵まれた女性たちも同様で、岩崎良美は産婦人科の医者で外見はオットセイに似ているそう。また、高橋ひとみは外資系の企業に勤めるサラリーマンで高橋さんいわく外見は鳥のハシビロコウに似ているとか。

最新の情報では60歳過ぎてからゴールインした阿川佐和子のお相手も一般男性といっても元大学教授とまとめていくと私たちの周りにいる普通の男性とはかけ離れたエリート男性ばかりですね。

しいて言うなら鈴木奈々の夫はまさに普通のサラリーマンで住まいも茨城。

2LDKで家賃6万円の自宅も公開し、地元の茨城から電車で通勤していると公表していることから旦那さまは普通のサラリーマンであることは間違いないですよね。

このことから男性も女性も芸能人と出会う人はそれなりの方たちで住む世界が違うということになるのかもしれないですねー。

咲耶のまとめ意見

一般人と結婚した人の代表格は美智子さま。そこに続いて紀子さま、雅子さまが民間から嫁がれましたがまとめとしては普通の家庭で育った人にとっては古くからの習慣やしきたりが数多く残されている家柄にお嫁に行くというのはかなり勇気がいることですし簡単に決断できることではないということ。

また、民間に嫁いだ女性皇族の方々をまとめていくと、こちらもやはり生まれ育った環境とは全く違う世界に嫁ぐということで普通の家庭の生活に慣れるためには大変だということが想像できますね。

こんなことから昔っぽい言い方をすると身分違いの結婚は双方ともに努力が必要。今回ご婚約された眞子様と小室さんもこれからお互いに相当の努力が必要になってくるんじゃないかと感じます。

一般人とゴールインした芸能人の最新一覧のまとめとしてはいくら一般の人と言っても男女ともにハイスペックな人というのが特徴なのでやはり一般ピープルには難しいということになりますね。

そもそも芸能人とどうやって知り合うのかというのも不思議に思うところですが、例えばタレントやモデルのスタイリストやヘアメイクを担当する人でも芸能界の人たちが通うスポーツジムのインストラクターでもテレビ局に勤める人でも全部「一般人」ということになるのでテレビ業界やそれに関連する職業に携わる人がこういう人たちと出会って恋愛に発展していくということなんでしょうか。

横澤夏子のように婚活パーティーに出まくって知り合うというのはかなり異例のことですが、中にはファンの人と結ばれるという羨ましいケースもあるようです。

元おニャン子クラブで大人気だった国生さゆりは長年熱狂的なファンだった男性と、中山美穂の大ファンで知られていたギバちゃんこと柳葉敏郎も中山美穂似のファンと、かつて「コメットさん」でブレイクした大場久美子も昔からのファンだった方とゴールインされました。

お笑いタレントでは東野幸治やノッチ、千原せいじなどファンとゴールインしたというケースは意外と多いようです。

自分が大好きなタレントやアイドルと結ばれるなんて想像もつかないことですが人とのご縁はどこでどう繋がっているのかわからないものだなーと思ってしまう事例ですよね。

こうして最新の一覧をまとめを見ていくとまるで誰しもが自分の好きなタレントと恋愛できたり、芸能界とは無縁の人が芸能人と簡単に結婚できるかも!?なんて淡い期待を抱いてしまいそうですが実際にこれらの人たちとゴールインしている方々の顔ぶれを見ると正直な話住む世界が違うハイスペックな方々が目立つので現実問題としてはそう簡単にはいかないように思います。

例え運良く出会うチャンスに恵まれて、さらにラッキーなことに恋愛に発展したとして格差が大きい相手だと後々大変になってくることも考えられるのでやはり身の丈に合ったおつきあいが一番いいのかもしれませんね。

ということで、今回は「最新  一般人と結婚した皇室・芸能人一覧のまとめ」でお伝えしました。


関連記事

管理人

image

初めまして!咲耶です。

いつの頃からかスピリチュアルに興味を持ち、どこかに出かけた時にはパワースポットと言われている所に立ち寄ったり、

続きはこちらから・・・

人気ブログランキング

アンケート

ページ上部へ戻る